9359327 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

世界が広がる>『ス… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (12… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

水行?滝行? New! 三人文殊さん

スカーレット  と… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 12/6 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
neko天使@ Re:【スカーレット】第10週ネタバレ(12/2~12/7)と感想&視聴率(11/30) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
2009年04月16日
XML
カテゴリ:’09春ドラマ

初回視聴率は、14.1%で、良かったです。

昨日までに始まった連続ドラマの中で、「アタシんちの男子」と並んで、トップです。スマイルグッド

前作「相棒」が高視聴率だったので、その好影響もあるのかもしれません。

次回が、真価が問われると思います。クール

 

【第1話粗筋】 (公式HPより

とあるマンションで男女の変死体が発見された。検視補助官の留美(松下由樹)、検視官心得の一ノ瀬(渡辺大)は現場に駆けつけるが、肝心の検視官・倉石(内野聖陽)の姿が見えない。所轄の刑事が怒りを爆発させていると、倉石が自宅のベランダで育てているキュウリをかじりながらやってくる。呆然と見つめる刑事に「朝採り!」と野菜を手渡すと、さっさと検視作業を開始する倉石。
 一通り検視が終わった倉石は一ノ瀬に見立てをさせる。青酸化合物を所持していた女性による無理心中、という一ノ瀬の見立てに間違いはない。だが、「女はなぜ昨夜犯行に及んだんだ?」倉石の質問に一ノ瀬は激しく反発する。死因を究明するのが検視官の仕事、犯行に至った経緯などはわかるわけがない、というのが一ノ瀬の言い分だ。が、倉石は「死者のために検視で拾えるものは根こそぎ拾え!」と言うなり、一ノ瀬を現場に残し、留美とともに新たな現場へ向かってしまう。

 郷土史研究家の上田(小島康志)が、自宅地下室で変死体として発見されていた。凶器はダンベル。
倉石はためらい傷があることから自殺と見立てるが、何かにつけ倉石と対立する捜査一課の立原(高嶋政伸)は、してやったりとばかり壁に書かれた文字を示す。

「時来たり 須藤の山芋 うらめしや」。

 立原によると、上田には須藤明代(筒井真理子)という知り合いがいるという。ということは、これは明代に対する恨みのダイイングメッセージ。立原は自殺ではなく殺人、しかも犯人は明代だと言い放つ。
 しかし、倉石は自殺という説を曲げようとしない。留美らとさらに遺体を調べ、自殺であることを証明しようとする。
 一方、立原は上田が講師を務めていたカルチャーセンターの事務員・奈美(メイサツキ)から、上田と明代が不倫関係にあったことをつかむ。やはり男女関係のもつれから明代が上田を殺害した...。
 他殺で捜査を進める立原に、自殺と見立てる倉石は捜査会議に怒鳴り込む。
 激しく対立する倉石と立原。立原は、刑事部長の小松崎(伊武雅刀)に倉石を検視官から外すよう直訴するのだが...。

 

【原作】 「臨場」 横山秀夫

【脚本】 佐伯俊道・坂田義和ほか

 

【主役】 倉石義男(45)[内野聖陽]: 警視庁刑事部鑑識課・検視官(警視)

       検視官としてその眼力の鋭さは伝説と化し、

       死体の目利きにかけては他の追随を許さない。

       他人の見立てに対して「俺のとは違うな」が口癖。

       豪放で破天荒、歯に衣着せぬ口調で上司にも平気で盾を突く。

       組織には馴染まぬ性格だが、一方で信奉者も多い。

       趣味はガーデニングと家庭菜園。

       かつて結婚していたが現在は独身。

 

- - - - -

残念ながら、私はイマイチでした。ほえー

このドラマが好きな方は、以降の私の感想は読まないでください。

 

以前の「ゴンゾウ」が好きだったので、同じ内野さん主演ということで、「臨場」も期待していました。

でも、ちょっとがっかりでした。ほえー

雰囲気は、「ゴンゾウ」に似てたんですが・・・

あの内野さんのキャラ、検死官・倉石義男、どうも好きになれないです。

やたら、自信たっぷりで。

「こいつら(亡くなった人)にとっちゃ、たった一度の人生だったんだ。手を抜くな!」

というセリフは、良かったですが。

「検視で拾えるものは、根こそぎ拾ってやれ!」

このセリフが苦手です。ほえー

「根こそぎ拾う」という言葉が何度も出てきました。

「おまえの人生、根こそぎ拾ってやる」と、公式HPのトップページにもあります。

検視で分かるものは、最大限見つけてやるということのようですが・・・

監察医もいるはずなのに・・・

彼を優秀に見せるためか、刑事達が無能で・・・

よくあるパターンですね。しょんぼり

「相棒」とか「キイナ」のように、コメディなら極端でも気にならないんですが・・・

 

女性キャラもちょっと・・・

『新日新聞』の女性記者、花園愛(金子さやか)も、なんかよくあるタイプの取材のためなら、手段を選ばないタイプで。

松下由樹、好きなのに、あの人のキャラ、小坂留美もなんだか、ちょっと・・・ほえー

由樹さんの良さが死んでる感じ。。。

残念でした。しょんぼり

「ゴンゾウ」のパート2をやって欲しいです。スマイル手書きハート

 


臨場


ゴンゾウ 伝説の刑事 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!

 







最終更新日  2009年04月16日 19時17分29秒
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.