9162622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

七の病院 譲渡会 New! neko天使さん

ドラマスペシャル『… New! レベル999さん

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

生落花生をいただき… New! 三人文殊さん

コメント新着

くみ1@ 9/22 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2011年02月14日
XML

第6回の視聴率は、前回の22.0%より大幅に下がって、19.6%でした。下矢印

初めて20%を切ってしまい、最低視聴率でした。

危惧した通りで、残念です。しょんぼり

 

光秀と江が会っただけでも、主人公特権の史実無視でしょうけれど、

55歳の光秀に、10歳位(数え年)の子供の江が「天下布武」を説くというのは、いくら何でも・・・(汗)

その上、光秀も死ぬ前に、江のことを思い出して、「天下を泰平にする」という江との約束を守れなかったことを詫びるなんて・・・

あまりの展開に呆れてしまいました(汗)

 

江「もし、明智様が天下を取られたならば、世に太平をもたらすと約束して下さい。

 叔父上を討ったことを許せるとしたら、それしかありません」

秀吉軍に負けて、逃げた明智は、落ち武者狩りにあって刺されてしまいました。

そして、諦めて自害する時、この江の言葉を思い出し、約束を果たせなかったと残念そうでした。

 

中国攻めから大返しした秀吉軍との戦い、大掛かりなロケで迫力ありそうでした。

でも、睨み合っていただけで、全然、戦いのシーンがなかったので、拍子抜けでした。

それで負けたと言われても、ちょっと現実味がなかったです(^^;)

 

秀吉軍の大返しもイマイチ、リアルでなかったし・・・

アップのセリフばかりだったからかもしれません(^^;)

とにかく、視聴率が落ちたのは、信長がいなくなったせいだけじゃないかもしれませんね(^^;)

 

無事に明智の家臣に清洲城まで送ってもらって、江と市と姉達が会い、無事を喜びました。

そのシーンは感動的で良かったです♪

でも、その後の市と江の会話がイマイチ、時代錯誤な気がしました。

江「叔父上を討った相手なのに・・・憎い敵であるはずなのに・・・どうしても明智様を憎むことができないのです」

市「憎むべきは人ではない。戦であり、戦をもたらす世のありようなのじゃ」

 

こういう考え方は現代日本の考え方でしょう。

それに、江が明智を憎めないのなら、その後の「春日の局」との確執が意味不明。

明智軍に行った時、斎藤利三に冷たく扱われたからという、もっと心根の狭いことで春日の局と確執が生まれるのでしょうか?(春日の局は、この利三の娘です)

今回、利三は、立場が変わったと、江に冷たかったですが、これが普通の扱いでしょう(^^;)

明智がヒロインに媚を売りすぎでした(笑)

 

そして、信長の姪であることをあちこちで声高で言い、偉そうな江。

偉いのは信長であって、その娘ならともかく、たかが姪で・・・

 

今まで批判ばかりしてしまいましたが、

市や茶々、初が明智の軍を恐れて、清洲城へ逃げて行くのは良かったです♪

どれを持って行くのか、江の分も選んであげて・・・

市も江を心配して、沢山、家康宛の手紙を書いて、届けてもらいました。

とにかく生きていて欲しいと心配そうでした。どきどきハート

 

細川家に嫁いだ明智の娘のたまも可哀想でした。涙ぽろり

「謀反人の味方などできるものか!」と、細川幽斎(藤孝)が隣室のたまに聞こえるように言いました。

直ちに、夫婦の縁を切れと、息子の細川忠興に言いました。

でも、忠興はたまを愛していたので、「お待ち下さい」と頼みました。

忠興「たまの身は我が領地のいずれかに移し、厳しく見張らせまする。

 なにとぞ、それでお許し願いとう存じます」

忠興とたまは、この時代、珍しいくらい夫婦仲が良かったんですよね。どきどきハート

夫婦仲が良くても、市といい、たまといい、辛い世の中でした。。。

 

次回は、「母の再婚」。

予告編で、「母は嫁ぐことにした」という市に、

江が「好きでもないのに嫁ぐのですか」と聞いてました(汗)

これも、現代の価値観のままですね(^^;)

これは史実を元にし、時代劇の形を借りた現代劇かもしれません(汗)

とにかく、次回から織田家の家督争いが始まりそうです。

とりとめなくなってしまいましたが、また来週(^^;)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%

 

【第6回粗筋】

天正10年6月。江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と命がけの伊賀越えの末、無事、伊勢に到着するが、野武士に捕らえられる。一方、光秀(市村正親)は、天下人どころか孤立無援となっていた。最大の誤算は、秀吉(岸谷五朗)であった。備中から1日半で姫路に到達。後に「中国大返し」と呼ばれる離れ業をやってのける。追い詰められた光秀は、安土城で人質となった江と対面。なぜおじ上をあやめたか、江は光秀に訴えるが・・・。

 

公式HP・電光石火!秀吉の中国大返し

公式HP・やっぱりドロドロ!織田家の家督争い

江の2番めの夫、EXILE・AKIRA(豊臣秀勝役)に決定♪

 


送料無料!!【CD】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~/TVサントラ(11.2.16発売)


【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪ぽっダブルハート







最終更新日  2011年02月14日 20時29分23秒
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.