501056 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

2011年12月13日
XML
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:邦画-1980年代
★★★★+

鑑賞No:02196
製作:1983年
監督:蔵原惟繕
出演:高倉健/渡瀬恒彦/岡田英次/夏目雅子

昭和33年2月。南極の昭和基地から第一次越冬隊員が第二次隊員と交替すべく観測船“宗谷”へと空輸される。しかし、例年にない悪天候のため第二次隊員は昭和基地へは行けず、第二次越冬は中止と決定してしまう。犬係の潮田と越智は、基地に残された15匹の犬を救うよう懇願するが、満身創痍の“宗谷”はもはや南極にとどまる余力はなかった・・・・。

現在放映されているTVドラマ「南極大陸」に感化され(とはいってもドラマの方は見ていないが・・・)、1983年の名作映画「南極物語」を観た。
いわずと知れたタロ・ジロと南極観測隊員の奇跡の再会を実話を基に描いた映画。
極寒の南極に取り残された15頭の犬たちが、生き抜くために必死で餌を求め、寒さに耐えていくが、次々と死んでいく姿には、非常にせつなく、涙なしでは観られない。高倉健ほか豪華な出演陣だが、この映画では誰も目立たず、主役は犬たちで犬たちのシーンだけが印象に残る。また、犬とはいえ、彼らの人間と変わらぬ(あるいはそれ以上の)友情や絆には驚かされる。さすがにラストの再会のシーンはやはり胸にじーんとくる。






最終更新日  2011年12月13日 20時01分31秒
コメント(4) | コメントを書く
[邦画-1980年代] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

トータル・リコール… New! おいら♪♪さん

国際線での待ち時間… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.