588603 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全62件 (62件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

洋画-2009年

2011年05月01日
XML
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★★

鑑賞No:02083
製作:2009年
監督:アスガー・ファルハディ
出演:ゴルシフテ・ファラハニ/タラネ・アリシュスティ

<4/22~ DVDレンタル開始>

テヘラン近郊の海辺の避暑地にやってきた3組の夫婦と離婚したばかりのアーマド。そして、アミールの妻セピデーが誘ったエリ。セピデーはこの旅行を利用してアーマドとエリを結び付けようと考えていた。避暑地では楽しいひとときを過ごす彼らだったが、異変は2日目に起こる。突然、家に帰ろうとするエリを無理矢理引きとめようとするセピデーだったが、そんな中、子供が溺れ、みんなで救助している最中、エリは忽然と姿を消してしまう・・・・。

ベルリン映画祭で最優秀監督賞を受賞したイラン映画。
ハリウッド映画とはまた違った独特の雰囲気の中、先行きが読めないストーリー展開に最後まで惹き付けられる。エリは子供を助けるために海で溺れたのか?それとも黙って帰ったのか?失踪の謎も興味深いが、次々に明らかになる事実で、最初にほとんど語られない登場人物のことや旅行の目的なども並行して明らかになっていくさまは見事。また、あれだけ家族ぐるみで仲良しだった人たちが、エリの失踪を境に自己保身やエゴが露呈していくところも生々しい。結婚観、道徳感等、イラン文化を理解していないと分かりにくいシーンもあるが、ともかく最後まで事の成り行きに引き寄せられます。






最終更新日  2011年05月01日 00時33分06秒
コメント(4) | コメントを書く


2011年04月29日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:02082
製作:2009年
監督:ロドリゴ・コルテス
出演:ライアン・レイノルズ

<4/15~ DVDレンタル開始>

イラクで日用品を運搬中、突然何者かに襲われたアメリカ人運転手のポール。目を覚ますと、そこは地中に埋められた棺の中だった。手元にあるのは、充電切れ間近の見慣れない携帯電話と、ライター、ナイフ、ペン、懐中電灯、そして酒。彼は携帯電話を使って、外部と連絡を取り、救出してもらおうとするが・・・・。

電話の相手は別とすると、登場人物は1人。場面も、地中に埋められた棺の中だけ。その中になぜか入れられた男が、携帯電話を頼りに外部とコンタクトを続け、脱出を試みるというストーリーだが、最後までドキドキ(半分はイライラもあるが・・・)90分持たせたのはさすがといわざるを得ない。それほど、どういう展開になっていくのか?どういう結末になるのか?で興味津々の展開だったから。その分、ラストには少々がっかりした方も多かったのでは!?
終わってみればなんと言うことはない映画で再度見る気はしないが、初見はついつい期待してしまう異色の映画。できれば携帯電話で助けを呼ぶだけでなく、自力脱出の展開があればもっと面白かったかも。






最終更新日  2011年04月30日 23時26分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月25日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★+

鑑賞No:02076
製作:2009年
監督:マーク・ネヴェルダイン/ブライアン・テイラー
出演:ジェラルド・バトラー/マイケル・C・ホール

<4/6~ DVDレンタル開始>

2034年、人々は生身の人間をキャラクターとして操ることができる仮想空間と、そこで繰り広げられる戦闘ゲーム“スレイヤーズ”に熱狂していた。スレイヤーズの人気戦士であり囚人のティルマンは、謎の人物の手引きで脱獄に成功し、ゲームのクリエイター、キャッスルに捕らわれている娘を助けに行くが・・・・。

CGを駆使して近未来のバーチャル社会を斬新的に描いたつもりかも知れないが、はっきり言って最初から最後まで、全然分かんないし、面白くも無い。映像的にも最初は我慢していたが、途中から見苦しく写るだけだし、ともかく途中から観るのも苦痛になるぐらいのストーリーと映像。お金を出してDVDレンタルしたことすら後悔の映画。
最新のTVゲームをやりこなせる若い世代には向いているかもしれませんが、おじさん世代には向いてませんね。観る前は面白そうな感じがしてたのにね・・・・。






最終更新日  2011年04月25日 20時18分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年04月03日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:02067
製作:2009年
監督:チャン・ジン
出演:チャン・ドンゴン/イ・スンジェ

<2/2~ DVDレンタル開始>

任期満了まであと半年となった大統領ジョンホは、イベントで応募したロトに当たり、224億ウォンの当選者となる。しかし、当選した暁には全額寄付すると公約していたため、公約どおり寄付するかどうか悩むことに・・・。半年後、大統領となったジウクは、朝鮮半島を揺るがす軍事危機に直面するが、さらにイベント会場で男に襲われ、難題を突きつけられることに・・・。ジウクの後に、韓国初の女性大統領となったギョンジャは、多忙な妻と青瓦台暮らしを強いられストレスを溜め込んでいく夫の素行のため支持率が低下していき・・・・。

3人の大統領が見舞われるトラブルをユーモラスに描いた作品。映画は3人の個性ある大統領をそれぞれ主人公にした3つのエピソードから成っているが、登場人物やストーリーは微妙に繋がっている。3つのエピソードに共通して言えることは、大統領という大きな職責を背負う権力者も実は一般人と変わらず、同じように悩んだり恋したりするが、その立場上、世間的にそれをどうすればよいかというプラスアルファの悩みに苦悩する点。特に最初のエピソードである、ロトで大金を当てた大統領が何とかして換金しようと悪戦苦闘する姿は一国を代表する大統領の姿ではなく、単なる小市民を見ているようで憎らしいというより微笑ましく親近感が湧く。他のエピソードも、大統領という体面を保ちながらも、一人間としての本性を垣間見えて面白い。






最終更新日  2011年04月03日 11時53分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年03月15日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:02057
製作:2009年
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ

<2/4~ DVDレンタル開始>

新型ウィルスの感染により、世界の人類の大半が人喰いゾンビとなっていた。そんな中、テキサス州ガーランドに住む大学生のコロンバスは数少ない生き残りの一人だった。彼は生き残るための32のルールを作り、それを慎重に守って生き延びていたのだ。そんな彼が、両親が住むオハイオに向かっていると、途中でタラハシーと名乗る屈強な男と出会い、彼の車に乗せてもらうことになるのだが・・・・。

馬鹿馬鹿しいほどくだらないゾンビ映画だが、これが意外と面白く、通常のゾンビ映画とはちょっと趣の違ったコメディゾンビ映画。コメディ系ゾンビものといえば、好きなのは「バタリアン」ですが、映画の感じとしてはむしろ邦画の「東京ゾンビ」のような雰囲気・笑いのような感じがした。映画自体は軽いタッチだが、出てくる人喰いゾンビは俊敏で、追われえる立場としては結構不気味。主人公たちが旅の途中で立ち寄るハリウッド・セレブの屋敷が実名だったのでもしやと思ったら、ビル・マーレーが実名で出演してきたのには思わず喜んだ。ゾンビでないのにゾンビに扮装して出てくるあたり、大コメディアンとしての貫禄十分!






最終更新日  2011年03月15日 20時01分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月28日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:02046
製作:2009年
監督:クリスティアン・アルヴァルト
出演:デニス・クエイド/ベン・フォスター

<2/23~ DVDレンタル開始>

西暦2174年、資源の尽きた地球から脱出し、地球と同じ環境を持った惑星タニスに移住するため、6万人の乗員を乗せて旅立った宇宙船エリジウム。宇宙船内で2人の宇宙飛行士、バウアーとペイトンが冷凍睡眠から目覚めるが、船の主電源は落ち、船内には誰も見当たらなかった。ペイトンの指示のもと、動力を復活させるために原子炉に向かったバウアーは、正体不明の怪物に出会い・・・・。

タイトルの「パンドラム」とは、宇宙で発症する精神異常を表す造語のことらしい。冒頭は何の説明もなく、状況不明の状態は2人の宇宙飛行士と同じで、ストーリーの進行と共に宇宙飛行士同様、状況が分かっていく展開。しかし、密室劇的映画かと思いきや、正体不明の怪物が出てきて、中盤から映画は「エイリアン」や「ディセント」のような様相を呈してくる。そしてラストは「猿の惑星」を思わせるような結末でありながら、悲壮感ではなく清清しさすら感じる終わり方と映像に、B級映画でありながらなかなか凝った作りを感じさせる。






最終更新日  2011年02月28日 18時22分48秒
コメント(3) | コメントを書く
2011年02月21日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:02042
製作:2009年
監督:スコット・クーパー
出演:ジェフ・ブリッジス/マギー・ギレンホール

かつて一世を風靡したシンガーソングライターのバッド・ブレイクだったが、今は落ちぶれてドサ回りをする毎日だった。そんなある日、ショーのために訪れたサンタフェで、バンドのピアニストから、彼の姪で新聞記者のジーンの取材を受けてくれるよう頼まれる。その取材を通じて二人は次第に打ち解けていくが・・・・。

ジェフ・ブリッジスも老けたなと思わせる容貌となっていたが、その風体が還暦近くになった売れない歌手のドサ回り姿をリアルに表現できており、とてもよかった。さすがにアカデミー主演男優賞を取るだけの演技だった。それにも増して驚かされたのが彼の歌声。吹き替え?かと疑うほどの上手さ。彼の弟子役で売れっ子歌手を演じているコリン・ファレルも上手く、芸達者さを窺わせる。
ストーリーは単純だけど、中年男の悲哀を十分感じられて共感できる映画。






最終更新日  2011年02月21日 21時51分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年12月08日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:02014
製作:2009年
監督:ニムロッド・アーントル
出演:マット・ディロン/ジャン・レノ

イラクから帰還した元軍人のタイは、警備会社に入社し、マイクたちのチームで現金輸送を受け持っていた。ある日、タイはマイクから現金強奪計画を打ち明けられ、最初は拒否するが、家と弟のためにどうしてもお金が必要なため協力することに。計画は始めこそうまくいくが、小さな誤算から次第に計画は大きく狂っていく・・・。

狂言による現金輸送車強奪がテーマと聞いてとても興味を持って観たが、狂言強盗自体はあまりにもずさんでいきなり興味は失った。さらに計画は成功するわけでもなく、いきなり計画はあっけなく崩れ去り、計画を修繕しようとして次第に傷口が大きくなっていく。そんな中で、本来は善良だった彼らの人間性がむき出しになっていくという方に主題が置かれていた感じ。我を忘れて必死に建て直しを図る彼らだが、思い通りになったとしてその後どうするんだろうと疑問の残る展開に、観ていて心配になるような展開。タイトルが示すとおり(「アーマード」とは装甲現金輸送車を指す言葉らしい)、装甲車を舞台とした攻防戦として観る映画かもしれない。






最終更新日  2010年12月08日 21時08分30秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年11月25日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:02008
製作:2009年
監督:スチュアート・ヘイゼルダイン
出演:ルーク・マブリー/ジミ・ミストリー

<11/5~ DVDレンタル開始>

合格すれば一生、年棒1億円が保証されるという、ある大企業の入社試験の最終選考に男女8人が残った。そして80分の試験が始まるが、問題用紙は白紙だった。彼らは互いに色で呼び合い、ホワイトを中心に協力して問題を探すことにする。しかし、試験前に試験監督から告げられたルールを破った者が次々と失格となっていく・・・・。

密室劇は大好きで、あらすじを読んだ時は興味津々、とても期待して観ましたが、いつものごとく期待しすぎると必ず裏切られるという典型的なパターンの映画でした。密室劇で大好きな「キサラギ」のような興味深いストーリー展開でもなく、「ソウ」のような大ドンデン返しのあるラストでもなく、最大の謎もこれが答え?という、ちょっと納得のいかない終わり方でした。まぁ、最初からB級映画と割り切って観るなら、ラストのオチは別にして、そこそこ楽しめる密室劇です。






最終更新日  2010年11月25日 06時31分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月05日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★+

鑑賞No:01985
製作:2009年
監督:デヴィッド・マッケンジー
出演:アシュトン・カッチャー/アン・ヘッシュ

ロサンゼルスで自由気ままに暮らすニッキ。資産家でもない彼がそのような生活を送れるのは、セレブ女性との性的な関係の対価として自分を囲ってくれるからだった。そんなセレブ女性、サマンサの家にまんまと転がりこんだニッキだったが、彼女の留守中に大々的なパーティーを開き、連れ込んだ別の女性と関係を持ったことから・・・。

羨ましさ半分もあるだろうが、主人公ニッキには全くといっていいほど共感も同情もできなかった。「アリとキリギリス」という童話があるが、ニッキがまさにキリギリスのような境遇に落ちても、「ざまあ見ろ!」と思うだけで全然同情の念が起こらなかった。結局、セレブではないウェイトレスの女性への真剣な愛に目覚めるという話に落ち着くが、それでもこの男の根っからの女好きには呆れるだけで、映画的には何にも残らない、あまり観る価値のない映画。(スケベ親父にはいいかも!?)






最終更新日  2010年11月05日 22時28分16秒
コメント(2) | コメントを書く

全62件 (62件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.