583289 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全63件 (63件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

邦画-2010年

2010年11月29日
XML
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★★

鑑賞No:02011
製作:2010年
監督:守屋健太郎
出演:生田斗真/麻生久美子/山田孝之/玉山鉄二

<11/26~ DVDレンタル開始>

海もないのにシーサイドと名づけられた、山奥に建つモーテル。その4つの部屋で11人の男女による騙しあいが始まる。「103号室」ではインチキ美容クリームのセールスマンが部屋を間違えたコールガールを口説き落とそうとする。「203号室」では女装の中年男がコールガールを待ちわび、「202号室」では借金を踏み倒した男が取り立てのチンピラに襲われ、
「102号室」ではスケベ男がキャバ嬢を連れ込んでいた・・・・。

それぞれバラバラに進行する4つのストーリーの共通点は「騙しあい」。基本的に接点のないショートストーリーだが、テンポよく進行するストーリーと微妙に絡み合う4つのストーリーにほくそ笑むような面白さがある。モーテルの各部屋で展開する事柄はさほどすごいことではないが、4つのストーリーがかすかにリンクすることでちょっとした群像劇になっているような気がします。何も考えず気楽に観れる映画です。ただ、4つのストーリーがもっと絡み合えばもっと面白かったと思いますが・・・。






最終更新日  2010年11月29日 20時48分46秒
コメント(0) | コメントを書く


2010年11月23日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★+

鑑賞No:02007
製作:2010年
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵/阿部寛/松平健/佐藤健

<11/12~ DVDレンタル開始>

カミハエーリという最強の霊能力者が治める村、万練村。そのカミハエーリが他界し、後継者を選ぶべく、村人たちは全国から霊能力者を集めてバトルロイヤルを開催することにした。優勝賞金目当てにマジシャン・山田奈緒子も参加するが、そこには、馬鹿げた風習を断ち切って欲しいと依頼を受けた物理学者・上田次郎もいた・・・・。

相変わらずの小ネタ満載で、分かる人は十分楽しめるつくりになっているが、逆に小ネタが理解できないとこの作品の面白さは半減してしまうことになってしまう。
それも村の名前と同じマンネリ化が大きな要素ではないか。ストーリー的にはありきたりというか過去作と変わらず新鮮味はない。また、タイトルにもなっている数々のトリックもこれまた使い古されたようなものばかり。
やはりこの作品はB級感漂うところがいいので、劇場版ではなく短編で深夜放送するのが、一番光るのでは?と思った作品です。






最終更新日  2010年11月23日 13時33分23秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年11月16日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★+

鑑賞No:02003
製作:2010年
監督:行定勲
出演:藤原竜也/香里奈/貫地谷しほり/小出恵介

<10/6~ DVDレンタル開始>

都内の2LDKのマンションに同居する男女4人の若者。映画会社に勤務する直輝、イラストレータの未来、フリーターで人気TV俳優と交際している琴美、大学生の良介。彼らは互いに深くは関わらず上辺だけの付き合いをちょうど良しとする共同生活をおくっていた。そんなある日、男娼のサトルが共同生活に加わるが、時を同じくして連続暴行事件が近くで起こり始め・・・・。

共同生活をする男女4人を、それぞれの視点から描く興味深い構成。共同生活をしていながら一定のライン以上には立ち入らない、不思議な付き合いをしている彼らを見ると、ゲーム世代の現代の若者の生態の縮図といえなくもない。前半はどちらかといえばまったりした感じで何気に観ていられたが、後半から様相が次第に変わっていく。途中、やや中だるみ感は否めないが、ラストの衝撃と、それを衝撃とも思わない彼らの異常さにさらに戦慄する。
これまでの作品でやたらオーバーアクションの目立った藤原竜也だが、本作ではかなり抑えた演技で好感が持てる。






最終更新日  2010年11月16日 20時47分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年10月27日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★+

鑑賞No:01998
製作:2010年
監督:錦織良成
出演:中井貴一/高島礼子/本仮屋ユイカ/三浦貴大

<10/14~ DVDレンタル開始>

大手メーカーのエリートコースを歩んでいた筒井肇のもとに、故郷・島根で一人暮らす母親が倒れたとの知らせが入る。さらに入社同期の親友が事故死したとの連絡を受ける。久しぶりに帰省した肇は、家族を気遣うことなく仕事に追われていた日々を省みて、子どもの頃からの夢だった電車の運転士になろうと決意するが・・・・。

エリートコースを止めて、地方都市の一運転手から、それも49歳という歳で再スタートするという、極めて無謀とも思える人生の一大転機を、あまりにも淡々と描き過ぎていて、逆にリアリティに欠けるきらいはあった。現実にはもっと緊迫したり切羽詰ったりといった雰囲気が伝わってきてもよさそうだが、貯蓄もある、奥さんも店を持っているといった、プチセレブな土台があるが故、その辺りが伝わってこなかった。事件といえば親友の事故死、子どもの運転操作、そして母親の病などがあったが、どれも深刻には描かれておらず、逆に登場人物は皆、イイ人なので、どちらかというとまったり系に近い映画だった。






最終更新日  2010年10月27日 20時22分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年10月16日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★

鑑賞No:01988
製作:2010年
監督:富永まい
出演:柴咲コウ/余貴美子/ブラザートム/三浦友和

<9/1~ DVDレンタル開始>

都会で恋人に捨てられ、全財産まで持ち逃げされ、ショックで声も失った倫子は、おっぱい山の麓にある小さな町に里帰りする。実家には風変わりな母と、母が飼うブタのエルメスがいたが、エルメスに天然酵母パンを作っているうちに、自分で食堂を開くことを思いつく。そして始めた食堂“かたつむり”は1日1組限定の食堂だったが、訪れた客は夢が叶うと評判になり・・・・。

タイトルや予告編からのイメージだけで観たのですが、「かもめ食堂」や「のりちゃんのり弁」のような映画を期待したのは間違いでした。まったりしながらも邦画独特の庶民感をかもし出して欲しかったのですが、全然違ってた。ストーリーは特筆すべきものは泣く、そういう意味ではまったり系ですが、CGやアニメーションを多用したがために幼稚なイメージになり、折角のまったりした雰囲気も台無し。母親が大切に飼っているブタのエルメスは愛嬌があってよかったが、あのような展開になるとは・・・。






最終更新日  2010年10月16日 00時06分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月25日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★

鑑賞No:01980
製作:2010年
監督:猪股隆一
出演:成海璃子/山下リオ/桜庭ななみ/金子ノブアキ

<9/17~ DVDレンタル開始>

かつて紙の町として栄えた愛媛県四国中央市。地元の高校の書道部で部長を務める里子は、真剣に書道に取り組むがゆえに他の部員に厳しすぎるきらいがあった。ある日、書道部の顧問となった臨時教師・池澤が、音楽に乗せて巨大な筆で文字を書く姿に書道部員は衝撃を受け、これは町おこしのための一大イベントになると確信し・・・。

実話を基にした作品。しかし、実話ベースの映画にありがちな感動はあまり伝わってこなかった。どこまでが実話で、どこまでがフィクションか分からないが、書道パフォーマンスで盛り上がるべきシーンで、何度も失敗してしまうゆえ、観ている側は拍手喝采すべき発散どころを失ってしまうからのように思える。ベタでもいいから、最後は完璧なパフォーマンスが見たかった。決して熱血漢溢れるとは言い難いが、飄々としながらも彼女らの熱意に次第に引きこまれ、書の指導をするようになる教師の池澤を金子ノブアキが好演していた。






最終更新日  2010年09月25日 22時38分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月20日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★★

鑑賞No:01975
製作:2010年
監督:松山博昭
出演:戸田恵梨香/松田翔太/田辺誠一/鈴木浩介

<9/15~ DVDレンタル開始>

神崎直は一度は辞退した「ライアーゲーム」最終決戦に、秋山深一を助けるために参加することに。今回のエデンの園ゲームは、金・銀・赤の3色のリンゴのうち、プレイヤーが一つを選ぶという単純なもの。赤が揃えば全員+1億円。誰かが裏切り、金か銀に投票すると赤の投票者が負債を負うルール。赤がない場合は、金と銀の多い方が+1億円となる。直はみんなに「赤を揃えましょう」と呼びかけるが・・・・。

ありえない状況設定と、その中で繰り広げられる心理ゲームは、「カイジ 人生逆転ゲーム」を思わせるが、「カイジ 人生逆転ゲーム」が3つのゲームで構成されているのに対し、こちらは「エデンの園ゲーム」一つ。それもごく単純なルールで、これを13回行うというのだから、最初ちょっとうんざりしかけたが、意外とこれが面白い。これがこのドラマの醍醐味なのだろうか(TVドラマは見てなので詳しくは知らないが・・・)、騙しあいの連続に、ゲーム展開はスリル満点。TVドラマは見ていなくても十分楽しめる。






最終更新日  2010年09月20日 06時07分58秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年09月08日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★

鑑賞No:01969
製作:2010年
監督:前田哲
出演:市原隼人/比嘉愛未/高岡蒼甫/芦名星

<8/4~ DVDレンタル開始>

天才カギ師・猿丸耶太郎、通称サルのもとに、ある日、謎の美女・マユミが訪ねてくる。マユミは、勤務先の金庫の暗証番号を忘れて困っているので開けて欲しいというのだ。二つ返事で引き受けたサルだったが、開けた金庫の中にあったのは、数日前に銀行強盗犯が現場から持ち去ったトランクだった・・・・。

これもTVドラマの劇場版だが、安易な映画化の問題をまたしても露呈したかのような作品。
逃走劇が中心のような宣伝がされていたが、そのスケールは映画にしてはあまりにも小さく、TVのスペシャル版ですらないほど。ストーリーも陳腐で、マユミに対するサルの妄想で何度も鼻血を出すシーンなどは、陳腐を通り越してもう超古典的過ぎてあきれるほど。意外性やどんでん返しを予想させたいようなストーリー展開も、なんかギクシャクした内容で納得がいかない。TVドラマはヒットしたかもしれないが、もう少しなんとかならないものだろうか・・・・。







最終更新日  2010年09月08日 20時15分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年09月02日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★+

鑑賞No:01967
製作:2010年
監督:松田秀知
出演:米倉涼子/陣内孝則/林遣都/津川雅彦

<8/6~ DVDレンタル開始>

私用で北海道に行くために羽田空港を訪れた玲子は、先日交渉に当たった現金強奪事件の人質だった青年を目撃する。青年の不審な行動に胸騒ぎを覚えた玲子は、青年を追って同じ飛行機に乗り込む。やがて、その飛行機はハイジャック犯に乗っ取られてしまう・・・。

これも最近流行のTVドラマの劇場版。
普通なら観ない部類の映画だが、予告編でハイジャックが題材のような映画だったので、興味を持って観た。予告編通り、ハイジャックもので、その点では予想を裏切らなかったが、(TVドラマを見てないので詳しくは分からないが)これはタイトル通り、交渉人(ネゴシエーター)が主役の映画では?としたら、主人公である交渉人の活躍するシーンは皆無ではなかったか?しいて言えば陣内孝則演じる主人公の上司と犯人との間で交渉はあるが、それはあくまでハイジャック犯の要求を聞いているだけで決してネゴシエーションではなかった・・・・。
あと色々とつっこみどころは満載で、さすがにそこまでは・・・というのもいくつもあったが、個人的には意外と楽しめた。ただ、ラストでいくつか意外などんでん返しがあるかと思ったが、当初の振りに比べ、オチはありふれたものだったのがイマイチ残念。







最終更新日  2010年09月05日 08時43分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年08月31日
テーマ:映画鑑賞(677)
カテゴリ:邦画-2010年
★★★★

鑑賞No:01965
製作:2010年
監督:山田洋次
出演:吉永小百合/笑福亭鶴瓶/蒼井優/加瀬亮

<8/4~ DVDレンタル開始>

早くに夫を亡くし、女で一つで小さな薬局を経営しながら娘の小春を育ててきた吟子。そんな小春もエリート医師との結婚が決まり、幸福の絶頂にあった。そして結婚式の当日。盛大に開かれていた披露宴に、吟子の夫の13回忌で酒に酔って大暴れしたのを最後に音信不通だった吟子の弟・鉄郎がやってきて・・・・。

いかにも山田洋次監督映画らしい、「家族の絆」をテーマにした人間ドラマで、じっくり見せてくれる。じっくり見せてくれるが、笑福亭鶴瓶演じるおじさんには終始腹立たしく、イライラさせられた。最後は悲しい結末だが、それでも悲しいとあまり感じさせない腹立たしいおじさんで、むしろこの弟から解放された姉に対し、よかったねと思わせるほど。
ひどい弟だが、ここまではないにしろ、大なり小なり、どこの家の親戚に一人いそうな感じで、その点では共感しながら観れる作品。







最終更新日  2010年09月05日 08時44分54秒
コメント(4) | コメントを書く

全63件 (63件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.