9228841 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

進撃のアレス>『相… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「フッド:… New! BROOKさん

最近はイチゴショー… New! らぶりーたわ子さん

スター☆トゥインクル… New! レベル999さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コメント新着

ぱに〜に@ Re:【スカーレット】第4週ネタバレ(10/21~10/26)&視聴率(10/19) New! こんばんは~ そっかぁ、22日は確かにテレ…
三連星@ ドラマ2本 New! (科捜研の女) 秋のシーズンが始まりまし…
くみ1@ 10/20 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2010年11月24日
XML
カテゴリ:’10秋ドラマ

第6話の視聴率は、前回の16.7%より下がって、15.4%でした。

残念ながら最低視聴率でした。

 

お父さん、肉体関係がないと言っても、本当に援助交際だったんですね。

あの若い女性、公認会計士を目指していて、その学費を出してあげたり、簿記の勉強をみてあげていたそうです。

その見返りは全然なし。

娘のようによくしてくれたとのこと。

女性からみると、なんておいしい話なんでしょう!

いくら肉体関係がなくても、立派な援助交際ですね(汗)

お父さん、楽しそうだったし・・・♪

私もあんなウブなおじさまが欲しかったです♪(笑)

今じゃ、とうが立ちすぎて、こっちがイケメンに援助しそうな感じですが(笑)

 

誠治は、街で父・誠一が若い女性と一緒の所を見かけたので、後をつけました。

誠治は、父の不倫に幻滅しました。

そして、父を責めて、家から出て行けと言いました。

誠一は、本当に出て行きました。

 

父の不倫話と交互に、真奈美が山賀を好きという「不倫になるかも話」も出てきました。

でも、こちらは「邪魔」って感じでした(^^;)

全然興味がなかったので省略します。

 

入院していた母・寿美子が退院することになりました。

母が帰宅した時、父がいないと心配するだろう。

それで、誠治は、姉・亜矢子に電話して、誠一の不倫話を伝えました。

亜矢子は驚きましたが、その女に貢いでいるのなら、引越しにお金が出せないのが辻褄が合うと言いました。

 

父に帰って来てもらうために、亜矢子と誠治は、彼女のアパートへ行き、父と別れて欲しいと言いました。

その時、たまたま、誠一が来ました。

慌てて、2人は靴を持って、ベランダに隠れました。

彼女は、誠一に初めて会った時のことを話しました。

そして・・・

「今までありがとうございました。もう終わりにした方が・・・」

「公認会計士になれるまでと思っていたんだが・・・」 

「試験は必ず合格します。もう大丈夫です」

別れることになり、誠一の長い説明セリフがありました(^^;)

「こちらこそ、ありがとう。

君は僕を頼ってくれた。

俺は、経理部の部長で、部下が作成した書類をチェックしてる。ただ、チェックしてる。

チェックはできるが、書類を作成することはできない。

コンピューターをうまく使えないからだ。

部下は俺のことを見下してる。誰も俺を頼ってはくれない。

うちには、よくできた妻がいる。

その妻がうつ病になった。

なぜなら10年以上も近所の人に苛められていたからだ。

妻は心配かけまいと、家族には一切、そのことを言わなかった。

俺がそうさせてしまったのかもしれないけど、もっと俺を頼って欲しかった。

娘はいつも俺に対して攻撃的で、何でも言いたい放題だ。

ひどい時には、俺のことをあんた呼ばわりする。

関係は悪い。でも、悪いなりに、コミュニケーションはあった。

実はそれが救いだった。

その娘も7年前に結婚して家を出て行った。

息子との関係も悪い。

口を開けば、すぐに喧嘩だ。

息子は俺の存在を全面否定している。父親とは認めていない。

原因は分かっている。

俺があいつのことを否定ばかりして認めてやらないからだ。

本当はあいつのことをもっと尊重してやるべきだったことは分かってるんだが、なかなかそれができない。

そんな時、君が僕を頼ってくれた。

誰かに必要とされているようで、とても嬉しかった。

ありがとう」

 

この説明で、なんとなく、父の援助交際の理由が分かって、2人も許せる気持ちになったようです。

立ち聞きしたのは内緒で、父が家に帰宅するのを待ちました。

でも、誠一は帰って来ませんでした。

誠一はカプセルホテルに泊まっていました。

仕方なく、誠治は父に電話しました。

「あのさ・・・明日、母さん、退院するからさ。

退院した時、親父が家にいなかったら、母さん、心配すると思うからさ・・・じゃあ」

それだけでしたが、ちゃんと誠一は帰ってきました。

掃除機をかけいた誠治は、父に何と言っていいか分からず・・・

 

誠治のナレーション

「言いたくても言えない気持ちがある。

家族だからこそ、言えない気持ちもある」

 

誠一「おう。帰って来てやったぞ。

 女と別れた。 泣きつかれて参った」

誠治「やるじゃん」

誠一「うん?」

誠治「やるじゃん、親父、意外と」

誠一「まあな」

誠治、父のプライドを守ってあげて、優しい心遣いでした♪(^^)

 

そして、無事、母が帰宅しました。

その頃、隣は印鑑の訪問販売。

親子関係がうまくいっていないところを突かれて、30万もする高い印鑑、買わされそう。

息子が弁護士なのに、こんな悪徳商法に引っかかってしまうとは(汗)

 

そして、誠治が大悦土木に電話したら、電話に出たあかりが泣いてて・・・

事故が起きて、資材置き場の鉄パイプが崩れて、豊川哲平が下敷きになってしまったそうです。

大丈夫でしょうか?

やっとあかりと一緒に食事ができると、喜んでたのに・・・

では、また、来週♪(^^)

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (関東地区)

第1話]17.6%   [第2話]16.8%   [第3話]17.7%   [第4話]17.4%

第5話]16.7%   [第6話]15.4%

 

【第6話粗筋】

誠治(二宮和也)は、父・誠一(竹中直人)が女性(玄里)と一緒にいるところを見てしまい動揺を隠せない。一方大悦土木では、哲平(丸山隆平)が、弁護士の和彦(横尾渉)のひどい仕打ちに傷心中のあかり(岡本玲)に相変わらずアプローチを続けていた。真田(嶋大輔)は、先日産まれたばかりの赤ん坊の写真を仲間に見せて、親ばかぶりを発揮する。あかりは、真奈美(香里奈)が結婚をしている山賀(眞島秀和)にあこがれを抱いていると気付いていながらも、山賀に「赤ちゃん、欲しくなっちゃいません?」と声をかける。複雑な真奈美の表情を見た誠治は、誠一の女性問題が気がかりのあまり、真奈美に強く当たってしまう。そのやりとりを見ていた大悦(大友康平)は、誠治に声をかける。一方、誠一は自分が飲ませたワインのせいで入院中の寿美子(浅野温子)に対して理解を示し、優しさを見せ始めるが、誠治は誠一の女性問題がくすぶって素直に受け止められず、「出て行け!」と怒鳴ってしまう。ついに誠治が亜矢子(井川遥)に事情を話すと、亜矢子が、女性の家に乗り込もうと言い出して・・・?

 

公式HP(次回予告)

 


フリーター、家を買う。


ARASHI(嵐)『果てない空』C/W『STORY』C/W『maboroshi』C/W『あの日のメリークリスマス』CD


国CDM+DVD> 嵐 / 果てない空(DVD付限定盤)

 

 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ダブルハート







最終更新日  2010年11月24日 20時00分52秒
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.