1772517 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常を楽しく、ここちよく。

PR

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Rakuten Card

2019.01.10
XML
最近、トルコのラグやキリムや雑貨にときめくことが多く、

ちょっとしたマイブームに。


実は一目惚れしたラグがあって、、

悩んで悩んで悩んだ末に、


買ってしまいました〜 きらきらきらきら






トルコからはるばる届いたそれは、

ビンテージの風格たっぷり。



1950年〜1970年くらいのものらしいです。

実は待ちわびていたラグが届いた時の最初の印象は、

わーい!ではなく、

うーん??


だったのです。

購入した時から多少覚悟?はしていたのですが


使用感もそれなりで、

コンディションがいいのか、悪いのか、

素人にはよくわからなかった。






でも、ビンテージラグというのは、

その使用感が味であり、良さなわけですが、

私自身、その良さが一目でわかるほどの絨毯のツウでもなく、

味も価値もよくわかってないど素人です。



しかし、

思いのほか、

我が家のインテリアには馴染んでくれて、


これはやはり、

新品では味わえないものじゃないかと、

思うに至りました。




娘はウソがホントか、可愛いと言ってくれました。

嬉しい。

夫は悪くないんじゃない?と一言。

息子は反応なし。笑


私自身も

最初の印象より

日に日にしっくりくるようになり、

今では色んな角度から眺めては、

嬉しくてにんまりしています。


日本ではなかなか見られない色合いと、

温かみのある可愛らしいデザイン。

日焼けして、ムラのできた優しい赤色。






その時代、

遠いトルコで女性により手織りされた絨毯の

秘めた歴史を感じずにはいられません。


魅惑のトルコ〜

学生時代に一度旅行した時は、

絨毯には全く興味もありませんでしたが、

今度行くチャンスがあれば、

カッパドキアに買い付けにでも行きたいなー!

なんて、思っています。












​​​​ 





にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村​​​​





​​​​






Last updated  2019.01.10 19:53:43
[リビング・ダイニング] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.