000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年04月27日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:洋画-2008年
★★★+

鑑賞No:02080
製作:2008年
監督:ジル・ブルドス
出演:ロマン・デュリス/ジョン・マルコヴィッチ

<4/8~ DVDレンタル開始>

ニューヨークの法律事務所に勤める敏腕弁護士ネイサン。彼は幼い息子を突然の病で亡くし、そのショックで立ち直れないまま、妻と娘を遠ざけ、仕事に没頭することで現実から逃避していた。そんな彼のもとに、ある日、ジョセフ・ケイと名乗る医師が訪ねてくる。彼はネイサンに、人の死を予見できるという不思議な力を見せられ、彼も自分に死期が近づいていることを悟る。そこで、分かれた妻との絆を取り戻すために家族のもとに戻るが・・・・。

この手の映画は過去にも何度かあったように思います。よって、結末も何となく予想でき、大体予想通りに終わるため、思ったほどの興奮や感動が感じられなかったのは残念でした。まぁ、最初から死の予見を伝えにくるマルコビッチ演じるジョセフ・ケイの、核心を言わない言動に終始怪しさを感じ、見る側も想像たくましく見れるので、それはそれで楽しめるかもしれません。死期を悟ったとき、人はどうするか? 映画とは別に考えさせられるテーマかも!?






最終更新日  2011年04月27日 21時43分45秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画-2008年] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:メッセージ そして、愛が残る(04/27)   hy3de8 さん
死期を悟った時、人はどうするか…?
どうするんでしょうね。
落ち込むで持ってるお金を全部使い果たすかな…(笑)
死後は臓器提供として献体する事にしているのでそれだけは世の中に貢献する事になるのかな…
年齢の割には元気なので臓器は使えると思いますよ。 (2011年04月29日 04時46分22秒)

Re[1]:メッセージ そして、愛が残る(04/27)   takusyun さん
hy3de8さん

最近は身体のあちこちで老いを感じる今日この頃ですが、さすがにまだ死については現実感がありません。
だから死期を悟るということが実感がありませんが、余命を告げられたとき、自分はどうなるか想像がつきませんね。
でもhyde8さんのように最後だけでも何か役に立つことをして旅立ちたいものです。

(2011年04月29日 05時53分17秒)

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ドラゴン危機一発 New! おいら♪♪さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん
お気楽タクシー日記 hy3de8さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.