345243 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

たまよみ(きょうの、一食。)

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

個展開催中@京都 マツモトヨーコさん

「マツモトヨーコ絵… ギャラリーMorningさん

歩楽style 歩楽styleさん
半身浴生活であなた… 半身浴ライフ・プランナー/どかやんさん
***買い物中毒バ… ぱよとぽよさん
おかまさ・たけのこ・… たけのこ松茸カキ農園さん

Comments

たまよみ.@ Re[1]:楽しい、忙しい。(02/13) マツモトヨーコさん >新プロジェクトいい…
マツモトヨーコ@ Re:楽しい、忙しい。(02/13) 新プロジェクトいいですね。楽しみです。
たまよみ.@ Re[1]:地味に暮らしたい(12/22) マツモトヨーコさん >単独のもだけど、…
マツモトヨーコ@ Re:地味に暮らしたい(12/22) 私は以前穂村さんとしりあがり寿さんの対…
たまよみ@ Re[1]:似合うかも。(10/28) マツモトヨーコさん >橋本愛ちゃんですね…

Freepage List

全2816件 (2816件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017/03/15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
まだ寒い、油断できない京都。お彼岸が過ぎるまで。

ここのところ月曜日も京都から出ないで終わる。バタバタできない、感じ。トシか、門限か。
/いいお肉で胸焼け。なのに翌日お昼に300グラムのハンバーグ。ちょっと懲りて、おかげで控えめの地味ごはん。そして腹筋30回。
/あれ、絵が変わった?ノクターン。またもや泣かされた「カルテット」。ホッチキスもステッドラーも使えば同じ。呼び名にすぎないということかな。ひとまず。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/15 12:56:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/11
カテゴリ:カテゴリ未分類
続々と福を呼ぶ福村真美展(のような気がする)。画像はすべて福村真美作品。同じ場所を視点を変え、技を変え、くりかえし描く。立体的にたちあがってくる場の空気。風景のかたちを借りて表現されるもの。
前の部屋はさながらモネの睡蓮の間のように水面にうつりこむ世界につつまれている。
回を重ねてすこしずつわかることがある今の自分で、最初の頃の作品を観てみたい。遠くから観たり近くで観たり、時間も移動できればいいのに。


読み始めた「騎士団長殺し」とリンクする画廊にやってきた90歳のおばあさん八重さん。物語も世界もいろいろな角度から見ることが楽しい。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/12 10:23:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/09
カテゴリ:カテゴリ未分類
ちょっと違う画像並べ。
ここんとこ真面目につくってる晩ご飯と休日の植物園は月曜日もオープン。風邪ひいてる相方の妙にテンションあがった「見てみ、あれチューリップやで、きっと」がおもしろい。(右上)
梅の芳わしいかおり、温室のレアな花々。ここにくるとつい撮ってしまう。後で見返すことのないのもいつもながらだけど。

/きっかけは「カルテット」8話。今までに比べるとやや地味な回と思いきや最後数秒でゾゾっとこわい。イチニチフツカたつほどに、一方通行の想いの切なさがじわっと思い出され、そしてまたうめこまれた伏線を捜しに行きたくなる。
//福村真美作品も毎日変化する。ギャラリーの外から引き込まれるように入って来られる人、どこかで案内状を見て初めて来てくれる女性が多い。その水面になにかがあるのか。
//ミッション3がヘナチョコっと終わったので、いよいよ騎士団か。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/09 10:59:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/02
カテゴリ:カテゴリ未分類

/造形大の坂のうえに猫数匹。のどか。抽象画が増えた!
/鴨団子鍋となぜかキッシュ。いただいた水菜をたっぷり。かれいの煮たの、人参の胡麻ポン酢。キャベツがない日のチヂミ。柳川風かしわとごぼう。根菜の煮物がなによりおいしい。スライスした皮ごとリンゴをグリルで焼いたものを最近よく食べる。いやそうな目で見られる。
/付き合ってもらえそうにないので、ひとりでも千円(正式には1100円)になる水曜日にいつになく早めの身支度。「彼らが本気で編むときは、」(荻上直子監督・脚本/故りりィさんも出演)斗真さんファンということを抜きにしていい映画。ファンとしてもいちばん心に残る。女性監督のほうがいいんじゃないかと、、。こころが女なのに身体が男はきつい。そのキツさがあんまりわかってなかったので、少年時代の母子のシーンからずっと泣いてた。最初は気持ちわるがっていた トモも、悔しい、と思いやって泣いてくれる。おとなより柔軟。こころも成長するんだな。母と子の関係も世代や性別をこえてしみる。穏やかななかに強さ、弱さを越えたところにある寛容。わたしもほしい。絶対的な味方になりたい、なってほしい。学校で上映するところもあるのも納得、なにも押し付けることなくあたりまえのことをえがいたいい作品。
/「カルテット」もこころの機微が秀逸な台詞になって丁寧な脚本。上り坂下り坂、そしてまさか、の人生。4人いれば4人の坂。そういえば脚本は「坂」元裕二。彼編み(短縮形)の唐揚げにもレモンが添えられていた。基本、塩でいいや。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/02 09:35:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/19
カテゴリ:カテゴリ未分類
日曜日、ほどほどにひとが来てくれて、今週(画廊が日曜日区切りなので)も終了。
ふりかえればいいことひとつ、ふたつ、あったので来週もがんぼろう。つぎは土曜日まで。
ただいまの展覧会に参加してもらっている上坂秀明さんが続・京都日本画新展で大賞受賞。ツチノコか、と思うほど希少な本人もご家族と時差で登場してくれて、ちょっとナゾトキしてもらう。
写真上段はただいまの展覧会から一部。十二人それぞれの個性が描く植木鉢のある風景。

/大河の台詞でおお笑い。阿部サダヲさん「身にあまる光栄、、」菜々緒さん「(つまらなそうに)わたしも身にあまっております、、」
//ミッション2終わって、あとはそろばんどんぶり勘定。
/土井先生の一汁一菜を心の共に。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/02/20 08:03:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
今月の第一ミッション、とっくに身分証明と化している大事な免許更新。この不便な立地も今回までか。せっかくだから、隣の駅で「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」展へ。紙にグアッシュで描かれた作品が好き。寒いテラスで珈琲よりも甘いものよりも黒ビールで勢いメールする。伝わったかな。

義父のお昼用に毎日おにぎりをふたつ。残ったら、夜に焼きおにぎり。むかし、握り過ぎてかったいのを山へいく相方に持たせたらバスに酔ったと聞いて、とりあえず握りすぎないことを心がけて。ほかに上達はしてないけど。
//タラもポークもチキンも最近のブームはオリーブオイル多めでコンフィ風にソテーするもの。たまに生ワカメとか。食べたくなるのは不足してるということかな。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/02/16 12:03:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/13
カテゴリ:カテゴリ未分類
二月はお誕生日月というのを言い訳に、美味しいと噂の広東料理、と言っても適正価格。春巻き好きということを思い出した。春巻きースプリングロール!春近し。
土曜日のパーティ。おなじみだけどなかなか会うことがない人たちも来てくれて、ありがとうございます。楽しみなプロジェクトもまずは1回目。続くことを願って。

/課題。免許更新と案内状発送と確定申告。そして、引き寄せたい今の展覧会のグッドニュースを。二月は逃げる、とな。
/景品の新しい体重計来たる。アナログでアバウトだけど、これだけ食べて、昨日より増やさないだけでもいいんじゃないかい。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/02/14 08:00:59 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/02/11
カテゴリ:カテゴリ未分類
いくどとなく節分を迎え、過ぎる。
三日の夜、晩ご飯を食べてから、お札を持って吉田神社まで夜の散歩。火炉祭の時間までは待てずあずけて帰る。厄除けの人がたをもらった袴のおじさんがご機嫌で、福をもらったつもり。

/やっと近くの映画館にきて「この世界の片隅に」を観る。
日々の暮らしがちょっとずつ変わらざるを得なくなっていって、笑うことができなくなっていく。でもまたゆっくりと暮らしのあたたかさ、人の優しさを取り戻していく。主人公ひとりの特別なできごとじゃなくてみんなそれぞれに起こること、、できれば繰り返さないように。のんちゃんの貢献度大。
/「植木鉢のある風景」ということで12人の作家に依頼した展覧会。ライターさんに「ウデのたつメンツ」と表現されて自分のことのように嬉しい。いい作品が多くて別の意味でなやましい。実店舗オープンまぢかのそらとぶぱん舎さんにお願いしたレセプション用おまかせパンが届いて今夕はパーティ。
/ことしは雪景色多い京都。山が近い。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/02/11 01:40:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/02
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週の田中詩奈個展。初個展なので在学中の大作もあるけれど、最新作のおもしろさが次につながればいいなあと思う。上段5点、田中詩奈作品

/大阪、水曜日に(しか出られなかったので)観られるとこだけでも。
enocoからsutudio Jの位置関係を知ってから、行動範囲も広がってみられるものも増えた。
北浜下車から西天満を抜けて江戸堀あたりまでの徒歩圏、若干ずれる伏見町(古川樹展)へも。京都に比べればあたたかい大阪は地下をさまようより健全な地上歩き。左足くるぶしあたりの痛み、階段での息切れ、現状は日々変化するにまかせる。
/何度か観るのが習慣になりそうな「カルテット」。
Wi-Fiがつながる、泣きながら食べることができたら生きていける、ネット社会に負けないシャンプーつながり、、、もっといろいろありそうな。すずめちゃんが弾き直した曲名はわからないけれど葬送曲っぽい。職業柄気になるノクターンに掛かっている絵は流麻仁果作品かー。
/相方が恒例のお伊勢詣りで買ってきた壬生菜で鴨団子鍋くりかえし。ネコヤナギで正月花をリメイク。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/02/03 12:45:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/26
カテゴリ:カテゴリ未分類
月曜日、上村亮太さんのファンク・ラブ(ファン倶楽部ではなく)第一回のお散歩へ。
あいにくの雪がそれらしく、冬のダムもがさがさの道も、上村作品にリンクする。途中のにぎやかな東山市場と高田屋のあたたかさで締めて解散。初めてづくしが楽しい一日。

冬休みのあいだにひいていた風邪でいつかのカナダ以来の咳をしていたせいか、左胸がいたい。筋肉痛のようだけど息が浅くなって、あせる。返却本を読みがてら半日寝たり、してみたり。
「地鳴き、小鳥みたいな」(保坂和志著)/小説じゃなさそう、、と途中で気づくもあいまいな「私」と「僕」と「保坂」と。翻弄されつつも、近い年齢のひとが吐露する「もう今から猫は飼えない」くだりにぐっとくる。キース・リチャーズはわからないけどサザンオールスターズは持っているのでひさしぶりに聴いたらやっぱりよかった。とくに暗め(しずかな)の曲。「カルテット」の主題歌も歌詞がいい。ドラマも惹かれるポイントが満載。アベマリアからカラオケでの思い出の曲へさりげなく変わっていくあたり、4人の声、「谷間さん」での反応、宇宙人をみたときのまきさんの後ずさり。気づくか気づかないかの境目のあわいが心地いいのだな。
/CDが悪いのか、プレイヤーが悪いのか、一曲だけリピートしたり、とんだり。翻弄される。
/お茶を頼んでいるところが、いつもお茶以外の野菜を一緒に詰めてくれる。今回は少ない量のわりに細長い箱できたと思ったら、箱にぴったりサイズのおっきな大根が二本!感動。
/カレーライスからカレースパゲッティ。芽キャベツが美味。
/保坂さん流に言うと、「外の猫」も黄土色の服が好き。プーも黄土色のセーターは熱心にハナをくっつけてきてた。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/01/27 11:41:28 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2816件 (2816件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.