588598 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全62件 (62件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

洋画-2009年

2010年08月22日
XML
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★★

鑑賞No:01964
製作:2009年
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ

<8/11~ DVDレンタル開始>

南アフリカノヨハネスブルグに巨大宇宙船で突如飛来したエイリアン。宇宙船の故障により難民化して28年経ち、エイリアンは180万体に増えていた。彼らの居住区である第九地区はスラム化していたため、政府は強制移住を決定し、その指揮を民間企業MNUに依頼するが・・・・。


安っぽく汚らしい画面は、いかにもB級映画を匂わせる。しかし、観始めると先の展開が気になる予測できない展開でついつい見入ってしまった。
最近流行のモキュメンタリーもどきの構成かと思いきや、後半はアクション映画のごとき映像に変わる。「インディペンデンス・デイ」を思わせる巨大宇宙船、「ザ・フライ」を思い起こさせる変異、「エイリアン」を彷彿させるエビ人間の造形など過去のヒット作の要素をオマージュ的に取り込んだ上、友情や親子愛、アクション、SFなどの要素が盛りだくさんに詰め込まれており、見所は満載だ。
主人公のヴィカスは本来、気のいい良い男なのだろうが、窮地に立って見え隠れする汚い部分が、造形の醜いエイリアン(クリストファー)の友情と母性愛と対照的で、人間の傲慢さ、嫌らしさがちょっと観ていて恥ずかしい。






最終更新日  2010年08月22日 08時34分06秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年08月05日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:01955
製作:2009年
監督:ポール・ワイツ
出演:クリス・マッソグリア/ジョシュ・ハッチャーソン

<7/22~ DVDレンタル開始>

高校生のダレン・シャンは、悪友のスティーブに誘われてフリーク・ショー「シルク・ド・フリーク」を観に行くことに。そこで美しい毒蜘蛛に魅せられたダレン・シャンはそれを盗み出してしまう。しかし、その蜘蛛が逃げ出してスティーブに噛み付いてしまい命の危険に陥る。ダレン・シャンはスティーブを救うため、蜘蛛の持ち主から解毒剤を得るが、その交換条件としてハーフ・バンパイアになることに・・・・。

数多くあるバンパイア映画だが、あまりバンパイアを意識させない映画。バンパイアの特徴はあまりでていないし、むしろフリークの奇怪さのほうが目立って、バンパイア映画らしくなかった。ストーリーも単純で盛り上がりも少なく、続編のための序章のようで、インパクト感も少ない。(続編への期待感の盛り上がりもイマイチ)
ただあまりドロドロしたところはなく、いわばファンタジー映画に近いので子供向けかもしれない。渡辺謙が「シルク・ド・フリーク」の団長を演じているが、日本人というより怪しげな中国人という感じ。






最終更新日  2010年08月05日 21時13分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年07月31日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★★

鑑賞No:01953
製作:2009年
監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニー・Jr/ジュード・ロウ

<7/21~ DVDレンタル開始>

19世紀末のロンドン。宗教がかった儀式で若い女性が次々と殺される事件が起こる。この犯人ブラック・ウッド卿を見事に捕まえた名探偵シャーロック・ホームズだったが、ブラック・ウッド卿は、処刑されても復活すると宣言して処刑される。やがて予言どおり彼は甦り・・・・。


従来のシャーロック・ホームズ像を完全に打ち破ったダウニー版ホームズ。(勝手にホームズのことを)物静かで知的な紳士と言うイメージを持っていたため、だらしないが武闘派というホームズは、最初は少々とまどった。しかし観るにつれ、その魅力に引き込まれていき、新たなホームズに思わず拍手喝采してしまった。ジューロ・ロウ演じるワトソン博士との毒舌交じりのやり取りも、今までにない感じで作品の新たな魅力を高めていた。逆にイメージ通りのホームズだとここまで面白くなかったように思える。
続編を思わせる終わり方だったが、次回作も大いに期待できる作品。






最終更新日  2010年07月31日 08時12分30秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年07月28日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:01951
製作:2009年
監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/ティモシー・オリファント

<7/9~ DVDレンタル開始>

新婚旅行でハワイにやってきたクリフとシドニーのカップル。2人はカウアイ島にある、ハワイで最も美しいといわれるビーチを目指すが、途中、オアフ島で新婚カップルが殺され、犯人のカップルがカウアイ島に向かったとのニュースを聞く。そんな中、2人はニックとジーナ、ケイルとクレオという2組のカップルに出会い・・・。

大どんでん返し系の映画ですが、結果を知ると「これは反則では!」と言ってしまいそうな作品。これ以上は言えませんが、ともかくメインのカップルは3組しか出てこないので、この中に犯人カップルがいることは間違いなく、「意外な犯人」ということであれば自ずと答えが出てしまうので、仕方ないとは言えますが・・・・。
最後まで観ると、どうも納得のいかない部分も多々ありますが、ミステリーサスペンスものとして単純に楽しむ気持ちで観れば結構楽しめるかも!?






最終更新日  2010年07月28日 06時15分52秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年07月19日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:01948
製作:2009年
監督:テリー・ギリアム
出演:ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー

<7/2~ DVDレンタル開始>

現代のロンドンに現れた旅芸人一座。一座を率いるパルナサス博士は1000歳を越えるという老人。そのパルナサス博士の前に悪魔のニックが現れる。博士はニックと不死と引き換えに「娘が16歳になったら差し出す」という取引をしていたのだ。
そんな頃、博士の娘ヴァレンティナは、橋で若い男とニーを助け、一座に連れてくる・・・。

ヒース・レジャーの遺作となった作品。撮影途中でヒースが亡くなったため、代役でジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが出演している。
ストーリーは分かりにくく、特に幻想世界である鏡の中の出来事は何でもありの世界なので理解するのは無理。ヒースの代役として鏡の中で3人が出てくるが、これも分かりにくくしている一因。
ただ、映像的には幻想社会を見事に描いており、ファンタジー的にはよかった。






最終更新日  2010年07月19日 17時35分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年07月05日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★

鑑賞No:01945
製作:2009年
監督:ピーター・ジャクソン
出演:シアーシャ・ローナン/マーク・ウォールバーグ

<7/2~ DVDレンタル開始>

1973年のペンシルバニア州。14歳のスージーは学校からの帰り道で隣人の男に殺されてしまう。天国に行く決心がつかないまま、地上との中間地点にとどまった彼女は、家族や恋人、犯人の行く末を見守るが・・・・。

スージーが殺された後に行く地上との中間地点の幻想的な映像はとても良かった。ただし、ストーリー的にはイマイチ感の残る作品だった。設定的に、「ゴースト ニューヨークの幻」のような内容かと思いきや、感動的ドラマでもなく、謎解きサスペンス性も少なく、描きたかったっものがはっきりと分かりにくい内容だった。
<以下ネタばれ注意!>
結果的に犯人には天罰が下るし、家族も元通りに戻るのでハッピーエンドといえばそうだが、家族によって犯人に復讐されないのは消化不良感が残る。娘のために執拗に犯人に迫っていた父親もやられちゃうし、犯人の死に方もあっけないといえばあっけないし・・・。






最終更新日  2010年07月05日 21時19分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月25日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★+

鑑賞No:01941
製作:2009年
監督:オーレン・ペリ
出演:ケイティ・フェザーストーン/ミカ・スロート

<6/2~ DVDレンタル開始>

平凡な一軒家に暮らす若いカップル。しかし、家の中で何か異変が起こっている気配を感じた2人は、それが何かを確認するため、ビデオカメラを設置して一部始終を撮影することにする。やがて撮影したビデオに衝撃の映像が映るようになり、異変はエスカレートしていく・・・・。

低予算映画としては予算並みの出来とは思うが、これが全米で大ヒットしたというのはチョット首をかしげる内容。
内容的には全然怖くないし、カップル2人のいらつく会話にはだんだん嫌気が差してくる。(よく夏にTVで放映される心霊映像の方が怖い!)
モキュメンタリー映画と分かっているから余計に怖さが伝わってこないのも原因!?
大作映画に飽きた時に、おやつか何かのつもりでちょっとつまんでみるにはいい映画かも。






最終更新日  2010年06月26日 06時05分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月23日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★★+

鑑賞No:01939
製作:2009年
監督:マイケル・マン
出演:ジョニー・デップ/クリスチャン・ベイル

<5/26~ DVDレンタル開始>

1933年、仮出所したデリンジャーは、刑務所に舞い戻り仲間を脱獄させることに成功する。そしてその仲間たちと強盗団を結成し、次々と銀行を襲撃していく。彼の大胆な犯行手口と、捜査機関の網の目を鮮やかにすり抜ける姿に、一躍世間に注目される存在になっていくが・・・・。

ジョニー・デップというと超ヒット作「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジャック・スパロウ役の印象が強いが、本作の役どころはクールでかっこいい犯罪者の役で、また新たなイメージ像を作った感がある。
史実にできるだけ忠実に制作したらしいので、歴史ドラマとしても見る価値があるかもしれないが、最期は意外とあっけなかった気がした。もっとドラマチックかと思っていたが、これも史実に忠実にしたための功罪か!?






最終更新日  2010年06月23日 21時54分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月19日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★+

鑑賞No:01938
製作:2009年
監督:イヴァン・エングラー/ラルフ・エッター
出演:アンナ=カタリーナ・シュワブロ/マルティン・ラポルト

<6/2~ DVDレンタル開始>

23世紀。環境汚染が進行した地球では、人類が別の惑星レアに移住し始めていた。移住費用を稼ぐため、女医ウララは貨物輸送船勤務を引き受ける。だが低温睡眠から目覚めたとき、巨大な陰謀に巻き込まれ・・・・。

スイスのSF映画ということで珍しく、期待してレンタル、そして裏切られたといった感じの映画。
雰囲気は「エイリアン」っぽいですが、異星人は出てきません。
まず説明が全然ないので状況がよくわからないままストーリーは進んでいき、やがて船長が謎の墜落死。さらに殺人事件が起こります。SFというよりミステリー?と思ってしまいますが、最後まで良く分からないまま、大して盛り上がりもなく終わっちゃいます。貨物船内部にやたら漢字が表記されているのも不思議な感じでした。






最終更新日  2010年06月19日 07時10分45秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年06月13日
テーマ:映画鑑賞(674)
カテゴリ:洋画-2009年
★★

鑑賞No:01935
製作:2009年
監督:スパイク・ジョーンズ
出演:マックス・レコーズ/キャサリン・キーナー

<5/19~ DVDレンタル開始>

8歳の少年マックスは、最近母も姉も自分に構ってくれないことに腹を立て、母と喧嘩して家出する。そしては浜辺で船に乗って海に出たマックスは、やがて見たこともないかいじゅうたちが棲む島にたどり着いてしまう。マックスはかいじゅうたちの中に入っていくが、彼らはマックスを食べようとする・・・・。

大人になりすぎて久しい自分にとっては、何がいいんだろう?といわざるを得ない映画だった。子供心のない大人にはあまり響かないし、感じられない映画ではないだろうか?といって子供には理解できないかもしれず、誰のために作ったのか(少なくとも大衆向けに作っているのではない)と思ってしまう映画。ストーリーも単純でだらだらしているため、終始退屈。






最終更新日  2010年06月13日 07時19分45秒
コメント(2) | コメントを書く

全62件 (62件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.