022480 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

岐阜のタマゴのひとり言

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


岐阜のタマゴマン

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

おぎゃりん☆@ Re:血が騒ぐ・・出ようかな(09/14) こんばんは^^ メールありがとうござ…
たまご@ Re:おじゃまします。(09/08) 関の田舎人さん >瑞穂の家も完成間近、…
タマゴ@ Re[1]:うれしんだよね(09/08) おぎゃりん☆さん >嬉しいです^^♪ >…
おぎゃりん☆@ Re:うれしんだよね(09/08) 嬉しいです^^♪ 私書箱へ携帯番号&メル…
関の田舎人@ おじゃまします。 瑞穂の家も完成間近、建築中もあり、忙し…

Freepage List

全157件 (157件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

2006.09.25
XML
カテゴリ:よもやま話
景気回復といわれているが、現実は2極化が進んでいるだけ。今後富裕層が増えるらしい。しかし、負け組みといわれ層が増えるのも間違いない。

富裕層も、結局は形無いもので稼ぐ人たちが多くなっている。日本はそのうち破綻するのは目に見えている。お先真っ暗。

そんな中、こどもたちは元気だ。昨日下の子の運動会を見てきたけれど、みんな元気に喜怒哀楽を出しながら、その一瞬を一生懸命だ。

今日、その理由を書いたメールマガジンがタイムリーに届いた。
こどもたちが元気なわけ。
未来も過去も考えずその一瞬を生きる。
それがこどもたち。
だからいつも元気。いつも100%の力が出せる。

大人たちは過去を悔やみ未来に不安を感じる。
そのために力は100%出せない。


先が見えない今。先を分析して予想する必要は無い。
先に理想をもって夢で今を生きる。

真面目も必要、遊びも必要。

何でこんなこと書いているのか・・・じつは
バイク予約しちゃいました。来週来ます。
10年前のエンデューローレーサー  憧れていたバイク。
お金も無いのにね。
その言い訳を書いていただけなんです。






Last updated  2006.09.25 20:47:46
2006.09.14
カテゴリ:よもやま話
中津川で11月にエンデューロレースが開催されます。
エンデューロレースとは、オフロードバイクで山のコースを一定時間内にどれだけ早く走れるかのレースです。草レースでも、道無き道を時速80キロ以上で走っていくのです。

30歳代の時は月に1度ほど出ていたのですが、忙しくなってきた事と、体力の衰え、そしてコースの激減でここ数年出ていませんでした。

中津川だし、近いし、走る時間は1時間だし、出ちゃおうかな。
まずはオートバイのメンテナンスをして一度河原で走ってみてから考えよう。






Last updated  2006.09.14 13:52:34
2006.09.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今も仕事真っ最中。今度行うコンパクトな家の数量拾いをしています。色々考え方をがラット変えなきゃいけないので、大変なんです。
だけど、嬉しいんですよね。

何のバックも無い、歴史もない、ネームバリューも無い私に
3組みのお客さんがお金を出してくれて建築中。そして一つ計画中。
普通の建築屋さんなら少ない数でしょう、けど良いんです。

頼ってくれるだけで嬉しい。

この年になってやっと仕事しているなと感じている今日この頃。

さて続きをやろう。


オギャリンさんへ。10月早々に一度おあいしましょうか。






Last updated  2006.09.08 22:33:44
2006.09.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです。 誰か見てるかな?

今日東京の帰り、新幹線の中で2時間ほど過ごしました。その新幹線は博多までいく新幹線。なんと5時間7分も走りつづける。

昔「新幹線の中の1時間2時間の過ごし方で人生は変る」なんていう言葉も聞いた事がある。隣の人が寝ている間に自分は本を読んだり、勉強したり仕事したり・・・・

昔それを信じてやったこともあった。人間一生勉強
今思えばなんか空しい勉強。

勉強ってそんなもんじゃないことに気付いた。人に差をつけたり、立派になったり、出世したり
ちいさい ちいさい

今日は惰眠をむさぼりながら、今度の日曜日のお客さん会をどうやって盛り上げるかボーっと考えていた。

最近商売を真剣にやるようになって気付いた。
周りを幸せに出来ず、家族を楽しく出来ず、なんで人の上に立てるの?

勉強しても、努力しても、人が「すげー」と感心するほど努力しても、それで周りを家族を蔑ろにするのであれば、ダメちゃん人生だとおもう。

そりゃ、一時犠牲にする事もあるかもしれない、しかし、その犠牲にしているときを、男のロマンと思い、カッコいいと思い、自分の使命だと思い、一生続ける。そんな空しい人生は止めよう。

自分らしい生活を続け、それで負ける。本望じゃないですか。第一勝ち負けなんて無いし。

勉強は、今必要な事、今知りたいことを知る。それでいいんじゃないかな。






Last updated  2006.09.02 23:23:02
2006.08.18
カテゴリ:よもやま話
お久しぶりです。
このブログは自由な自分を出そうと思っていますので、今日はちょっとオタクな話題を。

「エリス中尉」  この言葉にピンと来た人。いいサイトを紹介しましょう。
ここです。謎の円盤UFO

昨日あるところからの情報(つまり私よりさらにオタクな方)を得てみてみました。はまりましたね。番組で使われた音楽もダウンロードできるんですよ。

この番組を見ていたのは小学生のときだっただろうか。
今改めてみていると、むちゃくちゃハイクオリティーで、大人の番組だったんだと感じます。
メカニックも今見ても「かっこいい」と思えるものです。

昔はCGや技術がないおかげで、モノ、音楽、キャラクター一つ一つの造りこみに必死さを感じますね。今のアニメなんかもいいのですが、なんとなく技術でカバーしてしまい職人魂を感じないのは私だけでしょうか。


家も同じですね。技術の進歩、情報の進歩が職人魂を奪っているかもしれません。

ちなみにエリス中尉 すでに60歳を超えたそうで・・・


追伸:関の人へ、 もしかしたら静岡FPへ数回いくかもしれません。






Last updated  2006.08.18 20:29:58
2006.08.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はうれしいめーるをもらったんで、ご報告を。

そうそう、いつもお客様から嬉しいメールをたくさん貰っていますよ。先週だって今のお客さんから「タマゴグミだからべらぼう追加が出なくていいものが出来て行くね、ありがとう」とか「タマゴグミの力だからオール国産無垢の家が建てることができます。ありがとう」とか。
ちゃんと日頃真面目に仕事をしてますから、喜んで貰っていますから安心してくださいね。
(って、誰に報告しているんだろう?ぼくは)

話がずれました。今日の嬉しいメールは
「家族全員でタマゴグミのホームページを見て楽しみました」っていうメールなんです。
ホームページを見ていただけたのも嬉しいのですが、なんか一家そろってというのが嬉しいのです。この方のお嬢さんはもう社会人ですよ。それなのにみんなでそろってって、素晴らしい家族だなと思います。


うちは娘は中学2年 息子は小学校6年。まだお父さんを相手にしてくれます。しかしあと5年後相手にしてくれるんだろうか?と不安になったりします。

いくらよい家があっても家族がバラバラなら寂しいですもんね。
私もいつまでも仲のよい家族を造るためにがんばろう。


仲のよい家族が見てくれたホームページは これ






Last updated  2006.08.10 21:41:18
2006.08.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日から長女は研修で10日間家を留守にする。弟は顔に出さないものの寂しそう。
そっか、明日から朝起きてもねーちゃんはいないし、夕飯もねーちゃんはいない。

中学2年の姉と小学6年の弟。いつもねーちゃんにちょっかいを出しては「バチン」と叩かれている弟。

なんかいいなと感じます。
この家庭をずっと守っていきたいと感じた今日です。






Last updated  2006.08.02 00:28:21
2006.07.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
まともな活動をしてやっと1年目の設計事務所がタマゴグミ。それでもなんとかお仕事をやらせていただいています。それに、いろいろな業者さんがお手伝いをしてくれます。なんかうれしくてね。

お客様もそうです。いま土地探しを一生懸命されいてるIさん。何度も何度も状況報告のメールをくれるんです。うれしくてうれしくて。
全く実績のない私を紹介してくれて、さらには自分たちの家も1年後にといってくださるMさん。

そして、今作らせて頂いているKさんとYさんとそしてもうすぐ地鎮祭のNさん。

最近やすみがなくても気にならないし、休みの日に家族を連れて行くのも現場。


今日はちょっとおのろけ話でした。
数少ない読者さんへ。いつもありがとうございます。


そうそう、さっき「設計士 岐阜」とヤフーで検索したら結構上のほうにきたのでびっくりしましたどこかのえらい建築士さんが言っていたっけ「設計士と自ら言う建築士は駄目だ」って。
何で偉い先生はそんなことにこだわるのかな?解らん。






Last updated  2006.07.17 01:38:12
2006.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は現場で久々にエキサイト。ずっと年上の職人さん(とは言わないか。)に「なめとるのか」と怒鳴ったり、施工したものを引き剥がしたり・・・ もういい年なんだからと思いつつも許せない事は許せない。

自分で家を建てて巨額の借金を抱えてみて初めて解りました。お客様の気持ち。自分たちしか便りに出来ない気持ち。 現場を最初から最後まで見るようになって解りました。前工程の職人さんの気持ち。
基礎はうちの厳しい基準に合わせるため、テンバを削って調整してくれた。大工さんは細かな要求にこたえてくれてよいものを造っていてくれる。 だから余計に許せない。思いのない奴は。

私ももうこのとしになったら現場で和気藹々となんて考えない。嫌う奴は嫌えばいい。それで職人さんがいなくなってもいい。 ただ、お客さんを不安にさせる事は許せない。これはお客さんのためでもあるし自分のためでもある。 僕は変な職人がやった仕事で、お客さんに不満を与え、ひいては自分の会社を潰されたくない。

久々にエキサイトした日。
だれも見ていないこのブログしかこんなことかけないな・・・







Last updated  2006.07.08 23:54:02
2006.06.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
お役所の対応が良くなっています。そう感じたのは今日建築指導課に行ってきたからです。

昔、(といっても10年程前)は建築指導課にいくという事は喧嘩を売りに行くのと同じでした。
設計事務所=ややこしい奴らという感じで向こうは構えます。
こちらとしてはお役人=頭の固い奴ら、という感じで戦闘態勢でのぞみます。

だからお役人のかたは、私たちがいくと無視をしてなかなかカウンターまできてくれない。きてくれたとしてもいやそうに「はい。はあ?何?」と高圧的に聞いてきたものでした。
私の知り合いで、そんな態度に切れて市役所のカウンターを蹴飛ばして器物破損といわれた奴もいます。

今日いって変わりようにビックリです。
カウンターの前に立っただけで、人がきてニコニコ対応。そして「外にはありませんか」なんて聞いてくれる。  いや~変った。凄い凄い。

建築確認が民間化され楽になったこともあるのでしょうか。いい傾向です。



しかし昔も懐かしいな。戦闘状態だといってもそこは職人と職人のぶつかりあいだったような気がします。あの当時は、構造計算書の隅までお役人さんの赤ペンでのチェックがあったもんな。

実は戦いつつも「建築法規の職人」として認めてもいたのです。

ゴマちゃ~ん カムバック!! ←この名前を知っている人はマニアック。10年前岐阜市役所で戦った人ですね。






Last updated  2006.06.29 21:01:39

全157件 (157件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.