588554 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年12月02日
XML
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★+

鑑賞No:02159
製作:2009年/デンマーク・ドイツ・フランスほか/104分
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール/ウィレム・デフォー

セックスの最中に事故で幼い息子を亡くした夫婦。深い悲しみと罪悪感から精神を病んでいく妻を救おうと、セラピストの夫は催眠療法で妻の恐れる場所を聞き出し、そこに連れて行って治療することにする。そこは妻が夏の間、論文を仕上げるために過ごした森の中の山小屋だったが、妻の精神は悪化の一途を辿っていき・・・・・。

第62回カンヌ国際映画祭で過激な描写が物議を醸した問題作。狂気の妻を演じたシャルロット・ゲンズブールはこの作品で主演女優賞を獲得している。ストーリーは単純ながら、内容は極めて分かりにくい。子供を失った罪悪感は分かるが、それによって崩れていく妻の精神と、その狂気の刃が夫に向けられる過程がどうも分かりにくく、特に前半部は非常に退屈。そして狂気の後半部に入るが、後半部は凄惨部ばかりで、目を背けたくなるシーンも多い。冒頭からラストまで救いようのない映画で、壮絶なシーンが展開されるので、覚悟して観る必要あり。


「アンチクライスト」 予告編






最終更新日  2011年12月25日 15時39分38秒
コメント(2) | コメントを書く
[洋画-2009年] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

羊たちの沈黙 New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

一連の更新がやっと… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

© Rakuten Group, Inc.