000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2010年06月01日
XML
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★★+

鑑賞No:01931
製作:2009年
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ヴァルツ

<5/12~ DVDレンタル開始>

1941年、ナチス占領下にあるフランスで、とある酪農家をランダ大佐が訪れる。大佐は、その家に匿われていたユダヤ人一家を惨殺。娘のショシャナだけが生き残る。
3年後、映画館主となったショシャナは、ドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、ナチスのプロパガンダ映画を上映させられることになる。そこでショシャナは上映会を利用した復讐を計画し・・・・。

タランティーノ監督らしい、型にはまらない演出、構成ながら、見事なストーリー構成で、最後まで満足させてくれる。相変わらずバイオレンス描写は激しく、目を背けたくなるようなシーンもあるが、先の読めないストーリーと、戦時下・スパイ活動という背景の中、言いようのない緊張感が映画全体から伝わってくる。
意外なラストにも拍手喝采だが、ブラピのあまりかっこいいとはいえない役どころも、伸び伸びと楽しそうに演じているところがまた良かった。
タランティーノ監督ファンにはたまらない映画ではないでしょうか!?






最終更新日  2010年06月01日 20時31分30秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画-2009年] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:イングロリアス・バスターズ(06/01)   りらっくままハッシー!^o^ さん
お!!何か評価がイイですね!
コレは観ておこうと思ってます~♪♪♪楽しみ!
(2010年06月01日 20時56分56秒)

Re[1]:イングロリアス・バスターズ(06/01)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

最後まで緊張の持続する映画です。
しかし、緊張の中にあってやってくる緩和がまた何とも心地良いというか、薄ら寒いというか妙な感じです。
タランティーノ監督の、史実なんて何のその的ストーリー展開も拍手喝采です!
(2010年06月01日 21時04分05秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ザ・コール 緊急通報… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

免許証更新完了 hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.