692843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コントラバス演奏記

コントラバス演奏記

PR

プロフィール

ytaki1

ytaki1

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

ytaki1@ Re:ドボ8の謎(04/22) 約14年の時を経て、ついに問題は(ほぼ)…
ytaki1@ Re:ドボ8調査結果とおまけで新世界調査(04/26) 約14年の時を経て、ついに問題は(ほぼ)…
渓です ありがとうございました@ Re[2]:楽器の調整へ大阪往復(12/7/21)(07/21) ytaki1さんへ お返事ありがとうございまし…
ytaki1@ Re[1]:楽器の調整へ大阪往復(12/7/21)(07/21) 渓 朝子さんへ はじめまして!コメントあ…
渓 朝子@ Re:楽器の調整へ大阪往復(12/7/21)(07/21) 初めまして。 実はプロのチェリストさんの…

バックナンバー

2022.08
2022.07
2022.06

ニューストピックス

お気に入りブログ

†Music lover† ☆★麗華★☆さん
長期休暇の記録とそ… aipingpangさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

購入履歴

2012.10.28
XML

2012年秋のシーズンもいよいよピーク。暫くは隔週本番、というなかなかタイトなスケジュールです。まずは第一弾。所属オケの定期演奏会です。

 内容の詳細はこちら
 当日の様子はfacebookの八幡市民オケのページにも掲載されています。

あいにくの雨模様でしたが、700名あまりのお客様にお越しくださり、無事演奏会を行うことが出来ました。バスは団員5名。前回のマーラーから1名増えましたが、まだ大編成のオケのバランスには足りず、海とスペインでは3名、ブラームスでは1名のエキストラの方に助けていただきました。こんな感じ。

 

DSCF3955s.JPG

 

いつもこういうフルメンバー揃って練習できれば嬉しいのですが・・それはちょっと贅沢かな。

 録音で聴くと、ブラームスはじめ、チェロ10名という分厚い布陣に伍して結構まともな音量で聞こえてきます。強力エキストラメンバーの正確な音程のおかげで、パートの音程に一気に収束感が出て、かなりの安定感です。やっぱり「バスは音程」であることを痛感しました。

 個人的には生まれて初めて「フレンチ弓」で本番ステージに乗りました。周りのフレンチ奏者(チェロ、バス)に色々聞いたり、見よう見まねで何とかこぎ着けた感じです。
まだ安定にはほど遠く、これからも出来れば何か1曲はフレンチで弾いて、慣れていくしかないですね。けど、フレンチスタイルの良さが発見でき、やはりフランスものにはいいかな、という感じがしました。

DVC0000001.JPG これはフレンチの弓ケース。形状がジャーマンのと異なります。このケースにはGary Karrの自筆サインが入ってます。

さて、次回定期演奏会は2013年5月26日、場所は同じ八幡市民文化センターで、

  • ブラームスの悲劇的序曲
  • メンデルスゾーンのイタリア(交響曲第4番)
  • レスピーギの交響詩「ローマの祭り」

というプログラムです。 曲的には、レスピーギでフレンチ弓を使おうかと思っています。

そのまえに、今月11/25には、同じく八幡市民オーケストラの「室内楽の集い」があります。これも八幡市民文化センター(小ホールとなります)。入場は無料です。
こちらにも出演予定ですので、ぜひお越しください。







最終更新日  2012.11.04 18:17:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.