587519 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年06月14日
XML
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★★

鑑賞No:01770
製作:2009年
監督:マックG
出演:クリスチャン・ベイル/サム・ワーシントン

<6/13~ 劇場公開>

2018年。地球上のあらゆる都市は「スカイネット」による核攻撃を受け荒廃していた。そしてスカイネット率いる機械軍は人類壊滅に向け、さらに総攻撃をかけようとしていた。そんな中、核攻撃から生き延び、レジスタンスとなったジョン・コナーは機械軍と交戦と続けていた。一方、ロサンゼルスではマーカス・ライトという男が荒れ野原で目を覚ますが、彼は一切の記憶を失っていた。彼はその場に居合わせた少年と出会うが、その少年こそ後にジョンの父となるカイル・リースだった・・・。

前作の「T3」があまりにもひどかったため、本作「T4」はだいぶ盛り返した感じ。ただ「T1」「T2」の面白さには及ばないかな・・・というのが正直な感想。
そもそも、「T1」~「T3」は現代社会に未来からターミネーターがやってきて、機械軍の最強の敵であるジョン・コナーを抹殺しようとする話で、アクション+追われモノ映画の印象が強いが、本作は時代もタイプも異なり、続編ではあるが全く違うタイプの「ターミネーター」ものとなっている。続編製作も決まっているようなので、感じとしては「新ターミネーター」シリーズとなりそうな雰囲気。ただ、感じは過去3作と異なるものの、続編であることを強調するかのごとく、過去作と随所でリンクはされている。
CG技術のさらなる発達により迫力ある映像は見ものだが、CGに頼るばかりにストーリー的にはありきたり感は拭えず、イマイチといったところ。主役と思われがちなジョン・コナーだが、本作ではジョン・コナーよりも彼やカイル・リースを助けるマーカス・ライトの存在感が大きい映画だった。ただ存在感といえば、わずかな時間の登場となるが、シュワちゃん(合成CGだが)演じるターミネーターの登場は一番盛り上がり、さすがに存在感も別格だった。






最終更新日  2009年06月14日 06時05分43秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-2009年] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ターミネーター4(06/14)   LimeGreen さん
クリスチャン・ベールがすきなので、これは見たほうがいいのか悩むところですが、やっぱりみないような気がします…。

シュワちゃんでましたか。やっぱり。
(2009年06月14日 10時33分49秒)

Re[1]:ターミネーター4(06/14)   takusyun さん
LimeGreenさん

「T3」よりは断然よかったですが、そもそも過去3作とは時代や設定が違うので、別物として観たほうがよいかもしれません。(過去シリーズとリンクはしていますが・・・)

(2009年06月15日 17時56分01秒)

Re:ターミネーター4(06/14)   りらっくままハッシー!^o^ さん
お~!もう観たんですね!早いなぁ~♪
私も観に行こうか迷ってますww
なので、採点だけ読みでスミマセン☆
(2009年06月15日 20時27分00秒)

Re[1]:ターミネーター4(06/14)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

観に行かれるのであれば、レビュー楽しみにしております。
(2009年06月15日 21時32分46秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

男はつらいよ 寅次郎… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

免許証更新完了 hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.