9565894 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

スカーレット、スク… New! らぶりーたわ子さん

ええ子>『スカーレ… New! ひじゅにさん

昨年の今頃はどうだ… New! いしけい5915さん

コメント新着

夢穂@ Re:【スカーレット】第19週ネタバレ(2/10~2/15)と感想&視聴率(02/08) New! こんにちは。お久しぶりです お忙しくされ…
三連星@ ドラマ3本 (スカーレット) 今週はどんよりとしてい…
2009年12月22日
XML
カテゴリ:’09秋ドラマ

【最終回視聴率追加済】(12/22)

最終回の視聴率は、前回の13.3%より少し上がり、14.0%でした。

平均視聴率は、15.8%です。

この月9枠では、『CHANGE』(2008年4月期)以来、5作品ぶりの15%越えとなりました。

この秋クールのドラマの中では、『JIN』『相棒』に次いで、3位でした。スマイル

* * *

奏(小栗旬)は、念願だった神野(仲村トオル)に、やっと手錠をかけることができました。

由岐(吉高由里子)は、神野に殺されそうになりましたが、奏とマルオ(水嶋ヒロ)が来て守り、殺されませんでした。

良かった良かった♪

でも、奏は事件が解決したので、ニューヨーク市警に帰るとのこと。涙ぽろり

マルオと由岐が見送りに行きました。

マルオが気を利かせて、由岐に追いかけるよう促しましたが・・・

背後から追って来た由岐を、奏は投げ飛ばしてしまいました。びっくり

ここが一番面白かったです♪(笑)

由岐さん、お怪我はなかったでしょうか?

奏「背後から近づくなって言っただろう」と言いましたが、

好きな女性が追いかけてきても、投げるなんて・・・ショック

だから、奏が好きです♪大笑いピンクハート

 

あと面白かったのは、マルオと由岐が奏の後をつけて、高倉家に来て、初めて、奏の母、京子(田中好子)に会ったこと。

3人に死なないように、お守りをくれました。

そのお守りが、交通安全と、安産、合格祈願!

確かに、銃殺から守るお守りってどんな物か分からないけど、それにしても、トンチンカン♪うっしっし

その上、京子さんは、ドラマみたいに撃たれてもこのお守りが弾を止めて助かるかもと・・・

奏が真面目に

奏「これ、貫通しますよ」

そうだよね。

普通のお守りじゃ、貫通しちゃうよね。

何か、鉄板でも入れておかなくちゃね(笑)

でも、お守りの成果があったのかどうか分かりませんが、奏もマルオも神野に撃たれましたが、死にませんでした。

良かった良かった♪

最後まで、コネタで笑わせてくれました。スマイル

 

本筋は、ニューヨーク市警から、三上真一郎(別所哲也)らが来日して、三上が神野捜査の指揮権を握りました。

そして、由岐を自分たちの監視下に置くと行って、別のホテルへ連れて行きました。

結局、三上達が来たというだけで、捜査内容は、前回と似ていました。

麻薬取引はダミーで、神野の目的は、アメリカの麻薬王、デイビッド・ロッシを殺すこと。

前回は、ダミーの麻薬取引の間に甲斐崎ヒロト(水上剣星)が殺されてしまいました。

今回は、それがロッシに代わっただけのこと。

それが三上は信じてくれなくて、彼らが麻薬取引の検挙に行っている間に、奏達は、ロッシの行き場所を突き止め、向かいました。

それは、ロッシの娘、ニーナ・ベリーニの参加するコンサート。

「アース シンフォニー クリスマス コンサート」

益子礼二(東幹久)さんの家族が見に行ったものでした。

そこで、奏が予想した通り、神野達を見つけましたが、逃げられてしまいました。

 

そして、由岐と神野の約束の場所へ。

約束の場所は・・・

「イブからクリスマスに日付が変わる時、教会の鐘が鳴るんです。

その横の広場に大きなクリスマスツリーがあって、その鐘と同時に点灯する。

また、この鐘を一緒に聞こうねと約束しました」

 

それしか分からなかったのに、マルオはその場所が分かりました。

すごいよ、マルオ!

確かに、そこは綺麗な場所でした。

そこで、神野と由岐が再会。

でも、由岐は神野を殺すつもりで、大きなナイフ(包丁?)を持っていました。

あれ、どうやって隠してきたんでしょう。

バックから出したという感じじゃなかったし・・・

そして、悲しそうな神野・・・

神野はナイフを見て、銃を取り出し、由岐に向けました。

そこへ、マルオと奏が駆けつけ、マルオが由岐の前に立ちました。

やっぱりマルオは優しいです♪

奏と神野が撃ち合いになり、マルオも撃たれ・・・

でも、前述の通り、3人とも死ぬことなく、奏は神野に手錠を掛けました。

良かった良かった♪

 

今回は、前述の通り、内容的には、前回と同じようで、目新しかったのは、クリスマスの再会だけでした。

ニューヨーク市警の三上達を登場させて、変化を持たせ、奏がニューヨークに帰るということを現実的にしました。

一番印象に残ったのは、最後の空港でのお見送り。

ラブシーンになるはずが投げ飛ばされて、その上、スーツケースが盗まれて、皆で犯人を追っておしまい。

東京DOGSらしく、笑いで閉めてくれました。

可もなく不可もなく、東京DOGSらしい最終回でした♪スマイル

 

尚、来年1月11日からは、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』です。

『コード・ブルー』も大好きだったので、楽しみです♪

 

視聴率推移】 (関東地区)

[1話]18.7%   [2話]18.2%   [3話]14.4%   [4話]16.1%

[5話]17.1%   [6話]14.7%   [7話]15.3%   [8話]15.7%

[9話]13.3%   [10話]14.0%  [平均視聴率]15.8%

 

【最終回粗筋】 (公式HPより)

高倉奏(小栗旬)は、勝手に甲斐崎ヒロト(水上剣星)の病室に行った松永由岐(吉高由里子)に怒りをぶつける。工藤マルオ(水嶋ヒロ)や西岡ゆり(ともさかりえ)がとりなそうとするが、奏は本気で由岐の身を心配していたようだ。

特殊捜査課は、捕らえていた神野京介(仲村トオル)の部下から、麻薬の巨額取引の日時を探り出す。それは、12月24日で、神野が由岐と再会の約束をした日だった。ニューヨーク市警からは指揮官、三上真一郎(別所哲也)らが来日。三上は、今後の神野捜査の指揮権と由岐を自分たちの監視下に置くと宣言。由岐は身柄をホテルに移された。

神野の取引相手と、その場所はなかなか判明しない。だが、三上はアメリカの麻薬王、デイビッド・ロッシの極秘来日情報をつかむ。三上は、神野とロッシの取引の可能性を示唆するが、奏は頷けない。神野とロッシは、敵対する関係だからだ。

奏とマルオは、捜査課がつかんだ神野とロッシの会食場所を見張っていると、何者かに狙撃されてしまう。どうやら、警察の動きが読まれていたらしい。あるいは、偽の情報をつかまされたのか...。

そして、運命のクリスマス・イヴがやって来る...。

 

【過去レビュー】

1話  2話  3話  4話  5話  6話  7話  8話  9話

 

 


【送料無料選択可!】THE GENERATION ~ふたつの唇~ [CD+DVD] / EXILE


◆メール便は送料無料◆ 東京DOGS/TVサントラ  ■09/12/16発売■

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ  

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ピンクハート

 

12/21(月) 4461HIT [楽天] 映画・TV部門2位 (共に自己最高)

沢山のアクセス、どうもありがとうございました♪







最終更新日  2009年12月22日 17時14分40秒
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.