8954529 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ラジエーションハウ… New! レベル999さん

なつよ、“雪月”が大… New! ひじゅにさん

カンパニュラやペチ… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

なつぞら 雪次郎 New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 6/24 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2010年03月14日
XML

第11回の視聴率は、前回の20.4%より上がって、21.4%でした。

上がって良かったです♪スマイル

* * *

今回、龍馬、カッコ良くて、ひっぱりだこでした♪

武市さん、カッコ悪いです。

弥太郎は最低でした。うっしっし

 

江戸では、朝廷を無視して開国した井伊直弼が水戸浪士達によって暗殺されました

桜田門外の変です。

 

武市は塾生達に刀を掲げて言いました。

武市「僅か18名の名もなき浪士が井伊かもんの守に天誅を下したがじゃ。

 幕府が帝をないがしろにして、開国した報いぜよ。

 わしらも水戸浪士と同じ刀をもっちゅう。

 世の中をひっくり返すことができるがじゃ。

 もう上士に怯むことはない!

 わしら、下士の力で土佐藩を攘夷の旗頭にするがぜよ。

 やるぞ!」

 

塾生達は皆その気になりました。

龍馬は、それを見ていて、危ないと思いました。

そして、武市に皆を集めて何をしたいのか、聞きました。

 

異国の侵略から日本を守る→土佐を攘夷一色にする→吉田東洋を引き摺り下ろす

結局、彼のやりたいことは、東洋を辞めさせることでした。

 

龍馬「ほんなら皆をあそこまで煽ることはないがでしょう。

 異国から日本を守ると言いながら、していることは吉田様との喧嘩じゃ。

 誰か上士に喧嘩を売るもんがおったらどうするぜよ」

 

そして、龍馬が危惧した通りのことが起こってしまいました。

弟を上士に殺されてしまった田虎之進が、その仕返しに、上士を殺してしまいました。

上士は彼を殺そうと集まりました。

下士は、彼を匿って集まりました。

これがきっかけで、上士と下士の対立が深まり、一発触発の状態になってしまいました。

このままだと、上士対下士で戦が起こってしまうかもしれない。

下士を鎮めたのは、武市ではなく龍馬でした。

そして、上士を鎮めたのは吉田東洋でした。

上士の集まっている所へ、龍馬は、たった一人で乗り込み、武市と話し合ってくれと土下座して頼みました。

東洋は、龍馬を見直しました。

そして、話し合いを承諾しました。

でも、話し合った武市は、切腹せよという上士の命令にそのまま従い、虎之進を切腹させました。

情けないよ、武市さん。

その上、龍馬に言ったことは、東洋はこれで事を納めても、自分達を内心許していないだろうって。

武市さん、本当は、とても小心者みたいな気がしてしまいました。

 

その点、龍馬は寛大で、身も心も強いですね。

龍馬を認めた東洋が、彼を上士にしてくれると言いました。

ラッキー♪

でも、龍馬は考えさせて欲しいと言いました。

これって、断るってことかしら?びっくり

武市さんとは器が違いますね。

 

武市さん、土佐中の下士を集めて、「土佐勤皇党」なんて怖いものを立ち上げました。

そして、龍馬も入らないかと誘いました。

血判状に、土佐では龍馬に一番最初に署名しろって・・・ショック

こんな怖いの、断りますよね?

両方、断ってしまうと、居場所が益々なくなってしまうかしら?

居場所がないと悩んでいましたからね。しょんぼり

仲間が多いから、こちらに加わるのかなあ?

 

それにしても、弥太郎、カッコ悪かったですね。

長崎から調子いい手紙が来て、家族が喜んでいたのに、藩のお金を100両も使いこんでしまったそうで、お役ご免。

また汚い格好に戻ってしまいました。

でも、使いこんでしまったお金は、藩のために使ったのであって、将来、土佐藩に何倍にもなって戻ってくると、東洋に言い訳して・・・

東洋は、それを信じて、郷廻りという役に取り立ててくれました。

そして、「下士の動きをわしに報告するがじゃ」と言いました。

結局、郷廻りというのは表向きで、下士のスパイが本当の仕事のようです。

下士達が沢山集まって、虎之進を匿っているのも、弥太郎が東洋側に報告しました。

 

そこへ龍馬が一人でやって来て、弥太郎も驚きました。

弥太郎から見ても、きっと龍馬は凛々しかったことでしょう。

女と別れて、これだけ凛々しく変わるものでしょうか?ウィンク失恋

東洋も何があって変わったのか不思議そうでした。

龍馬は、北辰一刀流の目録をもらったからと答えましたけど・・・うっしっし

 

北辰一刀流というと佐那さんを思い出してしまいます。

佐那さんはお元気でしょうか?

ふられて、落ち込んでいないといいですが・・・涙ぽろり

もう一度、江戸に行って欲しいものです。四つ葉

 

次回は、「暗殺指令」。

誰が誰を暗殺するのでしょうね?

この時代、暗殺、多そうで怖いです。ほえー

 

公式HPによると、次回は、なんと弥太郎が結婚するそうです。びっくり

掃き溜めに鶴のような綺麗な人(マイコ)だそうです。うっしっし

楽しみです♪ピンクハート

でも、暗殺指令が気になります。。。

 

【視聴率推移】 (関東地区)

[1回]23.2%  [2回]21.0%  [3回]22.6%  [4回]23.4%  [5回]24.4%

[6回]21.2%  [7回]20.2%  [8回]22.3%  [9回]21.0%  [10回]20.4%

[11回]21.4%

 

【第11話粗筋】 (niftyテレビとYahooテレビより)

龍馬(福山雅治)は、結婚を約束した加尾(広末涼子)が京都に送られてしまうことになり、落胆していた。

弥太郎(香川照之)は、長崎で藩の金を使い込み、役を解かれて土佐に戻ってくる。

一方、江戸では朝廷を無視して開国した井伊直弼(松井範雄)が、水戸浪士たちによって殺されるという桜田門外の変が起こる。

半平太(大森南朋)は、土佐藩を攘夷(じょうい)一色に染め、薩摩藩や長州藩と協力して朝廷を動かし、幕府の開国政策を改めさせようと考える。

弥太郎は東洋(田中泯)によって、郷廻(まわ)りという役に取り立てられる。

そんな折、上士が下士を切り殺し、その敵討ちで下士の池田虎之進(笠原秀幸)が上士を切り殺してしまう。

上士と下士の対立は一触即発となるが、龍馬(福山雅治)が単身上士の屋敷に乗り込み事態を収拾する。

吉田東洋(田中泯)は、龍馬を見込んで上士の身分を与えようとするが、龍馬は拒否する。

一方、武市半平太(大森南朋)らは土佐勤王党を結成する。

 

『龍馬伝』公式HP

 

【過去レビュー】

第1回   第2回   第3回   第4回   第5回

第6回   第7回   第8回   第9回   第10回

 


 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ    人気ブログランキングへ  

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ぽっピンクハート 







最終更新日  2010年03月15日 16時32分47秒
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.