2007年05月21日

ターミネーター

(4)
テーマ:映画鑑賞(666)
カテゴリ:洋画-1980年代
★★★★+

鑑賞No:00131
製作:1984年
監督:ジェームズ・キャメロン
主演:アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターにしたSFアクション映画。
未来の機械社会で反逆を企てる人間のリーダーであるジョン・コナーの母サラを、過去に遡って抹殺するよう指令を受けたターミネーターが1984年の世界に送りこまれてきた。
これを阻止するため、ジョンを敬愛するリースも現代にやってきて、ターミネーターからサラを守ろうとするが・・・。

低予算で制作されたB級映画だったにも関わらず、圧倒的な支持を得た作品。
ストーリーや設定も面白く、シュワちゃんのターミネーターもはまり役。「追われモノ」による恐怖感はスピルバーグ監督の「激突!」以来だった。
T2でのSFX技術に驚愕させられたため、改めて見るとちゃっちぃ感じがするが、当時としては良くできたSFXシーンだった。
続編のT2で製作費1億ドルをいう巨額を投じさせた本作はやはりスゴイといわざるを得ない。






TWITTER

最終更新日  2007年07月16日 18時28分20秒
コメント(4) | コメントを書く
[洋画-1980年代] カテゴリの最新記事