000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年06月15日
XML
テーマ:映画鑑賞(676)
カテゴリ:邦画-2007年
★★★★

鑑賞No:01768
製作:2007年
監督:若松孝二
出演:坂井真紀/ARATA/並木愛枝

1972年2月、日本中を震撼させた事件が起こる。5人の若者が長野県軽井沢の「あさま山荘」に人質をとって立てこもり、警察との銃撃戦を開始したのだ。彼らは革命を訴える連合赤軍の兵士たちだった。その後、彼らがリンチで同士を次々殺していたことが明らかになっていく・・・・。映画は、このあさま山荘事件に至るまでの連合赤軍の道のりを描く。

日本中を震撼させた「あさま山荘事件」とは1972年に連合赤軍が起こした人質ろう城・銃撃事件である。
あさま山荘事件を描いた映画としては役所広司主演の「突入せよ! あさま山荘事件」があるが、こちらは警察側の視点に立ったもので、事件のあらましと解決までの成り行きが描かれていた。ただ、事件の経緯は分かるものの、なぜこの事件が起こったか、またあの山荘内で何が行われていたのかはよく分からなかった。それに応えてくれたのがこの映画である。
タイトルに「実録」と冠しているように、ストーリーは事実に基づいており、彼らの言動も事実に近いものの思われる。個々人の思想に対してとやかくは言いたくないが、訓練と称して山に立てこもり、閉塞した空間の中で集団生活を送るうちに狂気と化していく彼らが理解できないまでも見事に描かれている。
リンチで殺される遠山役を坂井真紀が体当たり演技をしていた。永田洋子を演じた並木愛枝の冷酷な表情の演技も光る。
内容が内容だけに決して気分の良い映画ではないが、連合赤軍や「あさま山荘事件」を知るにはよい映画。






最終更新日  2009年06月15日 05時38分40秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画-2007年] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(06/15)   hy3de8 さん
この事件はLive でTVで観ていましたが、でかい
鉄球が浅間山荘の窓といわずぶっつけて建物を破壊し
警官隊が突入していた様が鮮明に記憶に残っています。

その後に明かされた榛名山山中に埋められた赤軍派の
同志達のリンチ殺人事件と明かされて行った訳ですが
悲惨な事件でしたね。
歴史を振り返る意味で観る事にします。 (2009年06月15日 06時27分29秒)

Re:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(06/15)   LimeGreen さん
子供のころの記憶でおぼろげながら、しか覚えていませんが、でも覚えていますよ、この事件。
(2009年06月15日 07時09分43秒)

Re[1]:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(06/15)   takusyun さん
hy3de8さん

ナマ映像なのかVTR映像なのか今となってはわかりませんが、当時のかすかな記憶としてあの鉄球による山荘破壊シーンは残っています。
日本中が釘付けとなったあの事件、その経緯とあの山荘内で何が起こっていたかが分かる映画です。
(2009年06月15日 18時12分23秒)

Re[1]:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(06/15)   takusyun さん
LimeGreenさん

全く同じです。
かすかな記憶ですが、強烈なインパクトで記憶に残っている事件です。
(2009年06月15日 18時13分32秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アルカトラズからの… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

ご無沙汰です hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.