000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2010年04月24日
XML
テーマ:映画鑑賞(675)
カテゴリ:邦画-1990年代
★★★

鑑賞No:00676
製作:1997年
監督:伊丹十三
出演:宮本信子/西村雅彦/村田雄浩/津川雅彦

有名女優の磯野ビワコは、ふとしたことから殺人現場を目撃したため、犯人に殺されかけてしまう。危うく助けられたビワコは一躍マスコミの的となり、警察は重要証人となったビワコをマルタイと呼ばれる身辺保護対象者とし、刑事2人をガードにつける。しかし、傍若無人な振る舞いのビワコに対し、次第に2人は・・・・。


いわゆる伊丹十三監督の女シリーズ最後の作品。
女シリーズとしては圧倒的に「マルサの女」が有名で、本作は「マルサの女」ほどのインパクトは感じられない。ただ、マルサで「国税局査察部」を世間に知らしめたように、この映画でも「マルタイ」=「護衛の対象となる人間」という警察用語を新たに認知させた。インパクト的には「マルサの女」には及ばなかったものの、実際に監督自身が暴力団に襲われマルタイになった実体験が基だけにリアル感はある。
面白さ的にはやや低迷しだした感のあるこの頃だったが、まさか本作が遺作になろうとは思わなかっただけに残念。






最終更新日  2010年04月24日 05時58分18秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-1990年代] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:マルタイの女(04/24)   hy3de8 さん
監督伊丹十三さんが伊丹一三の頃(私は未だ学生)に知り合って麹町の自宅に遊びに行っていた事が思い出され、懐かしく感じました。
この当時の伊丹さんは俳優で、「北京の55日」とかでチャールトン・へストン等と共演してまして国際俳優でカッコ良かったですね・・。彼の死は惜しいし又、疑問だらけですよね。
話がそれてしまい申し訳有りませんでした。 (2010年04月24日 14時09分27秒)

Re[1]:マルタイの女(04/24)   takusyun さん
hy3de8さん

伊丹監督の自宅に遊びに行けるようなお知り合いとは驚きです。ほんとに惜しい人を早く亡くしたと思います。もっともっと伊丹作品を観たかったですね。
(2010年04月26日 20時46分21秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

追跡者 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

老境に入って… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.