187465 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どーにかなるさ。。。

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

Olympus FL-900Rを… 猫に足を踏まれるさん

今年2回目のディズ… BB25さん

だいふく的心だっ! だいふく007さん
モノISM モンキーサルーンさん
写真を楽しもっと♪ ちょうみん816さん
正しい方向へ jurious(じゅりあす)さん
Kuma64の日記 kuma-64さん
りんご好き日記 りらっくうーまんさん
~虹のラララ~ ひめさま55さん
Mayu’s Space 口MAYU口さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

tamakazo的お宝

2010.06.15
XML
カテゴリ:tamakazo的お宝

毎度毎度フリマに遊びに行ってはカメラ用品ばっかり探しているワタシですが、たまにはこんなモノも買ってます。



  『背景、もっとこだわればよかった…』

  RICOH GX200




懐かしの鶴丸ロゴのショットグラスです。

なんでも1960~70年代にファーストクラスで使われたモノだそうで。

カッコいいっしょ?

この鶴丸、プリントではなくエッチングなのです。手が込んでます。

JALのグッズって結構センスが良くて、見つけると大変うれしいのです。他にもいくつか持ってます。

JALにとっては
、親方日の丸イケイケドンドンの時代だったんでしょうかね。

今は見る影もありませんがね。


さあ、過去の栄華、復活できるか!?


ちなみに、ワタシが実際に飛行機を利用するときはANAばかりです。








Last updated  2010.06.15 23:32:50
コメント(12) | コメントを書く
2010.05.29
カテゴリ:tamakazo的お宝

ソニー製品のデザインって好きなんですよ。

コンシューマ向け家電製品メーカーとしては、アップルとタメ張れる会社だと思ってます。

でもね、ソニータイマーがね…。



ま、タイマーはともかく、フリマではこれまでいくつかソニー製品いくつか買ってます。

ウォッチマン
とかウォークマンとかMDウォークマンだとかサイバーショットとか…。

いくつかは動きますが動かないものもチラホラ。どうせオブジェだから構わんけど。



で、いつかは欲しいと思っていた紙箱のカセットテープ。

先週のフリマで見つけました。

探していれば出会えるもんですねぇ。

大変わかりやすいデザインが好きなのです。



  『10円でした』

  Konica Digital Revio KD-300Z







Last updated  2010.05.30 00:24:11
コメント(6) | コメントを書く
2010.02.14
カテゴリ:tamakazo的お宝

いつものとおり、フリマで買ってきました。

だってケース含めフルセットでほとんど使われていないような外観で、それなりに安くて、ひょっとしたらって…。





タイトルに誤りがあります。正確には、「使えんって!」、です。

動きません。やっぱりジャンクでした。

電池を入れて再生・早送り・巻戻しのボタンを押しても、テープを送るような各部の回転動作はしません。でも、内部でモーターが動いている音がするので、恐らくは回転を伝達するためのベルトが逝っちゃっているのかな、と。

これくらいなら部品があれば直せるんぢゃぁないかとも思うんですが、直してもねぇ、使わんよねぇ。300円iPodがフル稼働しているし、そもそもテープに録音する方法もないしねぇ。





ということで、tamakazo博物館に永久保存ということにしましょうかね。

だけど、いつかはちゃんと動くブツを (`⌒´)!!

あ、お小言はNo Thank Youですよ。もうすでに叱られてますから。


  『本体・ヘッドフォン・Ni-Cd電池・チャージャ・ポーチ・取説全てありっ!動かんっ!!』

  RICOH GX200









Last updated  2010.02.14 22:05:01
コメント(12) | コメントを書く
2009.12.05
カテゴリ:tamakazo的お宝

私、字ヘタです。

昔も今も。

中高生の頃、FMラヂオからのエアチェックに必死で、それなりにテープのライブラリも増えました。

でも、タイトルの文字を書くのがイヤでイヤで…。

ワープロなんか未来の道具だし、うちの田舎にゃインレタ(インスタントレタリング)なんつーモンは売ってなかったし。

しょうがないから手書きで書いて、その結果自己嫌悪と…。

だからあの時ダイモが欲しかったんですよ。すっごく。

ダイモなんて知らない人多いよな、きっと。

でも浮き文字のテープは見たことあると思うんだけどね。



ま、とにかく、昔の欲求を今満たすべく、フリマで見つけてきました。

正確にはダイモじゃなく、三菱鉛筆のuniブランドのようです。

しかもHI-Cのコラボモデル(?)。

ノベルティ好きの私には、2度美味しい獲物でしたよ。

しかも100円だったし。



買ったからって使うわけでもないんですけどね。今さら。





  『HI-Cはどこ行った?』
  RICOH  GX200








Last updated  2009.12.06 22:09:22
コメント(8) | コメントを書く
2009.10.27
カテゴリ:tamakazo的お宝

昨日奥歯の詰め物が取れました。

西京漬けの鮭の塩焼きの皮を食べてたら突然外れました。

仕方ないので今日仕事を早めに切り上げて歯医者に行って、とりあえず仮詰めしました。

でもご飯食べてたらその仮詰めも外れました。

結局奥歯には大穴が開いたまんまです。

次に行けるのは土曜日。

それまで穴開けっ放しです。





ところで、また懲りずにカセットテープ買いました。

バカでしょ?

今度はリサイクルショップです。

叩き売りです。

面白いですね。

特に中列、右列一番下のmaxell Metal Vertex。

色々ネットを見てると、史上最強クラスのカセットテープらしいですね。

これって過去にネットオークションで、ぶっ飛びの1本9,000円の値段が付いたらしいです。

すんごいですね。

それだけ高い評価を得ていたテープがですね、見えますか?48円です。





ピークが過ぎ去り今後消え往くのみの運命とはいえ、ちぃっとばかしあんまりじゃない?

こんなのを探している人種にとっては、笑いが止まらない価格ではありますがね。





今日もやっぱり、ひゃっほーですよ。



  

  『とりあえず並べてみました』
  RICOH  GX200








Last updated  2009.10.27 21:10:57
コメント(12) | コメントを書く
2009.10.18
カテゴリ:tamakazo的お宝

ちょっと古いモノがダイスキな私です。

皆さんご存知のとおり。

だからってこんなモノ買うか?今さら、普通?




  『とりあえず積んでみました』
  RICOH  GX200




いや、私はね、懐かしのSONYのAHFとBHFの2本だけが欲しかったわけですよ。

でもね、そこはフリマの世界。

残るのもなんだから、2本の値段の倍で全部持ってってくれとは出店のオヤジ。

まあねぇ、2本で100円のところ、200円で15本買えるってんだったら、そうしようかね。

ということでお買い上げ。



もちろんカセットデッキなんぞ家にはございません。

こんなの無用です。

完全に私のコレクションです♪

エアチェックを思い出します。



ひゃっほー♪










Last updated  2009.10.18 23:56:45
コメント(12) | コメントを書く
2009.08.23
カテゴリ:tamakazo的お宝

やぁーっと見つけましたよ。

カシオの『世界初のパーソナル電子計算機』、CASIO MINIです。

『答一発!カニオミニ』のアレですよ。

いつものフリマでガラクタの山からほじくり出しました。

ずっと探していれば見つかるもんですね。


  『カッコイイ♪…』
  RICOH  GX200




これは昭和47年(1972年)発売の初代モデルで、当時の価格は12,800円だったようです。当時の大卒初任給が50,000円くらいだったことからすると、今で言えばパソコンを買うくらいの家系的負担だったんでしょうかね。

正直、四則演算(
しかもmax6桁)しかできない微笑ましいマシンではあるんですが、当時の世間一般の生活からすると、便利度インパクトは現在のパソコン購入よりも遥かに大きかったような気がしますよ。




ただね、残念ながら表示系がおかしいです。

写真でも確認できるとは思いますが、実際は「123456」とキーインしているわけですが、ご覧のとおり7セグメント中2セグメントが表示できません。よってちゃんと表示できる数字は、「147」だけだったりするんですよ。

この辺が残念なところなのです。

仕方ないからまた引き続き完全体を探すことにしますよ♪






ターゲットを設定できて大変うれしいのはなぜ?










Last updated  2009.08.23 21:10:13
コメント(12) | コメントを書く
2009.08.15
カテゴリ:tamakazo的お宝

昨日帰省先から帰ってきました。

上信越道はまあまあ快適。途中軽井沢に立ち寄ってコーヒー飲んでパン買って、関越道で25km渋滞表示があったので、北関東道で桐生に抜けて、佐野から東北道に乗って帰ってきました。

都合3回高速道に乗ったのでどこまで走っても1000円の恩恵には与れなかったわけですが、大した渋滞に巻き込まれることもなく、快適なUターンであったことは報告しておきます。



で、今日は別になんかをやるわけでもなく、ダラダラと過ごしてましたが、それじゃあせっかくのお休みがもったいないわけで、午後からチョロっとカミさんと外出することに。

特にあてもなく。

あてもなく辿りついたのが門前仲町の富岡八幡宮でして、そこでたまたま深川八幡祭がやってまして、そこにたまたま取材に来ていたのはあの泉谷しげるオヂサンではないですか。

なんでも「泉谷しげるのコラコラ放送局!」というインターネットサイトの取材だそうで、しっかりとオリジナルグッズ販売のミニショップも開かれてました。

カミさんはそこで買ったグッズ(オリジナル日本手ぬぐい)にサインをもらい、私はタバコの箱をカミさんに渡してサインを書いてもらいました。

箱の裏に書かれました。

ちなみに箱の表には私の苗字がカタカナで書かれてます



「なにぃー、これに書くのか?バカヤロウ!」



テレビでおなじみの泉谷節でした。

でも相当お疲れの様子でした。

今日は暑かったもんね。



  『読めん』
  RICOH  GX200






Last updated  2009.08.15 22:27:02
コメント(14) | コメントを書く
2009.07.29
カテゴリ:tamakazo的お宝

ひっさびさのブログ公開ですよ。

振り返ってみると10日ぶり。

初めてじゃなかろうか、こんなに間を空けたのって。

サボるのも案外気持ちいいもんだ…。



先週末、ようやくラック類が納品されて、これまで買い溜めたものを
やっと収めることができました。

実はレイアウト的には決して良いものではなく、どちらかというとペケなほう(だそうです)。

仕方ないんです。部屋が狭いんです。その上、共同住宅だから自分勝手な鳴らし方もできそうにないし。

んなわけで、どうせ各コンポーネントの能力をフルに発揮できるわけでもないので、まずはこの限られた条件の中で色々と試行錯誤を繰り返していきながら、自分がより満足できる音に近づけていくことにします。

しかもなるべくお金かけずに…。



でもなあ、まずはスピーカーをもうちょっと大きくしたいなぁ。

テレビの左にある角張った箱がスピーカーなのです。

小さいのですよ。



  『この写真だけで、200kgオーバー♪』
  RICOH  GX200






Last updated  2009.07.29 22:46:26
コメント(4) | コメントを書く
2009.07.18
カテゴリ:tamakazo的お宝

先週パワーアンプを買いました。

でもそれだけじゃ音楽が聴けないので、今日プリアンプを買ってきました。

例のごとく中古です。



  『LUXMAN C-300』
  RICOH  GX200


これも1980年頃の発売製品でして、所謂ヴィンテージオーディオですわね。

シブイですよ。

やっぱりこれも当時の新品価格は高嶺の花ってなもんでしたよ。発売から7年後の私の初任給より遥かに高いものでしたから。

やっぱりいい時代だ…。



この前テレビを買い換えたついでに模様替えを計画中でして、来週の土曜にテレビ台やオーディオラックが到着します。家のオーディオの設置と音の調整はそれからです。

が、それまで待ちきれないのがtamakazoでして、試しに繋いで聴いてみたら
聴き疲れしない音質で、これまでのアンプより音に広がりがある感じです。でもアクがない音ということで、良くも悪くも何の特徴もないのでは?ということもありますが、ま、これも組み合わせの楽しさですよ。

繋いでみないとわからないこのドキドキ感。これって撮ってみないとわからないレンズの味と同じですよ。

要は自分の感覚と合えばOKってなこと。

そういう意味ではまあ満足できる組み合わせかな、と。



ちなみに今回これらのアンプを買ったのは中古オーディオ専門店です。ちゃんとメンテナンスされていて、さらには1年保証も付いていたりと、やっぱりここまで古いのを買おうとするとこういうお店じゃないと安心できないです。

こんなところもカメラと一緒ですわ。







Last updated  2009.07.18 23:55:58
コメント(4) | コメントを書く

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.