9007297 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

消化器内科の予約に… New! いしけい5915さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

すがきやのオールミ… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

コメント新着

いしけい5915@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! 「監察医 朝顔」見ています。 私はこうい…
megumi@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! テレ朝「合体企画」とは名ばかりで、実は…
くみ1@ 7/17 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
Hiroki Nara@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! おようございます。 今日は曇りです。 …
neko天使@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
2010年11月29日
XML

遅くなってしまって、すみません。

総評も一緒に書こうと思ったら、長くなってしまい、切れなかったので、2つに分けました。

この後、総評と視聴率の詳しいことをまとめて、後でアップします。

 

最終回の視聴率は、前回の17.6%より上がって、21.3%でした。

久々に20%台を超え、有終の美を飾りました♪

瞬間最高視聴率は、龍馬暗殺直後で25.7%だったそうです。

 

昨日、BShiで、『龍馬伝』最終回の後、『坂の上の雲』第2部第6回の先行放送を少し見ました。

正岡子規が、どうしても弥太郎に見えてしまいました(汗)

 

見廻組の人達、止めを刺さずに引き上げたなんて、急いでいたのでしょうか?

Wikiによると、龍馬は「俺は脳をやられた。もういかん」と言って、その場で亡くなったそうです。

藤吉は翌日、中岡は翌々日、亡くなったそうです。

 

このドラマでは、彼らが引き上げた後で、血まみれの龍馬と中岡が沢山、話しました。

襲われる前に、中岡が泳げないと言っていた続きから話しました。

龍馬「中岡、泳げんでも平気じゃけん。

 わしの船はどんな嵐やち沈まん」

中岡「ほんなら、安心じゃの」

中岡「のう、龍馬、世界ゆうのはどんなに広いかの?」

龍馬「すんぐに見に行けるき」

中岡「そうじゃの」

龍馬「中岡、わしはこの命を使いきれたがかえ?」

中岡「なんに言うがじゃ。おまんはまだまだ、まだまだ・・・」

龍馬「そうかい、そうかい・・・まだ、まだまだかい(笑) そうじゃのう」

龍馬が死んでしまいました。

中岡「りょうま! りょうまあ!」

 

会話、長くなかったですか?(^^;)

船の話はいらなかったのでは?

慶応3年(1867年)11月15日、近江屋にて、龍馬の誕生日のできごとでした。

龍馬、享年33歳、中岡30歳でした。

まだまだ若かったのに、優秀な人材を失ってしまい、残念でした。

 

龍馬が最後に、お龍にあてた手紙、「I Love you」を教えて、福山龍馬らしかったです♪

本当に、こんなこと、手紙に書いたのでしょうか?(笑)

エゲレス語(英語)の辞書を海援隊に作らせたそうですが。 

「わしはおまんを好きじゃという意味じゃ。

よう覚えときや。 わしらにとっては一番大事な言葉じゃきんのう」

そういうところが女にもてて、弥太郎から妬まれる故かもしれません(笑)

 

弥太郎は、龍馬を捜して会いに行き、5000両あげると言ったり、見廻組の人達に龍馬を殺さないでくれと頼んだり、殺された所にいち早く駆けつけて泣き叫んだり・・・

今回は、弥太郎の龍馬への友情に溢れたお話でした。

 

まさか、弥太郎の死までやるとは思いませんでした(汗)

最後、明治に戻って・・・

いつも記者が弥太郎に龍馬の話を聞いていた時代です。

三菱財閥を作った弥太郎も、明治18年2月7日、満50歳で病死しました。

「わしはこの世であいつが一番嫌いやった。

あんな男は、あんな龍は、どこにもおらんがぜよ!」

弥太郎の嫌いは好きの裏返しでした♪

 

龍馬は、新政府綱領八策を書きました。

それは大事な頂点に立つ人の名が○○○で伏せられていました。

それを皆がいろいろ解釈して、不安に思いました。

 

西郷は慶喜ではないかと危惧。

徳川だけは新政府に入れたくないので、中岡が○○○が誰なのか、龍馬に聞きに行くことになりました。

新選組が中岡を襲いましたが、殺せませんでした。

「新選組は幕府がなくなったら、ただの人斬りや」と町の人が噂しました。

それを苦々しく見ている見廻組の与力頭、今井信郎(市川亀治郎)と見廻組隊士、佐々木只三郎(中村達也)達。

 

見廻組の今井達が弥太郎の所にも来て、龍馬の居所を知らないか聞きました。

知らないと言い、「あんな奴、殺されて当然ぜよ」と言いました。

去ろうとした今井達を、弥太郎は追いかけました。

「待ちや。 龍馬は殺されるほどのことはしちょらせんのじゃき。

あいつは、あいつは日本のためを考えてるだけじゃき。

そりゃ、ですぎたことはあったかもしれんけど、龍馬にはのう、なんじゃあ、悪気はないがぜよ。

くそ! いかんぞう! 龍馬を殺したらいかんぞ!」

去ろうとする今井達。

「待ちや! 待ちや! 殺さんとってくれ! 殺さんとってくれ!

金ならあるき。 金ならあるき。 これ、おまんらにやるき。

5000両ある。 おまんらに全部やるき」

「坂本龍馬。 その男は徳川に忠義を尽くす我ら侍を愚弄した。

我らの全てを、我らの全てを無にしたんだ!」と、今井は弥太郎を殴り、去りました。

 

それで、弥太郎は龍馬に、狙われていることを知らせに行こうとしたんですが・・・

間に合わず、血まみれの今井達が出てきた所に遭遇。

 

弥太郎はすぐに察して、

「おまんら、なんちゅうことをしてくれたんや!」と言い、今井に飛びかかりました。

今井はすぐに払いのけ、

「どうしますか?」と、佐々木に聞きました。

佐々木「ほっとけ」

見廻組は去りました。

普通なら、目撃者の弥太郎も殺されそうなのに、放っておかれて良かったです♪

史実は、犯人が誰か分からなくて、最初、新選組とかいろいろ別の人が疑われました。

明治3年(1870年)に、今井が見廻組の人達と龍馬を殺したと自白したそうです。

このドラマだと、弥太郎が犯人を知っているので、すぐ見廻組の仕業と分かりそうですね(^^;)

 

雨の中、弥太郎は「龍馬! 返してくれ! 龍馬を返してくれ!」と、泣き叫びました。

本当に、弥太郎、龍馬が好きだったようです♪

 

そして、最後に大河恒例の幽霊シーン。

海で、龍馬はお龍に会いました。 

そして、船の上の龍馬。

海で閉めた感じでした♪(^^)

 

尚、総集編がNHK総合放送であります。

12月29日(水) 第1部 PM9:00~9:59  第2部 PM10:00~10:59

12月30日(木) 第3部 PM9:00~9:59  第4部 PM10:00~10:59

 

次の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』は、1月9日(日)からです。

上野樹里さん主演で、『篤姫』と同じ田渕久美子さんの脚本です。

 

来週からは、スペシャルドラマ『坂の上の雲』第2部です。

11ヶ月間、ご愛読、どうもありがとうございました♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

<第1部> 平均21.35%

[1回]23.2% [2回]21.0% [3回]22.6% [4回]23.4% [5回]24.4%

[6回]21.2% [7回]20.2% [8回]22.3% [9回]21.0% [10回]20.4%

[11回]21.4% [12回]17.7% [13回]18.8%

<第2部> 平均19.31%

[第14回]18.5% [第15回]18.4% [第16回]21.9% [第17回]21.8%

[第18回]18.4% [第19回]19.0% [第20回]20.4% [第21回]20.0%

[第22回]19.5% [第23回]19.2% [第24回]20.1% [第25回]20.3%

[第26回]17.9% [第27回]17.3% [第28回]17.0%

<第3部> 平均16.2%

[第29回]15.8% [第30回]17.9% [第31回]16.0% [第32回]16.7%

[第33回]13.7% [第34回]16.3% [第35回]15.4% [第36回]16.8%

[第37回]17.6% [第38回]15.8%

<第4部> 平均16.5%

[第39回]13.7% [第40回]14.3% [第41回]16.3% [第42回]16.1%

[第43回]18.0% [第44回]16.2% [第45回]15.3% [第46回]15.7%

第47回]17.6% [第48回]21.3%

*第1部のレビューは第13回から、第2部のレビューは第28回から、第3部のレビューは、第38回から飛んでください。 全回レビューあります。

全平均18.7% 

 

公式HP・最終回粗筋

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ  

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ダブルハート 







最終更新日  2010年11月30日 16時07分38秒
コメント(6) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【龍馬伝】最終回(48回)と視聴率(11/29)   BROOK さん
>龍馬暗殺直後で25.7%

やはり一番の見せ場で瞬間最高視聴率になったんですね。
いやはや、あのシーンは壮絶でした・・・(汗)


>最後に大河恒例の幽霊シーン。

たしかに恒例なんですよね。
私も思わずツッコミを入れてしまいました。
でも、素敵な締めくくりだったと思います。 (2010年11月29日 16時01分04秒)

一番大事なシーンで   大和 さん
テロップが入って残念でした。
暗い画面でしたし、誰が誰を刺したとかまるで分かりませんでした。
刺された後の二人の会話が長くて引きました。
「どこまで不死身なんだよf^_^;」って、母と二人でツッコミました。
弥太郎が龍馬に、自分の本心を吐露して儲けたお金を渡そうとするシーンは、香川さんの演技に引き込まれました。
本当に凄い役者さんです。
暗殺を最初に持ってきて、その後を描いた方が龍馬の功績が表現出来たのにという意見を見掛けました。
こちらのレビューで読んで○○○についての予備知識があったので楽しめました。
ありがとうございました。 (2010年11月29日 22時46分52秒)

お疲れ様でした!   pesfis さん
 ショコラさんおはようございます。
 今年も龍馬伝で楽しませていただきました。
 毎週の更新お疲れ様でした。
 来年も「江」での感想も楽しみしております。 (2010年11月30日 06時05分44秒)

Re[1]:【龍馬伝】最終回(48回)と視聴率(11/29)   ショコラ425 さん
BROOKさん
>>龍馬暗殺直後で25.7%
>やはり一番の見せ場で瞬間最高視聴率になったんですね。
>いやはや、あのシーンは壮絶でした・・・(汗)

はい、壮絶でしたね。

>>最後に大河恒例の幽霊シーン。
>たしかに恒例なんですよね。
>私も思わずツッコミを入れてしまいました。
>でも、素敵な締めくくりだったと思います。

やはり幽霊、恒例ですよね(笑)
海の向こうに思いをはせた龍馬のシンボルみたいに海がよく使われていました。
私もこのドラマらしい終わり方だったと思います(^^)

付け足しのような弥太郎の死はびっくりでした(笑)
こちらも影の主役だったので、やったのかもしれませんね(^^)
(2010年11月30日 17時29分56秒)

Re:一番大事なシーンで(11/29)   ショコラ425 さん
大和さん
>テロップが入って残念でした。

そうですね。
襲撃されて一番視聴率が高い所で、選挙速報入れるなんて、NHK、DVDを売りたいのかとか、再放送の視聴率を上げたいのかとか、勘ぐってしまいました(汗)
NHKへの苦情、多かったらしいですね。

>暗い画面でしたし、誰が誰を刺したとかまるで分かりませんでした。

ほんとごまかした感じでしたね(汗)

>刺された後の二人の会話が長くて引きました。
>「どこまで不死身なんだよf^_^;」って、母と二人でツッコミました。

やはり会話長すぎでしたよね(^^;)

>弥太郎が龍馬に、自分の本心を吐露して儲けたお金を渡そうとするシーンは、香川さんの演技に引き込まれました。
>本当に凄い役者さんです。

香川さんはどんな役をやってもうまいですよね。
「坂の上の雲」も楽しみです♪

>こちらのレビューで読んで○○○についての予備知識があったので楽しめました。
>ありがとうございました。

こちらこそ、いつもコメントいただいて、どうもありがとうございました♪(^^)
(2010年11月30日 17時35分07秒)

Re:お疲れ様でした!(11/29)   ショコラ425 さん
pesfisさん
> ショコラさんおはようございます。
> 今年も龍馬伝で楽しませていただきました。
> 毎週の更新お疲れ様でした。
> 来年も「江」での感想も楽しみしております。
-----
こちらこそ、お世話になりました。
今回、初めて、大河を完走したので、感慨もひとしおです。
「江」のレビューは、初回は書くつもりですが、ずっと続けるかどうか、まだ分かりません。
「篤姫」がイマイチ、苦手だったので(^^;)
面白いといいですね(^^)
(2010年11月30日 17時39分15秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.