9933063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ゴスペラーズ、有料l… New! らぶりーたわ子さん

熊本に捧げる勝利 New! YOSHIYU機さん

ヒーリングっどプリ… New! レベル999さん

トマト。宇宙ちゃん… New! neko天使さん

そのろく>『エール… ひじゅにさん

コメント新着

neko天使@ Re:東京都知事選、小池百合子知事が当選確実。2期めに(07/05) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
くみ1@ すいません。 New! 急いでいたので、誤字がありました。 J…
くみ1@ 7/5 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2011年02月05日
XML
カテゴリ:’11冬ドラマ

初回視聴率は、11.0%(関東地区)でした♪

同日の『LADY』(10.5%)より高視聴率でした♪(^^)

このドラマ、テンポいいし、コミカルで、結構、面白かったです♪

掴みはOKでした♪(^^)グッド

佐々倉 溜(ささくら りゅう)(相葉雅紀)は、元パリ・ラッツホテルのバーテンダーで、栄誉あるヨーロッパのカクテルコンテストで日本人として初優勝。

趣味はゲートボール♪(笑)

その溜を雑誌記者の来島 美和(くるしま みわ)(貫地谷しほり)は捜し回っていました。

2人の出会いがぶつかってというのは、ちょっとベタでした(笑)

でも、さくら食堂で、すれ違いにならなくて良かったです♪

捜し求めていた溜がすぐ近くにいると気づかずに、そのまま帰ってしまうかと思ったので、店の外でぶつかった時は、ほっとしました♪(笑)

美和の眼鏡が壊れてしまいましたが、溜は弁償するお金がないので、後で弁償するからと言いました。

美和は、彼が溜と気づいて喜び、体で払って欲しいと言いました(笑)

「体で払う」というのはカクテル作りで、後日、さくら食堂にカクテルを作る道具を美和が持参。

溜は、カクテル作りをOKしました。

でも、「ちょっと待ってて」と言って、1時間も待たせてしまいました。

まさか逃げたのではと疑い始めた頃・・・

氷を買って戻ってきました。

溜が作ったのは、カクテルでなく、水割り。

美和は怒りましたが・・・

飲んでみたら、とてもおいいしくて、驚きました。

「これはただの水割りじゃない。

水割りという名のカクテルだ」

溜は、徹夜明けで疲れている美和の体調を考えて、味を壊さない範囲で最大限、薄くし、溶けにくい氷をわざわざ探して買ってきたのでした。

美和は溜の実力を確信。

会って欲しい人がいると言いました。

それは、美和の祖父・来島 泰三(津川雅彦)でした。

 

泰三氏は、来島財閥の会長で、ホテルも経営しています。

彼は、“神のグラス”という究極の一杯を作り上げることができるバーテンダーを探していました。

泰三「わしのホテルのメインバーのバーテンダーは“神のグラス”が作れる人に任せたい。

 それがわしの夢だ」

美和はその夢を叶えてあげたいと思っていました。

 

泰三「選ばれしバーテンダーだけは、“神のグラス”という究極の一杯を作ることができるそうだ」

美和「神のグラス?」

泰三「孤独に傷つき、道に迷った行き場のない魂を救う、そんな最後の一杯が“神のグラス”だ。

 本当にそんな一杯があったら、飲んでみたいもんだな」

 

溜は、美和にバー「ラパン」で泰三に会わされました。

泰三氏は毎月22日に「ラパン」に通っていて、出されるカクテルに次々に「まずい」と言って、どれも一口しか飲みませんでした。

泰三氏は、反発した溜に、「この男は本物のバーテンダーじゃないな」と言いました。

本物のバーテンダー

溜は、その言葉が引っかかりました。

溜は、カクテルコンテストで優勝した後、師匠のバーテンダー・加瀬 五朗(竹中直人)に、クビを言い渡されました。

理由を聞くと、

加瀬「おまえはプロのバーテンダーかもしれないが、本物のバーテンダーじゃない」

と言われました。

溜は泰三に、もし自分のカクテルがおいしかったら、本物のバーテンダーとはどんな物か教えて欲しいと、頼みました。

泰三は承諾。

溜は、カクテルコンテストで優勝した時のオリジナルカクテル「エブリイ」を作って出しました。

でも・・・

泰三「まずい」

溜は、ショックを受けました。

 

でも、泰三氏に合わせて作ったカクテルじゃなかったから、当然のような気もしましたが・・・(^^;)

 

美和は、溜に、すまないと思って、謝りました。

おじいちゃんは、亡くなった先代のバーテンダーのカクテルがお気に入りで、彼のカクテルでなければ満足できないのだろうと、慰めました。

でも、溜は真剣に泰三氏の言葉を受け止めて、ラパンのバーテンダーに泰三氏と先代のバーテンダーのことを聞きました。

昔、ラパンは横浜にあったそうです。

溜は横浜に行って、ラパンというバーを知らないか、聞いて回りました。

残念ながら知っている人はだれもいませんでした。

おなかがすいたので、昭和36年創業の古いカレー屋に入りました。

あまりに辛かったので、水をもらったら、氷が入っていませんでした。

この店は開業当時から氷を入れなくて、今でも当時のままとのこと。

それで溜はヒントを得て、再び、泰三氏にカクテルを飲んでもらいました。

それは「オールドパル」、“古き仲間”という名のカクテルでした。

今度こそ、泰三氏は「うまい」と言いました。

溜だけでなく、美和も喜び、そのカクテルを飲ませてもらいました。

でも、それは美和には、冷えてなくて味に切れがなく、おいしく感じませんでした。

それは若い人には、おいしく感じない。

溜は、泰三に合わせて、温度に拘ったのでした。

昔は氷も冷蔵庫も貴重な時代だった。

そんな時代に、先代は温度に拘っていたのではないか。

当時の温度を再現したのでした。

泰三が毎月訪れる22日は、先代の月命日でした。

泰三は約束通り、本物のバーテンダーについて教えてくれました。

泰三「本物のバーテンダーは職業じゃない。 生き方だ」

溜「生き方?」

泰三「レシピ通りに作れば、度胸のあるバーテンダーなら誰でも同じ味が作れるとわしは思う。

 だが、本物のバーテンダーは、バーテンダーの生き方を会得した者のことを言う。

 勘定はそこへ請求してくれ」

と、自分の名刺を溜に差し出しました。

 

どうして、おじいちゃんはあなたに名刺を渡したのだろうと、美和は不思議がりました。

きっと溜のことを気に入ったからではないでしょうか?

もうバーテンダーには戻らないと言っていた溜でしたが、戻る覚悟ができたようです。

最後に、溜はBAR「ラパン」のドアを開け、輝く世界へ入りました♪(^^)

 

それにしても、溜は一流のバーテンダーだったのに、貧乏で、船に暮らしてて、酒屋でバイトしてたし、

美和は金持ちの令嬢なのに、弱小出版社の記者で、お嬢様ぶったところが全然なくて、庶民的なドラマでした♪(^^)

貫地谷しほりさんが好きで見始めましたが、これはこれからも楽しみです♪どきどきハート

来週は、TOKIOの城島君と倉科カナさんがゲスト出演するそうです。

主題歌は嵐なので、限定版のCD買うのは大変そう(汗)DVD

限定版だけのアフィリはありませんでした(^^;)

こちらの主題歌も楽しみです♪(^^)音符

 

【原作】 城アラキ(原作)・長友健篩(作画) 『Bartender』(集英社『スーパージャンプ』)

【脚本】 高橋ナツコ、山浦雅大ほか

【主題歌】 『Lotus』 嵐

 

【主要キャスト】

佐々倉 溜(ささくら りゅう)(相葉雅紀)天才バーテンダー。

来島 美和(くるしま みわ)(貫地谷しほり)雑誌「週刊東京ワンダーナイト」の記者。

来島 泰三(津川雅彦)美和の祖父。来島財閥の会長。

杉山 薫(荒川良々)BAR「ラパン」のバーテンダー。

三橋 順次(光石研)BAR「ラパン」のチーフバーテンダー。

桜 肇(尾美としのり)美和行きつけのさくら食堂のおやじさん。

桜 寿(西慶子)肇の妻。さくら食堂の女将。

五木 瑤子(池津祥子)雑誌「週刊東京ワンダーナイト」の編集長。

加瀬 五朗(竹中直人)溜の師匠のバーテンダー。

葛原 隆一(金子ノブアキ)BAR「K」の凄腕バーテンダー。"ミスター・パーフェクト"と呼ばれる

 

公式HP(第2話予告)

 


【送料無料】Bartender(1)


◆メール便は送料無料◆【2枚セット】 嵐/Lotus [初回盤+通常盤] 【オリコンチャート調査店】 ■2011/2/23発売■

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ぽっダブルハート







最終更新日  2011年02月07日 12時21分47秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.