9925574 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

主人が当たったシャ… New! いしけい5915さん

4日目>『エール』(… New! ひじゅにさん

きのうから、レジ袋… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

梅ちゃんの持ち腐れ New! YOSHIYU機さん

コメント新着

くみ1@ 7/2 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
megumi@ Re:春ドラマ視聴率一覧3と感想(2020年4~6月期)&これから開始ドラマ(06/30) New! 木村拓哉さん主演の【BG~身辺警護人】は視…
2009年01月09日
XML
カテゴリ:’09冬ドラマ

山田太一さん脚本なので、覚悟はしていましたが・・・

やっぱり、眠かったですね。うっしっし

これ、主要人物が演技力のある人ばかりだったので、それでも見れましたが、駆け出しの大根役者じゃ、見てられないんじゃないでしょうか?

それくらい微妙な話でした。

テンポがゆっくりなのは山田さんらしいし、芸術的なのも山田さんらしいですね。

いかにも山田さんらしいドラマでした。ウィンク

 

主役の仲間さんと加瀬君は、好演されていて、ほのぼのとしていて、良かったです。スマイルピンクハート

駅のホームから飛び降り自殺しようとしていた男性(陣内孝則)を助けようとして出会った2人。電車

その2人がお互い心を惹かれあっていくのが、今回は中心でした。ピンクハート

最後に、自殺を止めてもらった陣内さんが、警官に頼んで、2人に御礼を言いに来るんですが・・・

 

罵倒したことを謝って、助けてもらったお礼を言って、その後・・・

ホームで線路から離れていたのに、どうして自殺しそうだと分かったのか聞きました。

もしかしたら、2人も死のうとした経験があるんじゃないかと言って・・・

驚き、困惑する2人。

怒る警官。

 

でも、それは、私も最初から思いました。

きっと似たような気持ちを抱いたことがあったから、分かったんでしょうね。ピンクハート

見ず知らずの人なのに、放っておかないで、ちゃんと助けてあげて良かったです。青ハート

淋しい者同士、惹かれていくのでしょうね。ウィンク手書きハート

 

このドラマは、きっとずっとこんなゆったりとした感じでこれからも進んでいくのでしょう。

最近のドラマ、サスペンスやミステリーが多く、疲れる物が多いので、たまにはこういうドラマもいいかもしれませんね。

個人的には、加瀬君のキャラ、良かったです。スマイルピンクハート

陣内さんも警官の塩見三省さんもいい味出してました。花

仲間さんもベテランなのに、初々しかったです。ウィンク手書きハート

 

視聴率は、12.5%でした。びっくり

Yahooニュースには、いい視聴率と書いてありましたが、ちょっと低くないでしょうか?わからん

先日の『トライアングル』は、同じ10時台ですが、14.7%でした。

それとも、最初から一般受けを狙っていないので、このくらいでいいってことかしら?

とにかく、良くも悪くも荘厳な第1話でした。うっしっし

 

【キャスト】(公式HPより)

中城加奈(仲間由紀恵)(29歳)業務用厨房機器の販売会社に勤務

田崎翔太(加瀬亮)(31)左官職人

藤本誠(陣内孝則)(50)自殺しようとした孤独な人

権藤(塩見三省)(53)警官

中城桂(戸田恵子)(50)加奈の母。自宅で人形教室を開いている

中城朋也(岸部一徳)(54)加奈の父。サラリーマン

中城静江(八千草薫)(76)加奈の祖母。加奈とは祖母と孫というより友人同士のような関係。

田崎重夫(風間杜夫)(54)翔太の父。市の関東水道局に勤務。5年前、離婚

田崎四郎(井川比佐志)(77)翔太の祖父。左官の親方

安藤律子(キムラ緑子)(48)翔太の母。5年前、男を作って家を飛び出して行った

神戸幸作(松重豊)(42)左官職人。翔太の先輩。

 

【脚本】山田太一

【主題歌】エンヤ「ありふれた奇跡」

    (原題:Dreams Are More Precious’  アルバム「雪と氷の旋律」に収録)

 

【1話粗筋】(公式HPより)

業務用厨房機器販売会社に勤める中城加奈(仲間由紀恵)は、打ち合わせに向かうため電車から降りた駅でホームに立つ1人の男性(陣内孝則)に目を止める。いったんは出口へ向かいかけた加奈だが、再びホームに戻り静かに男に近づく。たまたまホームに居合わせ、そんな加奈の行動を見ていた左官をしている田崎翔太(加瀬亮)もまた男に何かを感じて近づく。ホームに電車が滑り込んでくると、線路に飛び出そうとした男を間一髪のところで捕まえ、引き戻す加奈と翔太。

 警官・権藤(塩見三省)の立会いのもと、駅員室に呼ばれた3人。藤本誠と名乗るその男は、自殺しようとしたことを強く否定し、突然つかみかかってきた加奈と翔太を激しく非難するが、権藤の配慮で2人は帰される。そのまま駅で別れるが、翔太は加奈を追いかけ駅を飛び出す。しかし、加奈の姿は見つからず、仕方なくコーヒーショップへ入ると、偶然加奈が店内にいた。ぎこちない会話の末、翔太は思いきってメールアドレスを聞き、翌日からメールのやりとりが始まる。

 仕事を終え帰宅した加奈。居間では人形教室を開いている母親の桂(戸田恵子)が、生徒たちと目前に迫った展示会に向けて作業中。祖母の静江(八千草薫)は、自室で落語を聞きながら焼酎を飲み、父親の朋也(岸部一徳)は自室で隠れるように何かをしていた。同じ頃、左官の親方である祖父の四郎(井川比佐志)と市の関東水道局に務める父親の重夫(風間杜夫)との男所帯である翔太は3人で食事をとっていた。

 そんな折、交番の権藤のもとへ誠が訪ねてきた。誠は加奈と翔太の住所を知りたいと申し出る。一方、重夫の前には5年前に男を作って飛び出していった元妻・安藤律子(キムラ緑子)が派手な格好をして現れた。驚く重夫に律子は...。

 権藤は、加奈に誠が二人の住所を知りたがっていると警告するが・・・・。
 様々な心に問題を抱えた人間たちが絡み合い物語は動きだしていく。

 


『ありふれた奇跡』オリジナル・サウンドトラック/TVサントラ[CD]


《メール便なら送料無料》【 新作CD】エンヤ / 雪と氷の旋律 <2008/11/12発売>(主題歌収録)

 







最終更新日  2009年01月09日 17時02分03秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.