8953992 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

なつよ、“雪月”が大… New! ひじゅにさん

カンパニュラやペチ… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

なつぞら 雪次郎 New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 6/24 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2010年06月13日
XML

第24回の視聴率は、前回の19.2%より上がって、20.1%でした♪

よく20%台に戻りましたね♪(^^)

蛍が綺麗だったからでしょうか?(^^;)

* * *

布の中に、蛍を入れて、押し潰されないでしょうか?(^^;)

今回は、武市と冨の夫婦愛と、龍馬とお龍の関係が深まるお話でした♪

これは、また20%台に戻せないかも?(^^;)(戻りました(汗)

 

池田屋事件で亀弥太が亡くなってしまったので、新選組に仕返しに行こうとした龍馬。

たまたま桂小五郎が見つけて、止めてくれました。

いつも誰かが止めてくれていいですね。

 

お龍が勤めている宿屋は攘夷派がよく利用するので、ここにも新選組が来るかもしれない。

それで、宿屋の主人が気を利かせてくれて、龍馬はお龍の自宅へ泊まることになりました。

そこで、お龍の家族と親交を深めました。

楽器を弾いたり、宿屋の主人がくれた握り飯の弁当を皆に分けてあげたり・・・

お母さんは、肺の病のようです。

龍馬の亡くなった母と同じ、結核かもしれませんね。

父は医者でしたが、攘夷派の人を助けたので、安政の大獄で亡くなったそうです。

 

お龍に亀弥太の死を慰められて、ようやく海軍操練所に帰ることにしました。

そして、帰る途中、伏見の船宿・寺田屋で、亡き母にそっくりの女性を目撃しました。

きっとこの女性の勤める船宿に泊まるんでしょうね(^^;)

なんだか、最近、海軍の夢より、関係ないことにばかり首を突っ込んでいるような気がします。

友情や亡き母への思いも大切ですが・・・

 

弥太郎は、愛妻弁当を食べて、娘・春路も可愛くて幸せ一杯♪

でも、後藤象二郎から呼ばれてしまいました。

武市に罪を告白させないと、商売をやってはいけないと言われたようです。

牢に行って、武市に告白するよう言いましたが、無駄でした。

当然ですよね(^^;)

そんなに簡単に言うようなら、仲間の拷問で口を割っていますね(^^;)

以蔵への拷問も益々激しくなっています。

以蔵、可哀想。。。

 

門番が武市贔屓なので、武市の伝言を冨に伝えたり、冨からの蛍の贈り物を武市に届けたりしました。

本当は、冨は毎日、手作り弁当なども差し入れたそうですが、このドラマではそれは出てきませんでした。

 

結婚して数年経っても子供ができなかったので、武市の友人が心配し、理由をつけて冨をしばらく実家に帰し、他の女をよこしたそうです。

いろいろ綺麗な女性に変えてみたのに、武市は全然手をつけなかった・・・

そして、事情を知って、怒って、冨を連れ戻したそうです。

 

そういう昔のエピソードもいいですが、今、現在の愛の深さを表すには、毎日、お弁当を作って差し入れしたことを入れた方が良かったと思います。

ただ、蛍のシーンの映像は綺麗でした♪きらきら

 

来週は、「寺田屋の母」。

また、海軍に帰るのを延ばして、亡き母にそっくりの女性を追い求めるんでしょう。

海軍への思いが最近、弱くて、ちょっと気になります。

真剣に学んでいる操練所の皆に、かなり差をつけられるのではないでしょうか?

心配です。。。

 

【第24回粗筋】 (Yahooテレビより)

京の池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を目の当たりにする。池田屋を襲撃したのは新選組だった。怒りに震える龍馬は、引き上げていく新選組に挑もうとするが、居合わせた桂小五郎(谷原章介)に止められる。桂は池田屋で殺された者たちの無念をいつか必ず晴らすと誓う。
そのころ土佐では、以蔵(佐藤健)が厳しい拷問を受けていた。吉田東洋殺しの犯人をはかせようという後藤象二郎(青木崇高)の追及が続いていた。武市半平太(大森南朋)は以蔵が拷問で苦しむ声を間近に聞きながら、じっと堪え忍ぶしかなかった。坂本家の伊與(松原智恵子)は武市家を訪ねて、武市の妻の冨(奥貫薫)を慰める。

龍馬はお龍(真木よう子)の家に身を隠していたが、亀弥太の死を防げなかった自分自身にいらだっていた。そのころ、勝麟太郎(武田鉄矢)は幕府の老中に呼び出され、池田屋での策謀に神戸海軍操練所の浪士がいたことについて詰問される。お龍は、亀弥太が志を貫いて死んだのだから誉めるべきだと龍馬に言う。その言葉を聞き、龍馬も自分の志を取り戻す。京を出発して、神戸に戻ろうとする龍馬。龍馬は伏見の船宿・寺田屋で亡き母にそっくりの女性を目撃する。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (関東地区)

<第1部>平均21.35%

[1回]23.2% [2回]21.0% [3回]22.6% [4回]23.4% [5回]24.4%

[6回]21.2% [7回]20.2% [8回]22.3% [9回]21.0% [10回]20.4%

[11回]21.4% [12回]17.7% [13回]18.8%

<第2部>

[第14回]18.5% [第15回]18.4% [第16回]21.9% [第17回]21.8%

[第18回]18.4% [第19回]19.0% [第20回]20.4% [第21回]20.0%

[第22回]19.5% [第23回]19.2% [第24回]20.1%

(第1部のレビューは、第13回から飛んでください。全回レビューあります)

 

『龍馬伝』公式HP

 


NHK大河 龍馬伝 前編


【予約】 NHK大河 龍馬伝 後編


佐藤直紀(音楽)/NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2(CD)

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ  

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ぽっダブルハート







最終更新日  2010年06月14日 15時19分23秒
コメント(17) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.