590629 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年02月10日
XML
テーマ:映画鑑賞(675)
カテゴリ:邦画-2009年
★★★★

鑑賞No:02036
製作:2009年
監督:行定勲
出演:豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳

かつては売れっ子カメラマンとして知られていた北見俊介だったが、今は仕事もせず、だらだらした生活を送っていた。そんなダメ亭主を支えていたのは妻さくらだったが、ある日、さくらから「子供を作る気がなかったら別れて」と告げられる。そんなさくらにも何とかその場しのぎぎをしていたが、オーディション用の写真撮影に来た蘭子といい仲になりそうなところをさくらに見つかって・・・・。

ダメ亭主にとうとう愛想を尽かして離婚を突きつける妻。本当は愛しているのに、本当はそばにいてくれないと困るのに、口でそれをうまく表現できず、悪態をついては二人の仲は最悪の方向に。実際現実でも増えている熟年離婚ってこうなのか?とつくづく考えさせられる。この映画を観ていると、やっぱり男って馬鹿で単純で子供だなぁと思ってしまう。でも実は違っていた。何もかも違っていた。男が馬鹿で単純で子供だなぁということは違ってないけど、ラストは今までの感情を覆させられる。どうなるかと思っていたこの夫婦のこの結末とは・・・。
トヨエツと薬師丸ひろ子もいいけど、石橋蓮司演じるオカマの存在も大きい。ラストは涙する映画。






最終更新日  2011年02月10日 23時01分00秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-2009年] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:今度は愛妻家(02/10)   りらっくままハッシー!^o^ さん
これ、観たいと思ってるんです~☆
多分、歳を重ねて観ると変化する映画な気がするので、今の自分がどう思うか楽しみです♪
(2011年02月11日 23時47分32秒)

Re[1]:今度は愛妻家(02/10)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

思っていた内容とは違っていましたが、なかなかいい映画でした。どんな展開になっていくのか興味津々で観ていましたが意外な展開に驚くと同時に涙してしまいました。
男性が共感する映画ですね。

(2011年02月12日 07時51分43秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

逃亡者 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

老境に入って… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.