505743 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2010年02月16日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-2004年
★★★+

鑑賞No:01884
製作:2004年
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー

1994年。ルワンダでは、フツ族とツチ族との間で続いていた内戦が終息し、和平協定が結ばれようとしていた。そんな中、首都キガリにある高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、フツ族の民兵によるツチ族の虐殺が始まるという噂を耳にする。やがて本当にフツ族によるツチ族虐殺が始まり、フツ族のポールはツチ族の妻や息子たちを守るためにホテルに匿うが・・・・。

日本人には関心が薄く、理解しがたい民族紛争。映画の世界だけでなく、現実に各地で起こっており、映画よりもさらに悲惨な現実があるものと思われる。安全な場所で安穏と暮らしている我々にとって、そんな現実があると見せつけられてもただ「怖いね」の一言で終わってしまう。そんな我々に同じ台詞でこの映画は痛烈に非難してくる。
この映画は実話を元にしているらしいが、主人公は最初、隣人の悲劇にも何もしてやれない人間だった。しかし次第に紛争の中心にいて自分の立場や役割を次第に自覚していき、最終的には1200人という人を救う英雄になっていくのだが・・・。
ポールの次第に変化していく言動にも注目の作品。






最終更新日  2010年02月16日 21時12分04秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-2004年] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ホテル・ルワンダ(02/16)   hy3de8 さん
よくぞこの映画を取り上げてくれました。
これをみた時、凄い衝撃を受け民族間の争いでもこれだけ残虐な行為をするものか?とショックを受けたし、これが真実の話である事に驚き、世界にはこの様な悲劇が今でも溢れてる事に胸が痛む思いがした映画でした。沢山の人に見て欲しいですね。
この映画以来ドン・チーゲルには注目しています。 (2010年02月17日 04時15分15秒)

Re:ホテル・ルワンダ(02/16)   りらっくままハッシー!^o^ さん
1994年に、他の国ではこんなことが起こっていたんだ…って、結構衝撃でした。
自分たちは、何て平和に暮らせているんだろう…。って、今ある自分の生活につい感謝してしまった映画です。
(2010年02月17日 08時30分31秒)

Re[1]:ホテル・ルワンダ(02/16)   takusyun さん
hy3de8さん

この手の映画は観始めるまでハードルが高いのですが、観始めるとどんどん引き込まれるというか、先が気になって観てしまいました。
それにしても悲惨な現実がまだこの地球上の至る所であることを改めて痛感させられた映画でした。
(2010年02月18日 20時22分34秒)

Re[1]:ホテル・ルワンダ(02/16)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

確かにこんな映画を見せられると、いかに自分たちが平和で安穏な生活をしているか、感謝すると同時に、後ろめたささえ感じてしまいます。
微力でも何か力になれないか、真剣に考えてしまいました。
(2010年02月18日 20時25分26秒)

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アナと雪の女王 New! おいら♪♪さん

今年もルナソル りらっくままハッシー!^o^さん

なんとも利発な女の子 hy3de8さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.