582185 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年09月04日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:02142
製作:2010年
監督:園子温
出演:吹越満/でんでん/黒沢あすか/神楽坂恵

<8/2~ DVDレンタル開始>

小さな熱帯魚屋を営む社本信行は、死別した前妻の娘と後妻の妙子と暮らしていた。しかし、娘と後妻の折り合いが悪く、ついに娘は万引き事件を起こしてしまう。万引きされたスーパーから呼び出しを受けた社本はスーパー店長から責められ窮地に陥るが、その時社本を救ったのは店長の友人の村田だった。さらに社本と同様、熱帯魚店を営む村田は、社本の娘をバイトで雇い入れる。村田の新設を素直に受け入れ、村田との交流が始まってしばらくして、社本は村田より利益の大きい高級魚の取引きに参加しないかと持ちかけられ・・・・。

1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした作品。犬が熱帯魚に置き換わっているが、殺害方法や遺体の処分方法は実際の事件に基づいている。ただ、実際の事件を参考にしているとはいえ、遺体解体のシーンはあまりにグロテスクで、本作を観るには注意が必要。でんでんが狂気の殺人鬼を演じているが、半分地でいっているような演技は逆にリアルに感じた。登場人物は皆異様で普通の人はいないが、その中で唯一普通っぽいのが主役を演じる吹越満演じる社本だが、その普通の人間が殺人の手伝いをしていくうちにやがて内に抑圧されていた狂気が目覚めるラストは見もの。ただ全体的に後味の悪い作品で、特に前半に比べ、後半の作りは監督の意図かもしれないが粗さを感じる内容だった。


「冷たい熱帯魚」 予告編






最終更新日  2011年09月04日 10時59分33秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画-2010年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

マッドマックス2 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

2回目のワクチン接種… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.