591047 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2009年09月11日
XML
テーマ:映画鑑賞(675)
カテゴリ:邦画-1950年代
★★★+

鑑賞No:01830
製作:1959年
監督:中川信夫
出演:天知茂/若杉嘉津子/江見俊太郎/池内淳子

備前岡山。浪人民谷伊右衛門は、お岩との仲をひきさかれたのを恨みに思い、その父四谷左門と、彼の友人佐藤彦兵衛を殺してしまう。これを目撃した仲間直助は、弱味につけこんで伊右衛門を脅迫するようになった。そして左門・彦兵衛殺しを他人の仕業に偽装し、あだ討ちと称してお岩と妹のお袖、お袖の許婚・与茂七らと江戸に向かうが・・・・。

有名な鶴屋南北の「東海道四谷怪談」の映画化。
お岩さんの怪談話は昔から知っているが、きちんと映像化されたものを観たのはこれが初めて。
「お岩さん=顔が醜くはれ上がった=怖い」というイメージの強い四谷怪談だが、映画を観ていると哀れで可哀想な女性であり、逆に天知茂演じる伊右衛門の残酷さに憤りを感じる。しかしその伊右衛門も真からの悪人ではなく、根は弱気で小心者ゆえの行為だけにどこかやるせない気持ちが残る内容である。
50年前の映画だが、CGや特殊効果でのみ怖がらせる映画とは異なり、人間の内面の恐ろしさから恐怖を感じさせる、本当の意味での怪談映画。






最終更新日  2009年09月11日 05時17分05秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-1950年代] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:東海道四谷怪談(09/11)   LimeGreen さん
ホラー好きの私が本気で怖かった映画のひとつですー。

天地茂さんは地元に事務所があり、子供の頃よくお見かけしました。麻布十番の納涼大会とかお好きだったみたいです。

ちなみに実家はお岩さんが流れてきた戸板のくるっとひっくり返ったところにあります。これは講談四谷怪談に入っているエピソードで、実際は異なるでしょうけどね。
(2009年09月11日 05時42分29秒)

Re[1]:東海道四谷怪談(09/11)   takusyun さん
LimeGreenさん

天知茂さんはもう亡くなられて久しくなりますが、ニヒルな役柄の似合う俳優だったと思います。
印象深いのはやはり明智小五郎役はハマリ役だと思うし、大好きな小説「白昼の死角」を映画化した作品での主人公と対決する検事役も良かったです。
(2009年09月12日 10時30分07秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

キングダム・オブ・… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

老境に入って… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.