000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年02月17日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-1990年代
★★★+

鑑賞No:01943
製作:1992年
監督:宮崎駿
声の出演:森山周一郎/加藤登紀子

第一次大戦時、イタリア空軍のパイロットだったポルコ・ロッソは、あることがもとで自分に魔法をかけ、豚に姿を変えていた。そして今では、アドリア海にはびこる空賊を捕らえる賞金稼ぎとなっていた。ポルコを憎む空賊たちは彼を倒すため、アメリカのパイロット、ドナルド・カーチスを雇い入れるが・・・・。

TVで何度も放映されていたようだけれど、アニメということもあって何となく避けていた映画だが、このたび初めて鑑賞した。勝手に思っていた印象とはチョット違った内容だったが、それにしてもこの豚、なかなかカッコいい。見た目の豚顔も見ていて全然気にならないし、男はやっぱり顔ではなく生き様だとつくづく思わせる。
ジブリ作品はそれほど観ていないが、最近のジブリ作品とは全然感じの違う作品である。






最終更新日  2011年02月17日 20時58分16秒
コメント(2) | コメントを書く
[邦画-1990年代] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:紅の豚(02/17)   りらっくままハッシー!^o^ さん
コレは宮崎さんのアニメの中でも異質な気がしてます☆
大人のためのアニメ?けど豚?!みたいな。。
宮崎さんが出てきたから、大人も堂々とアニメを観れるようになった気がしてます☆
(2011年02月17日 22時21分36秒)

Re[1]:紅の豚(02/17)   takusyun さん
りらっくままハッシー!^o^さん

確かに宮崎アニメの中では異質な映画ですね。
でも、豚のくせに、結構クールでかっこいいところがにくいですね。
(2011年02月19日 20時21分43秒)

PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

壬生義士伝 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

新しい血圧降下剤の… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.