590979 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年03月21日
XML
テーマ:映画鑑賞(675)
カテゴリ:洋画-2008年
★★★★+

鑑賞No:01713
製作:2008年
監督:ブライアン・シンガー
出演:トム・クルーズ/ケネス・ブラナー

名門貴族の出身のシュタウフェンベルク大佐は国家への忠誠心が強く、赴任先のチュニジアでも無益な戦いよりも部下の命を優先する男だった。しかし連合軍の爆撃に遭い、左目と右手、そして左手の指2本を失ってしまう。やがて彼は良心と忠誠心の葛藤の末、祖国のためヒトラー暗殺を考えるようになり、画期的な暗殺計画“ワルキューレ作戦”を立案するが・・・・。

第二次世界大戦中に実際にあった、最後にして最大のヒトラー暗殺計画の映画化。
史実に基づいて、暗殺計画の全貌をスピーディにスリリングに描いている。テンポがいい分、この史実をある程度知っていないと、ややこしい登場人物名もあって最初少々分かりにくく戸惑うかもしれない。ただストーリーが進むにつれ、緊張感はどんどん高まり、例え結末が分かっていてもドキドキするような重苦しさが襲ってきます。この暗殺計画に加わった人々もみんながすべて100%成功を信じているわけではなく、成功するか失敗するか五分五分のところで自分の保身もちらつかせながら揺れ動く心情も良く描かれています。
ここ最近、いまいちパッとしなかったトム・クルーズ作品だが、これはなかなかの出来であると思われる。






最終更新日  2009年03月21日 06時36分48秒
コメント(6) | コメントを書く
[洋画-2008年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

幸せへのキセキ New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

老境に入って… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.