8953964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

なつよ、“雪月”が大… New! ひじゅにさん

カンパニュラやペチ… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

なつぞら 雪次郎 New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 6/24 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2010年01月03日
XML
カテゴリ:’10ドラマ

【初回視聴率追加済】(1/4)

初回の視聴率は、23.2%(関東地区)でした。

予想以上に良かったです♪

『天地人』の初回視聴率24.7%を下回りましたが、

『坂の上の雲』の視聴率が低かったので、仕方ないですね。(第5話視聴率12.9%)

どうしても初回の視聴率は、前作の影響を受けます。

そのわりに、健闘したと思います♪

『天地人』は、その前の『篤姫』の影響で、初回は24.7%と高視聴率でした。(平均視聴率21.2%)

『篤姫』の初回は、20.3%でした。(平均視聴率24.5%)

『篤姫』のように、徐々に伸びて欲しいものです♪

* * *

「上士と下士」

このドラマは、郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎の視点で、坂本龍馬の生涯を描いています。

その岩崎弥太郎役が、香川照之さんなので『坂の上の雲』と、だぶってしまいました。

香川さん、確かにお上手ですが、別の人にした方が良かったのではないでしょうか?

『坂の上の雲』では、正岡子規(香川照之)が結核でした。

この『龍馬伝』では、龍馬の母、坂本幸(草刈民代)が結核です。

結核で病死したと思ったんですが、このドラマの中では、上士に斬られそうになった龍馬(少年時代:濱田龍臣)を守って、無理をしたので亡くなってしまいました。

この母の死に方は、カッコ良かったです。

本当にこんな風にお母さんが亡くなってしまったら、とてもショックでしょう。

子供の頃、弱かった龍馬もそれ以来、剣の修業に励み、強くなりました。

そして、僅か30分で、少年時代は終わってしまいました。

少年時代の濱田龍臣くん、大人時代の福山雅治くんに少し似ていて、髪もクルクルしていて可愛かったです♪

もう少し、見たかったです♪

 

そして、大人になって龍馬が福山君に代わっても、上士の乱暴は続き、今度は、岩崎弥太郎が無礼射ちされそうになってしまいました。

それを見かけた龍馬は、必死で上士に謝り、仲裁に入りました。

お陰で、なんとか、助かりました。

 

う~ん。

坂本龍馬の話というと、どうしても、この上士と下士の話が出てくるんですよね。

土佐藩は、武士の中にも階級があって、上士と呼ばれる武士と、その下に、龍馬のような郷士(ごうし)と、もっと下の弥太郎のような地下浪人(じげろうにん)などがあり、これらが下士でした。

この上士が威張っていて、簡単に無礼射ちとか言って、下士を殺してしまいます。

でも、武士というのは、町人などに対して、こういうことをしてきた人が他所でも沢山いるのではないでしょうか?

土佐藩の上士だけが悪者が多かったとも思えないです。

ただ、龍馬はこの上士の屈辱的な振る舞いに対して、反発し、これから、土佐を変えていこうと思っています。

きっと上士も下士もない世の中になる。したい。

でも、喧嘩じゃ変わらない。

母が上士の心を変えたように、きっと変えられる。 

どうしたらいいかまだ分からなくて、毎日、考えている・・・

 

弥太郎「おまえの母は、上士に殺されたようなもんじゃろが。

 どうして、恨まんのじゃ?」

龍馬「母上が教えてくれたがじゃ。

 憎しみからは何も生まれん

素晴らしい言葉ですね♪

 

土佐はこんまい。

土佐は狭いから、これからもっと広い世界に飛び立っていくのでしょう。

弥太郎も頭がいいという長所を生かして、貧しかった幼少時代から、冒頭で出てきたように、これから三菱財閥を作っていくのでしょう。

 

今回は無難に始まった感じでした。

やっぱり福山くんは素敵ですね♪

『JIN-仁-』で熱演してた龍馬@内野と比較されてどうかと心配してたんですが、

暑苦しかった龍馬@内野よりクールで、龍馬@福山も魅力的だと思います♪(^^)

これから、江戸に行ってからが楽しみです♪

 

尚、『龍馬伝』は、全48回の予定です。

『天地人』が47回だったので、これも多分、11月末に終わります。

12月は、『坂の上の雲』第2部です。

 

【初回粗筋】 (公式HP)

 

【脚本】 福田靖 (『ガリレオ』『CHANGE』『HERO』など)

【音楽】 佐藤直紀

【主題歌】リサ・ジェラルド

 

【主要登場人物】

坂本龍馬(さかもと りょうま)・・・福山雅治(少年時代:濱田龍臣)

坂本家の人々

坂本乙女(さかもと とめ)龍馬の姉・・・寺島しのぶ(少女時代:土屋太鳳)
坂本八平(さかもと はちへい)龍馬の父・・・児玉清
坂本権平(さかもと ごんぺい)龍馬の兄・・・杉本哲太
坂本伊與(さかもと いよ)八平の後妻、龍馬の義母・・・松原智恵子
坂本千野(さかもと ちの)権平の妻・・・島崎和歌子
坂本幸(さかもと こう)龍馬の生母・・・草刈民代
坂本千鶴(さかもと ちづ)龍馬の姉・・・大鳥れい
坂本春猪(さかもと はるい)権平の娘・・・前田敦子(少女時代:松元環季)

岩崎家

岩崎弥太郎(いわさき やたろう)・・・香川照之(少年時代:渡辺甚平)

岩崎弥次郎(いわさき やじろう)弥太郎の父・・・蟹江敬三
岩崎美和(いわさき みわ)弥太郎の母・・・倍賞美津子
岩崎喜勢(いわさき きせ)弥太郎の妻・・・マイコ

武市家

武市半平太(たけち はんぺいた)・・・大森南朋(少年時代:桑代貴明)
武市冨(たけち とみ)半平太の妻・・・奥貫薫
智(とも)半平太の祖母・・・菅井きん

平井家

平井加尾(ひらい かお)・・・広末涼子(少女時代:八木優希)
平井収二郎(ひらい しゅうじろう)加尾の兄・・・宮迫博之(少年時代:ささの貴斗)

土佐藩下士

近藤長次郎(こんどう ちょうじろう)・・・大泉洋

岡田以蔵(おかだ いぞう)・・・佐藤健(少年時代:黒羽洸成)

沢村惣之丞(さわむら そうのじょう)・・・要潤

溝渕広之丞(みぞぶち ひろのじょう)・・・ピエール瀧

河田小龍(かわだ しょうりょう)・・・リリー・フランキー

望月亀弥太(もちづき かめやた)・・・音尾琢真(少年時代:谷山毅)

望月清平(もちづき せいへい)・・・本田大輔(少年時代:松田佳祐)

島村衛吉(しまむら えきち)・・・山崎雄介

河原塚茂太郎(かわらづか もたろう)・・・原田裕章

中岡慎太郎(なかおか しんたろう)・・・上川隆也

池内蔵太(いけ くらた)・・・桐谷健太

那須信吾(なす しんご)・・・天野義久

岡本寧浦(おかもと ねいほ)・・・ベンガル

 
土佐藩主・山内家

山内容堂(やまうち ようどう)(山内豊信 → 山内容堂)・・・近藤正臣

山内豊範(やまうち とよのり)・・・染井将太

幕府

勝海舟(かつ かいしゅう)・・・武田鉄矢
阿部正弘(あべ まさひろ)・・・升毅
井伊直弼(いい なおすけ)・・・松井範雄

江戸の人々

千葉佐那(ちば さな)・・・貫地谷しほり
千葉定吉(ちば さだきち)佐那の父・・・里見浩太朗
千葉重太郎(ちば じゅうたろう)佐那の兄・・・渡辺いっけい
志乃(しの)遊女・・・及川奈央

 

その他

 

『龍馬伝』公式HP

 


NHK大河 龍馬伝 前編


■送料無料■サウンドトラック CD【NHK大河ドラマ 龍馬伝 音楽 佐藤直紀】10/1/27発売

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ 

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ピンクハート







最終更新日  2010年01月05日 21時11分02秒
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.