188038 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どーにかなるさ。。。

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

女性ポートレート 秋… New! 猫に足を踏まれるさん

土曜は寒かったね。 BB25さん

だいふく的心だっ! だいふく007さん
モノISM モンキーサルーンさん
写真を楽しもっと♪ ちょうみん816さん
正しい方向へ jurious(じゅりあす)さん
Kuma64の日記 kuma-64さん
りんご好き日記 りらっくうーまんさん
~虹のラララ~ ひめさま55さん
Mayu’s Space 口MAYU口さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全32件 (32件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

tamakazo的お宝

2007.11.20
XML
カテゴリ:tamakazo的お宝
ご覧のとおりNISSAN MARCHです。

別にふざけてなんかいません。小さいからこれを選んで使っているのです。


でもちゃんとした光学マウス。ヘッドライト部分がマウスの左右のボタン、ボンネット上の黒い部分がホイール。つまり「光学式2ボタンホイール付きマウス」であります。

TAKARA製です。普通に売っているチョロQとおんなじサイズです。

私はこれを会社のパソコンを外に持っていくときに使っています。お客先なんかに持っていくときは、これで操作しています。結構高い確率でこれに話題がうつったりします。反応ないときは私から振ります。


小さいから使いづらいと思われるかもしれませんが、要は慣れです。慣れてしまえば使いやすいものです。逆に会社PCのマウスの大きさに戸惑ってしまうこともしばしば。



明日もこれを持ってお客先に行きます。

シャレが判るお客さんならいいなあ。



20071120.jpg

『残念ながら走りません


CANON  IXY DIGITAL 600








Last updated  2007.11.20 22:44:06
コメント(12) | コメントを書く
2007.11.17
カテゴリ:tamakazo的お宝
今日は天気予報どおり朝からヒジョーにいい天気でしたね。絶好のフリマ日和。

でも最近フリマだ骨董市だ、と浮かれまくっていたので、今日くらいは自粛しようと固く誓っていたのに…。

朝6時に目覚めさせてしまうほど良すぎる天気が悪い!と、お天道様を悪者にして、結局近くのフリマ会場へ。ただ交換条件として、フリマ後はかーさんのウィンドウショッピングのお付き合い。



後半のことはなるべく頭の隅に置いといて、毎度毎度浮かれながらのお宝探し。

カメラとかカメラとか、ガラスとかガラスとか、その他モロモロとか。

楽しかったです。



この前古い電池がカメラから出てくることを喜んでいることを書きましたが、今日のフリマで気付いたことがひとつ。

あんまり見たことないような古い電池を探すには、カメラ用の古いフラッシュを探せば、その中に入っている可能性が高いということを。

フリマや骨董市なんかで売っている古いフラッシュは、カメラに比べるとより安い。これからはここを狙っていくことにしよう!って、電池ばかり集めてどうするんだという疑問は自覚しているんですが…。

結果的に使いもしない古いフラッシュが増えていくことにはなるんだろうなあ…。ふぅーっ。




あ、もちろんフリマの後はかーさんに付き合いましたよ。ヘトヘトですよ。



20071117.jpg


『後の丸くて銀色なのが昔のフラッシュなのです


CANON  IXY DIGITAL 600







Last updated  2007.11.17 23:54:47
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.13
カテゴリ:tamakazo的お宝
いつも行くフリマで、時々ガラクタがごっそり入ったダンボールをそのまま並べる業者がいるのですが、これが楽しい。

どこかの蔵や事務所から持ってきたらしいのですが、古いもの好きな私としては宝の山。ダンボールの隅から隅までなめるように発掘します。

結構自分ではセーブしているつもりなのですが、気がつくとホントのガラクタを握り締めて満足している自分がいたりします。謎の缶とか牛乳瓶とか。

でも後ろ髪を引かれる思いであきらめたこともしばしば。今でも買わなかったことを後悔しているものも沢山あります。崎陽軒のシュウマイの醤油刺しが数10個詰め合わせとか古いガラスのコップのセットとか、その他モロモロ。




このお皿は見つけた時点で即購入決定。ちょうど同じタイミングでこれに手を伸ばした人がいたのですが、タッチの差で先につかむことができました。一瞬目があっちゃったのですが、これがフリマの暗黙のルール。先に取った人の勝ち。

勉強不足なところもありガラスの年代判定は全くできず。雰囲気から判断するに昭和40年代ではなかろうかと。まあ気に入れば何でもいいかと。

鑑定眼まるで無し男くんですが、選ぶときに気をつけていることは、この写真のようなプレスして作られるガラス製品を選ぶときは、裏の模様部分とか皿の縁に手のひらを軽く当てて、軽い痛みがあったものを買ってます。

品質がそんなにうるさく言われなかった頃の大量生産製品は、それこそ指が切れそうなものもありますです。そういうのを選ぶのです、私は。現代の製品はどこ触ってもツルツルしてます。安全ですね。

お気に入りの皿です。



で、なんでこんな分野に手を出しているか、私は?



20071113.jpg


『この淡い紫色がなんともはや…


CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.11.13 22:18:38
コメント(6) | コメントを書く
2007.11.10
カテゴリ:tamakazo的お宝
連れ帰ったって言っても今日のところはカメラではありませんし、ましてや人様の子でもありません。


木彫りのクマの子です…、子だと思います。

恐らくは北海道のお土産であろうかと…。クマだから。


木彫りのクマと言えば、定番のシャケくわえた野性味溢れる勇ましい姿を普通は想像しますよね。というかクマの木彫りって言ったらアレしか思い浮かばないし。



でもね、今回のはスキーに座ったクマです。しかも相当見た目悲しい。伏し目がちで不安そうに前を見つめる潤んだ目、祈るように指を絡ませた手で膝を抱えて体育座り。

もっと楽しそうなポーズをとらせることはできなかったのか。お土産でしょ?どう見ても楽しそうじゃない。嫌々スキー教室に来ているお子ちゃまみたい。

だいたいこんなところに座った日にゃ、意志とは裏腹に直滑降で駆け下りるしかないじゃないですか。キケンですよ。子供がマネしたらどうするんですか?



でもカワイイ。
だから買ってきた。
50円だったし。



このクマは近くのリサイクルショップ兼骨董屋で買いました。これが東京にあるということは、誰かが買ってきたということですよね。相当物好きというかへそ曲がりというか。

人と違うものを買いたい、きっとその人はそう思ったはず。私の考えに限りなく近いです。ぜひ一度お話がしたい、そう思います。



20071110.jpg


『ボク、冬は冬眠してるからスキーはしないのに…


CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.11.11 00:05:53
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.06
カテゴリ:tamakazo的お宝
今日出張先で見つけた写真屋で主人と話し込んでいたら、こんなもの譲ってくれました。


コニカ(コニミノではなく)のスヌーピー柄フィルムとケース。残念ながら外箱はなし。

フィルムは未使用。でもいつ製造されたものなのか、現時点全くわからないので、普通は使わんわね。


でもどうしようかな。tamakazoだしな。どんな色になるかちょっと楽しみだしな。

ま、気が向いたらね。向きそうな感じはするけど。



ネットで調べてたらSAKURAブランドの時代からスヌーピーがデザインされたフィルムあったんですね。付き合い長かったんですね。う~ん、欲しい。


コニミノがフィルム製造も撤退してしまった今、当然のことながらこんなフィルムが出てくることはないですよね。





20071106.jpg


『ケースがよろしいのですよ


CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.11.06 21:12:51
コメント(6) | コメントを書く
2007.11.01
カテゴリ:tamakazo的お宝
この前フリマでおまけでもらってきた古いマッチ箱をバラしていたら、こんなの見つけました。


マッチ箱の中箱の裏に、恐らくはこのマッチ箱の喫茶店で注文したものなんかをメモったものかと。


coffeeは¥80、カレーは200円。昭和の何年だ、この値段は。
SAKURA family Rei??i(不読)ってなんだ?わからん。


筆跡からすると青いインクの万年筆で書いている様子。くわえていた煙草を灰皿に無造作に置いて、おもむろに胸ポケットからモンブランの万年筆を取り出して書いたのかな、と勝手な妄想をしてしまう。

その光景だけ思い浮かべると結構シブそうだけど、書いている内容が¥80と200円じゃあなあ。大きなお世話だろうけど…。

でも実は案外日本を転覆させるだけのインパクトを持ったメモかもしれんし。んなわけないかもしれんし…。


でも中箱の裏に書くっていうことは、テーブルにマッチ棒をぶちまけてから書いたのか?で、書いた後また一本一本つまんで箱に戻したのか?何やってんだろ?ってな感じです。これも勝手な妄想ですが。



こんなのが出てくるから、古いもの集めはやめられません。



で、この中箱を捨てずに取っておくのか?tamakazoとーさん?



……ハイ。



20071101.jpg



『カラフルなマッチだこと


東京都・自宅
CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.11.02 00:25:41
コメント(4) | コメントを書く
2007.10.30
カテゴリ:tamakazo的お宝
えー、古いカメラやストロボなんかをチマチマとつまんだりしてますと、そこから副次的に得られるうれしいものがあるものです。

一番多いのがフィルム。その次が電池。


今回はそうやっていつの間にかたまってきた電池のご紹介。

そんなものまで後生大事に取っておいてあるのか、というご指摘もあるかとおもいますが、その通りでございます。後生大事に取ってあるのでございます。


そんな経緯で集まってきた電池ですが、一番うれしいのはやっぱり一番手前の四角い電池。ナント22.5V。シビレマスね、絶対。大きさは単三電池を角張らせたものをイメージしてくださればOKかと。ただこれはガラクタ箱から拾ってきたものなので、カメラ関連用の電池かどうかは不明。



ロゴは違えど、ご存知マクセルの電池。でも会社は日東電気工業株式会社(現日東電工株式会社)。

日立マクセルの会社沿革を調べてみますと、昭和36年に日東電気工業から乾電池、磁気テープ部門が分離独立、マクセル電気工業株式会社(現日立マクセル)として独立したようです。

詳細は調べ切れていませんが、この電池のパッケージから推測するに、会社名は日東電気工業となっているので、分離独立する昭和36年以前の代物かと。で、当時、電池はマクセルというブランド名称がつけられていて、独立したときにこのブランド名称が会社名になったと。

あくまでも想像です。確信は持てませんけどね。

どなたかご存知の方がいらっしゃったらご教示願いたく。




次、どこかの機会でフィルム編ということで計画中。



20071030.jpg

見たことある?

東京都・自宅
CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.10.30 23:59:46
コメント(6) | コメントを書く
2007.10.21
カテゴリ:tamakazo的お宝
先週のフリマでの収穫。


灰皿です…



灰皿集めも細々と続けている私が久々にはしゃいだ収穫(ハイ!何でも集めてます)。

ガラクタの山の中でこいつを見つけたときは、もう一目ぼれ。買うこと決定してました。300円だったし。



ヒロタガラスのBYRONというシリーズものらしいです。古いものなのかどうかはまだわかりません。でも気に入ればそれでOK。

この灰皿、当然灰皿ですから灰皿として使われることが当たり前なのでしょうが、私にゃカワイクてとても使えません。ましてや左手でブランデーグラスを持つように持ち上げて、右手で吸殻を底にグリグリと押しつけてタバコの火を消すなんて、もう野蛮の極致ですよ。



相変わらずバカです。




日頃のネタ切れにゃ、こんな3流コレクションのご紹介でお茶を濁していきますので、宜しくお願いいたします。



20071021.jpg

『実は何気に昭和なマッチとタバコ


東京都・自宅
CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.10.21 22:28:55
コメント(4) | コメントを書く
2007.10.19
カテゴリ:tamakazo的お宝
フリマで「箱買い」しました。


普通「箱買い」って多少金銭的に余裕ができてきた大人が梱包の箱ごと買っちゃうやつですよね。「大人買い」とも言いますか。


でもこれはですね、箱の写真に惚れたのです。この箱が欲しかったのです。だから買ったのです。


だから「箱買い」です。


中身はご覧のとおりデッドストックのタンブラー。デカイです。これだけでもう腹一杯になれます。

メーカーはあのFireKingブランドをリリースしていたアンカーホッキング社。普通ならそれだけで買ってしまうほどバカなのですが、今回は箱見て買うこと決めてからメーカーに気付きました。二度喜んだことになりました。いやあ、うれしいです。色も私の好きなアンバーだし。


この写真の感じからすると70年代ですかね。この雰囲気があの頃は好まれていたんでしょうね。


それにしてもゴージャスですね。今で言うセレブさんですか?



20071019.jpg

『一杯いかが? > 喜んで!(バカ)


東京都・自宅
FUJIFILM  FINEPIX 6800Z







Last updated  2007.10.19 21:20:49
コメント(4) | コメントを書く
2007.09.27
カテゴリ:tamakazo的お宝
今日は仕事がヒマ。

禁止はされているけど、あまりにもヒマなんでネットをフラフラと。検索キーワードはCanon F-1とかNewFDとかFireKingとかOLD PYREXとか…。

PYREXで引っ掛けたブログを見ていていたら、なんだかPYREXからどんどん離れていって、日本の昭和40年代の食器ネタがワラワラと。

見たことはあるけど聞いたことのないブランド(その筋では名が通っているそうな)や、私と同世代ならみんな知ってるピエールカルダンのグラス(一家に1セットあったと思われる)とか、ミョーにサイケなプリントのグラスとかポットとか。


懐かしい!シブイ!



当然FireKingやPYREXなんかに比べると、まだまだ屁みたいな値段で入手可能(ただしその手のショップではいい値段してます)。


もうダメです。リサイクルショップに行かなければ!もちろん会社終わったら。




で、早速買ってきたのがこれ。

このアンバーが渋くてたまらんのですよ。

(見つけるところがスゴイと自分で思う)


でも……


わたしはいったいどこにいこうとしているんだろう…。




ま、いっか。楽しけりゃ。



20070927.jpg

ADERIAのCup&Saucer

東京都・自宅
CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2007.09.27 22:49:23
コメント(4) | コメントを書く

全32件 (32件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.