9491592 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

金曜ドラマ『病室で… New! レベル999さん

穴窯を作ろう>『ス… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「キャッツ」 New! BROOKさん

1月から始まったドラ… New! いしけい5915さん

ワクチン注射に動物… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

neko天使@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
ぱに〜に@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! こんばんは~ 新型肺炎、結構猛威を振るっ…
三連星@ 視聴率など New! ようやく今年の視聴率をお伝えできます。…
megumi@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! 【ケイジとケンジ】放送第2回目は9.7%に…
神風スズキ@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! How are you ?  神風がいつもお世話にな…
2009年12月25日
XML
カテゴリ:視聴率

1位『天地人』第4話、2位 『JIN-仁-』最終話、3位『MR.BRAIN』初回!

 

<2009年ドラマ視聴率BEST10>

1位 『天地人』第4話 (NHK) 26.0%

2位  『JIN-仁-』最終話 (TBS) 25.3%

3位 『MR.BRAIN』初回 (TBS) 24.8%

4位 『コード・ブルードクターヘリ緊急救命 新春SP』 (フジ) 23.1%

5位 『相棒Season7』第18話 (テレビ朝日) 21.7%

6位 『刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史』第2夜 (テレビ朝日)21.6%

7位 実写ドラマ『サザエさん』 (フジ) 20.9%

8位 『BOSS』最終回 (フジ) 20.7%

9位 『ウェルかめ』第10話 (NHK) 20.6%

10位 24時間テレビドラマ『にぃにのことを忘れないで』 (日本テレビ) 20.5%

   (09年12月24日迄の集計です)

(注)連続ドラマの場合、平均視聴率ではなくて、そのドラマの最高だった回の視聴率で比べています。

 

1位は、NHK大河ドラマ『天地人』第4話(1月25日放送「年上の女」)の26.0%でした。

 

2位は、先日、終わったばかりの『JIN-仁-』(TBS系)最終回(11話、12月20日)の25.3%でした。

最終回がドラマの最高視聴率なのは、そのドラマが素晴らしかった証拠ですね。スマイル

 

3位は、木村拓哉主演の『MR.BRAIN』(TBS系)初回(5月23日)の24.8%でした。

『MR.BRAIN』、懐かしいです。

4月からではなくて、5月から始まり、回数も8話と少し短かったです。

『MR.BRAIN』は初回が最高だったので、派手な宣伝効果とキムタクドラマへの注目度が高かったのでしょう。

最終回は、20.7%でした。

 

4位は、『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 新春SP』です。

来年1月からは、『コードブルー』の続編をフジ月9枠でやります。

楽しみです♪

 

9位の『ウェルかめ』第10話(10月8日)は、台風が日本列島を縦断しました。

その後、視聴率、低迷しています。

もう一度、奇跡を期待します♪うっしっし

 

私の好きだった『任侠ヘルパー』が入っていなくて、残念です。

私は、今年の中では、『JIN』と『任侠ヘルパー』が好きでした♪

最近の傾向として、続編ドラマが多いですね。

来年も『JIN』や『任侠ヘルパー』のように意欲的な斬新なドラマを期待します♪ピンクハート

 

 

Yahooニュースより】

『天地人』が1位 2009年"ドラマ視聴率10傑"出揃う! 定番ジャンルの人気の高さ実証

10月~12月期の主要な連続ドラマが最終回の放送を終え、2009年のドラマ視聴率のベスト10がほぼ出揃った。1位は、俳優の妻夫木聡が"愛と義"に生きた名将・直江兼続を熱演したNHK大河ドラマ『天地人』(1月25日放送)の26.0%。2位には、大沢たかお主演で10月クール連続ドラマの話題を独占した『JIN-仁-』(TBS系)の最終回(12月20日)が25.3%と飛躍。今年のTOP10を改めて振り返ると、"歴史""医療""刑事"など、定番ジャンルの人気の高さが、改めてうかがえる結果となった。

【場面写真付き】TOP10ランキング表

 1位の『天地人』は、"義"と"愛"の精神を持つ戦国武将・兼続の生涯を妻夫木が熱演。また、兼続の幼少期・樋口与六を演じた子役・加藤清史郎の愛くるしい表情も人気を呼び、「わしはこんなところ来とうはなかった」というフレーズは『2009 ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされるなど話題に。初回から最終回までの平均視聴率も21.2%と、ここ10年の大河ドラマでは2008年の『篤姫』(24.5%)、2002年の『利家とまつ・加賀百万石物語』(22.1%)に次ぐ数字を記録。来年放送される、福山雅治主演の『龍馬伝』への期待も高まることとなった。

 2位の『JIN-仁-』は、現代から幕末の日本にタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢)が、医療器具も満足に無い時代に江戸の町人たちを救おうとする歴史SF。25.3%は、今年度民放ドラマ最高視聴率であり、全11回の平均視聴率も19.0%と、10月期の民放連ドラでは最高となった。最終回が続編を匂わす結末で締めくくられたことから、さまざまな憶測がささやかれているが、"ドラマのTBS"復活の狼煙を上げた作品であることは間違いない。

 3位には、木村拓哉が天才脳科学者に扮した『MR.BRAIN』(TBS系)が24.8%で相変わらずの"視聴率男"ぶりを見せつけた。また、同じく"医療モノ"としては、山下智久主演の人気シリーズのSP特番『コード・ブルードクターヘリ緊急救命新春SP』(フジテレビ系)の23.1%が4位に登場。来年1月期の"月9"枠で再び続編が放送されるだけに、こちらも期待が高まる。

 また今年の傾向として、良質な"SPドラマ"が高視聴率を記録している。6位にランクインした『刑事一代・平塚八兵衛の昭和事件史』(テレビ朝日系)は、渡辺謙が伝説の刑事・平塚八兵衛に扮し、鬼気迫る演技を披露。渡辺自身も「心の底から誇れる作品と出会えた」と語っており、多くの視聴者を魅了。今年度の社会派ドラマの台頭を広く印象付けた作品となった。

 同ランキングは、ビデオリサーチ社(関東地区)による12月25日現在のデータで、連続ドラマは最高視聴率をもとにランキング化。

 


【送料無料】 JIN -仁- DVD-BOX 【DVD】(2010年03月17日発売)


NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 DVD-BOX


NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第弐集 DVD-BOX(DVD) 【2010年2月24日発売】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ピンクハート







最終更新日  2009年12月27日 12時45分35秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.