187457 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どーにかなるさ。。。

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

Olympus FL-900Rを… 猫に足を踏まれるさん

今年2回目のディズ… BB25さん

だいふく的心だっ! だいふく007さん
モノISM モンキーサルーンさん
写真を楽しもっと♪ ちょうみん816さん
正しい方向へ jurious(じゅりあす)さん
Kuma64の日記 kuma-64さん
りんご好き日記 りらっくうーまんさん
~虹のラララ~ ひめさま55さん
Mayu’s Space 口MAYU口さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

うまいもの

2010.05.08
XML
カテゴリ:うまいもの

今日はいいお天気でした。

いいお天気と来れば、やっぱ狩り物でしょう。

というわけで、今日は東京都青梅市までクルマを飛ばし、行ってきましたしいたけ狩り。



…朝思い立ったのです。

今日はチビは部活休み。じゃあどっかに行かないとマズイだろうと頭をひねりまして。

潮干狩りは満ち潮なのでダメ。イチゴはチビに却下され、サクランボはまだまだ。

さて何にしようかなと。

思い立ったのがコレ、しいたけというわけ。



でもただ狩るだけじゃあつまらない。やっぱし狩ってすぐに炭火で焼いて食べたい。

当然でしょ?醤油かけてね♪

そんな都合のいい場所があるんかいなと思ったわけですが、あるんですね、ちゃんと。

雑木林内にテーブルがあって、七輪を置く穴があって、そこに狩りたてのしいたけを乗っけて焼く。

んー、んまかった。

雑木林を渡る風が心地よかったでしたよ。



どこへ行ったか?

写真をクリックしてね!


20100503.jpg

  『かわいいけどウマイ!』

  東京・青梅
  RICOH GX200







Last updated  2010.05.08 22:59:30
コメント(18) | コメントを書く
2010.02.28
カテゴリ:うまいもの

溜まったストレスの解放を狙って、いつもの日帰り温泉に行ってプッカリと露天風呂に浮かんでこようかと。

朝から雨なんでフリマはやってないしね。

でもそれだけぢゃあツマランだろうということで、日帰り温泉の近くで楽しめそうな場所を探して見つけたのが、「さきたま古墳公園」。日本史はキライな私ですが、ただ縄文から古墳時代までは大好きな時代。正確な年号を覚える必要もないし、歴史上重要な有名人がいるわけでもないし、しかも何と言ってもこれらの時代につき物なのは『発掘』だし。お宝掘り出すのって楽しいですからね♪

公園内の博物館には古墳から出土した埴輪や鉄剣、馬の装飾品や武具、勾玉などなど。ぜひとも自分で掘り出したい!

気分はもう墓泥棒インディジョーンズ。




行った場所は埼玉県の行田市。

せっかく行ったことない場所に行くんだから何か地元の美味しいものはないもんかとネットで調べてみたら、あるぢゃあないですか。もういかにも!という感じの見事なB級ジャンクフードが。

ネットって便利ね♪




まずはフライ。

『フライ』といっても揚げ物ではありません。溶いた小麦粉を鉄板の上で焼いて、ソース(または醤油)をかける大変シンプルな料理(?)。見た目、和風クレープって感じです。なんでも昔行田市は足袋の大産地で、作るのが簡単で腹持ちがいいってことで、そこで働く女工さん達に大ウケしたそうな。今回食べたのはそのシンプルなフライに卵とヤキソバをはさんだアレンジもの。巨大なオムレツみたいな風貌の一品でした。

お味は…。

ニッチャニッチャした感触の薄めの生地にソースの味がついているだけの……えーっと、なんだ?お好み焼きっぽくもないし、チヂミみたいな?違うなぁ。なんだろ、ただの小麦粉焼き?とにかく食べながら頭の中はクエスチョンマークだらけでしたよ。

ホント、不思議な食べ物でした。この不思議さは、塩原のスープやきそばとタメ張れます。

でも中のヤキソバは美味しかったですよ。きっとソースの味が濃かったからだと思ってますが…。

見た目はボリュームがあって美味しそうなんですけどね。この店だからなのかな。他の店はもっと美味しいのかな。できればもう一度別の店で食べたいです。


  『ニッチャニッチャですよ』

  埼玉・行田市 某店
  RICOH GX200






お次はゼリーフライ。

ゼリーっていってもあのゼリーじゃないですよ。中身はジャガイモ、タマネギ、人参、おからなどなど、大変ヘルシーでございます。形が小判(銭)に似ているってことで、銭フライ→ゼニフライ→ゼニーフライ→ゼリーフライっていう変遷があるようです。これはなかなか美味しいものでした。

ただこれもソースに漬け込んであって、しかもむせるほどのキツさ。どうやらここの人たちはソースが大好きなようです。

実はこの写真のゼリーフライは2店目の品。最初のお店は薄くなくて俵型。ソースも十分染み込んでなくて、ただパサパサのコロッケみたいでした。2店目でまあウマイね、と言える品に会えて良かったです。最初のまま終わっていたら、そんなモンだと思い込んでもう二度と食べようとは思わなかったでしょう。2店目のおかげでまずは命拾い(そんな大げさな)をしたゼリーフライでした。

なので、ひょっとしたらひとつめのフライも、他の店に行くと感動するような味に出会えるかもしれませんな。


  『新聞ってのが泣けてきます』

  埼玉・行田市 某店
  RICOH GX200





最近B級グルメが流行っています。自治体も力を入れているようですね。今回の2品も行田市のHPから見つけました。これから地方に遊びに行くときは、自治体のHPを見てから行こうと思います。



アタリがあればハズレもあるさ!







Last updated  2010.02.28 22:30:18
コメント(8) | コメントを書く
2009.11.25
カテゴリ:うまいもの

今年もやってきました。

年に一度のtamakazo家カニ祭り。

毎年この時期、ある筋から格安でカニを買ってます。

ある筋と言っても別に怪しいとこじゃないですよ。

友達から紹介してもらった網元から直接買ってるんですよ。

なので、正直驚くほど安いです。




多くは語りません。

美味しかったです。

巨大なズワイガニ。ひとり一匹ずつ黙々と食べたわけです。

ものすごく満足です。

次に食べるのはまた1年後。

それが待ち遠しくないくらい、今はもうカニはいいや…。




  『喰ってみろやぁー!』

  RICOH  GX200






Last updated  2009.11.26 08:02:44
コメント(12) | コメントを書く
2009.06.14
カテゴリ:うまいもの

久しぶりに食べましたよ、モミジイチゴ。

週末、遊びに行っていた群馬県の山ん中で見つけました。

うちの田舎に群生地があって、
子供の頃、それこそ貪るように食べていたものです。

都会じゃまず見ませんからね。

私が知る限り、キイチゴ系ではこれが一番美味しいですね。

採ったとき、中にアリンコが入っていたけど、ちゃんと吹き飛ばしました。

つまりアリンコから横取りしたわけですな。


  『イクラじゃないよ』

  群馬・梨木温泉
  RICOH  GX200







Last updated  2009.06.14 20:21:46
コメント(14) | コメントを書く
2009.04.12
カテゴリ:うまいもの

明日の朝食用に買ってきました。

少々後悔してます。

いや相当後悔していると言ったほうがいいかも。


寝起きでボーっとしているとこで、小倉あんを食べることができるか?

しかも「ずっしり」だし…。


お腹すいているときに食品を買うもんじゃないですよ。


  『どーん!』

  KYOCERA  Finecam SL400R







Last updated  2009.04.12 19:17:09
コメント(8) | コメントを書く
2009.03.11
カテゴリ:うまいもの

ここ数年、肉より魚を好んで食べるようになりました。

別に、肉が嫌いになったってわけではないのですが、どちらを食べたい?と聞かれると、
迷いなく「魚!」と答えます。

晩御飯に焼き魚なんか出てくると、ニャゴニャゴ言いながら食べてます。



年とったせいかな?やっぱし…。




 『サンマの干物サイコー!』

 Canon  IXY DIGITAL 600








Last updated  2009.03.11 21:28:26
コメント(14) | コメントを書く
2008.11.21
カテゴリ:うまいもの

北海道、一晩で15cmくらい積もりましたかね。

寒かったですよ。昼間でもマイナス2度でしたよ。

でもこれからまだまだ雪が積もって、もっともっと寒くなるんでしょうね。



で、世間を賑わせている一品を買ってきました。

行列に並ぶのはイヤだったので、空港内の花畑牧場生キャラメルカフェでセットを食べましたよ。

コーヒーとキャラメルとロールケーキとトリュフがセットになっているやつ。

40過ぎのオヤジがひとりで…。

だって、このセットを食べればキャラメルを2箱買えるんで。



人気出るだけありますよ。

美味しいですもん。

口の中ですぐに溶けちゃうんですよ。

でも、あっという間に食べられちゃうんでしょうな。



なお、積雪のため今回もうろうろできず。

中古カメラ・ジャンクカメラには縁がなかったですよ。

ブックオフでカメラ本は何冊か買ってきましたけどね♪



『うまいのよ♪』

FUJIFILM  FinePix 6800Zoom







Last updated  2008.11.21 22:47:44
コメント(8) | コメントを書く
2008.10.19
カテゴリ:うまいもの

どこか遊びに行くと必ず事前にチェックするのが、地ビールのブルワリーりさいくr(今日は自粛)。

先週会津に行く前の検索でも地ビールを見つけて一安心してましたので。



「猪苗代地ビール」

ここのは4種類の味があって、その中で一番好きだったのがヴァイツェンビールでしたよ。

美味しかったですよ。次に行くことがあれば、こればかり買ってくることにします。



評価はこれだけです。

細かい説明はできません。

美味しい、また飲みたいと感じればそれでいいのです。

あ、そういえば香りがフルーティでしたよ。(それだけかよ!)

しつこいですが私の趣味ですからね。

人様とは感覚に違いが多々あることはご承知置きを。



ところで今日のフリマの収穫について。

逆立ちしたくなるくらいにうれしい獲物はなかったですね。

細々とした物をいくつかつまんできましたが…。

ブツ撮りしてないので、アップはまた後日。

ちょっと早いですが、もう寝よかな。



20081019.jpg

『寝てますな…』

FUJIFILM  FINEPIX 6800 Zoom







Last updated  2008.10.19 22:45:23
コメント(4) | コメントを書く
2008.09.15
カテゴリ:うまいもの

地ビール、好きなんですよ。

一般ウケを考えていない、こだわりを持った味付けが。

つまり造り手の趣味・嗜好がそのまま反映され、(個人的に)アタリハズレが多いところが面白い。

遊びに行った場所で見つけると、大抵全種類買ってきて喜んでます。



今回のは群馬県の赤城山麓で買ったやつ。

コクがありながらも飲みやすいです(あくまでも私的感想ですよ)。

私は好きです、この味。



あと、地ビールってラベルがいいんですよ。

その土地のイメージやビールの素材を全面に押出した、ある意味洗練されていない(あくまでも私的感想ですよ)デザインが大好きなのです。

どこかに地ビールのラベルコレクションのデザイン本ないかな。

とっても欲しいです。



でも、だいぶ前に地ビールブームが去ってしまって、なくなっちゃったものもありますね。

個性的な味だったんですかね。

一般ウケしないと残れないんでしょうね。

ちょっと淋しい限りです。


20080915.jpg

『グラスのことはツッコミなしで!』

CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2008.09.15 20:28:10
コメント(10) | コメントを書く
2008.07.27
カテゴリ:うまいもの

給料日直前の週末(うちの会社、28日が給料日なのですよ)。

暇はあるけど金はなし。

考えた結果、実益を兼ねた暇つぶしのため、近くの用水路へテナガエビ釣りに行くことに。

原価はエサ代だけでいいしね。



チビ助と2人、暑い日差しと高い湿度、やぶ蚊に悩まされながら、タオルを首にかけて汗を拭き拭き頑張りました。



釣り糸たらして水の中を見ていると、いろんな生物がいるもんで、テナガエビ、ハゼ、カニ、金魚、カメ、
メダカ(見間違いじゃない!)、カレイ(絶対見間違いじゃない!) などなど。

結構多様な生態相が出来上がっているもんだと感心していました。

が、いかに河口近くで汽水域であるとはいっても、メダカとカレイが同じ水で泳ぐもんなのか?

恐るべし、江戸川区。



まあとりあえず釣果はこんなもんでしょ。テナガエビ6匹とチビハゼ2匹。ちなみに一番デカいテナガエビは、体長10cmくらい。手の長さ入れたら20cmくらいじゃない?


今晩、から揚げにしてもらうことにしましょ♪



ところで、散歩途中のおっちゃんの話だと、最近この用水路にもブラックバスがいるとのこと。

誰かが放したのか本流から入ってきたのかは知らないけど、この先ハゼもエビもいなくなっちゃうかもね。

迷惑な話です。




20080727.jpg

『から揚げ直前』

東京・自宅
CANON  IXY DIGITAL L







Last updated  2008.07.27 18:09:30
コメント(4) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.