489818 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年09月01日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-1950年代
★★★★+

鑑賞No:01826
製作:1956年
監督:ロバート・ワイズ
出演:ポール・ニューマン/ピア・アンジェリ

ボクシングのミドル級世界チャンピオン、ロッキー・グラジアノの伝記映画。
ニューヨークの貧民街に育ったロッキーは、子供の頃から遊ぶ金欲しさに仲間と盗みを働く札付きのワルだった。ある日、喧嘩をして感化院に送られ、さらに揉め事を起こして刑務所に。ようやく出所したら今度は陸軍に徴集されるが、上官を殴って脱走する。そして名を変えてボクサーとしてデビューするが・・・・。

ロッキー・グラジアノという実在の世界チャンピオンのボクサーの実話を描いている見ごたえのある映画。
冒頭からとにかくテンポのよい展開。もうちょっとじっくり描いてもいいんじゃないという思いを無視するかのように、どんどん先に展開していく。2時間の映画で描ききるにはこうでもしないと描ききれないほどの波乱に富んだ人生だったからだ。野性味溢れる主人公、その内に留めることのできないエネルギーをだれかれかまわず爆発させ、感化院、刑務所、軍隊へと転々としていく。そしてそのエネルギーを唯一正当な方法で爆発させることのできるボクシングの世界に入っていき、最大の相手となるトニー・ぜールとの死闘を演じることに・・・・。観ていてどうしても「あしたのジョー」の矢吹丈が頭をよぎったのは私だけだろうか?
ロッキーの波乱の半生、そしてぜールとの死闘は非常に見ごたえがある。






最終更新日  2009年09月01日 04時40分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画-1950年代] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:傷だらけの栄光(09/01)   りらっくままハッシー!^o^ さん
見たこと無いですが、読んだ感じ、もしかしたら、「ロッキー」や「あしたのジョー」は、この人物をモデルにした感じしますね~!
話的に「あしたのジョー1」と同じ感じですもんね☆
(2009年09月01日 10時30分49秒)

Re[1]:傷だらけの栄光(09/01)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

確かに「ロッキー」や「あしたのジョー」を彷彿させる内容でした。特に名前が「ロッキー」なので、どうしてもスタローン版ロッキーとかぶってしまいました。またストーリー的には矢吹丈と重なる部分が多々あり、仮にモデルにしたといわれても頷けるような感じでした。ただ、ちなみに矢吹丈のモデル(ボクシングスタイルのモデルですが・・・)は、たこ八郎というのは有名な話ですね。
(2009年09月01日 18時50分32秒)

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

96時間/レクイエム New! おいら♪♪さん

あまり芳しくない話… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.