9166510 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

朝日と雨>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「見えない… New! BROOKさん

たまちゃんの日向ぼ… New! いしけい5915さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

昨日の誕生日、贅沢… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

2011年02月21日
XML

第7回の視聴率は、前回の19.6%より更に下がって、18.5%でした。

最低視聴率を更新してしまいました(汗)

裏に、フィギュアスケート女子フリー(21.1%)があったので、それに少し食われてしまったかもしれません。

サル・秀吉(岸谷五朗)と渋い柴田勝家(大地康雄)が中心だと、ちょっと華に欠けますね(^^;)

今回は、清洲城での織田家の跡目を決める清洲会議が主でした。

やはり、ヒロイン・江が、その前に、秀吉とおねに会いました(^^;)

その上、清洲会議も隣の部屋で盗み聞き(笑)

秀吉に文句を言いました♪大笑い

もうヒロインさまの無理な活躍に慣れてきました(苦笑)

 

江は、秀吉は嫌いですが、おねが好きだそうです。

以前、叔父上に会わせてもらいましたからね♪(^^)

今回は、秀吉の母、なか(奈良岡朋子)も登場しました。

謎の“法師さま”と呼ばれる3歳の少年が秀吉の許にいました。

でも、秀吉はこの子が誰なのか、おねにも言ってありませんでした。

江が聞いても「親戚の子」と、秀吉はごまかして(^^;)

 

山崎の戦い直後の1582年6月27日、尾張・清洲城で重役会議、世に言う清洲会議が開かれました。

参加者は重臣・柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、そして、信長の乳兄弟・池田恒興の4人です。

主な議題は、"信長の後継者選定"と"遺領配分"でした。

江は、隣の部屋に隠れて、その会議を盗み聞きしました(^^;)

後継者の有力候補として考えれらていたのは、信長の次男・信雄三男・信孝でした。

勝家は、三男・信孝を後継者に推挙しました。

でも、秀吉は、三法師を推挙しました。

秀吉「跡継ぎには嫡流をもってすべし」

三法師とは、“法師さま”と呼ばれていた江が会った3歳児です。

三法師は、本能寺の変で亡くなった信長の嫡男・信忠の嫡男で、信長の嫡孫に当たりました。

確かに、嫡男の嫡男なので、正論ではありました。

でも、3歳なので、実権を秀吉が握るのは目に見えています。

勝家は猛反対しました。

でも、他の2人は、秀吉案に賛同してしまいました。

ドラマでは出てきませんでしたが、公式HPによると、丹羽長秀と池田恒興は、秀吉から大幅な領地アップを確約されていたそうです。

さすが秀吉、根回しがいいですね(汗)

秀吉は三法師を抱き上げ、三法師を抱いた秀吉に、皆がひれ伏しました。

皆が秀吉にひれ伏した感じになり、秀吉は気持ち良かったことでしょう♪(^^;)

江「なぜじゃ。

 なぜそのような大事、そなたが決めるのじゃ!」

秀吉「それがしではなく、お屋形様の御遺志と思うが故にございまする」

 

秀吉、前回から何でも“お屋形様”のためと言って、自分のためなのに、嫌な人ですね(^^;)

 

三法師が後継者に決まってしまいました。

悔しそうな江と勝家。

 

江から結果を聞いて、市と姉達は驚きました。

市「何ということじゃ!」

織田家から実権を秀吉に取られてしまうので、市も悔しく思いました。

三男・信孝が市に相談に来ました。

そなたと信雄が跡目争いをしているうちに秀吉にしてやられたと、市は信孝を叱りました。

信孝は謝り、話があると言って、江達を人払いし、市と2人で話しました。

それは、勝家との政略結婚話でした。

 

三姉妹に市は言いました。 

市「母は嫁ぐことにした」

秀吉の天下取りを阻むために、嫁ぐとのこと。

秀吉に匹敵する力があるのは勝家だけと、説明しました。

江「好きでもないのに、嫁ぐのですか?」

市「それは違う。

 私は柴田殿を猿に勝たせたい。

 ゆえに妻となる。

 それは私の意志じゃ。

 誰かの思惑に縛られ、操られて動くのではない。

 母は武将の心で嫁ぐ。

 そう申してもよいのかもしれぬ」

茶々「武将の・・・心・・・」

 

市と結婚が決まり、市と娘達に面会した勝家、たどたどしくて可愛かったです♪(^^)

でも、茶々と初が反対。

初「私達にとって父は、浅井長政ただ1人でございます」

江は「私が敬うことができるは、ただ1人、叔父上、信長公だけでございます」

3人とも市の結婚に反対して出て行ってしました。

でも、この時代、子供が親の結婚に反対できるとは思えないです(^^;)

 

私が今回、結構、好きだったのは、最初の方の秀吉と千宗易のシーンです。

秀吉「茶のためなら心を売ると申すか」

千「心だけやない。この身も売りまする」

さすが宗易ですね♪

もうすぐ世継ぎを決めるが、百姓の出なので、次男や三男の後見にはなれないだろうと、秀吉は宗易に愚痴りました。

宗易「織田家の世継ぎ、その名に値するのは、お子だけですやろか」

これがいいアドバイスになったようです。

宗易は、結構、いいブレインですね(^^)

 

来週は「初めての父」。

公式HPの「次回のみどころ」に「男・勝家60歳。初めて妻を持ち、戸惑う」と書いてありました。

60歳で初婚だとは驚きました。

市を大好きな秀吉が、今回、とても悔しがっていましたが・・・

別の説だと、秀吉が市と勝家の結婚を仲介したという説もあるんですよね(Wikiより)

私も「勝家は天下より女を取った」と描いていたドラマを以前、見たような気がします(^^;)

でも、このドラマのように、秀吉憎しで市の意思で結婚した方が分かり易いし、市の個性が生きるかもしれません。

市との結婚から死までが短いですが、勝家にとっては、人生最期の春かもしれません。さくら

私としては、早くイケメンが出て来て欲しいです(^^;)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%

 

【第7回粗筋】 (niftyテレビより)

天正10(1582)年6月。清洲城に身を寄せていた市(鈴木保奈美)、江(上野樹里)、茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)は不安な日々を送っていた。織田家筆頭家老・柴田勝家(大地康雄)は、その清洲城に織田家重臣を呼び寄せる。謀反人・明智光秀(市村正親)を打ち破った秀吉(岸谷五朗)は、ある秘策を抱え清洲城に現れる。そして迎えた清洲会議。秀吉は信長の直系である信忠の嫡男・三法師(庄司龍成)こそが後継者だと幼子を祭り上げ、勝家らの裏をかく。織田家の行く末が大きく揺らぐ中、後継者から外れた信孝(金井勇太)は市の元を訪ねる。その夜、秀吉の野望を阻止するため、市は勝家との再婚を決意する。

 

 

公式HP・やっぱりドロドロ!織田家の家督争い

公式HP・次回「初めての父」みどころ

 

江の2番めの夫、EXILE・AKIRA(豊臣秀勝役)に決定♪

 


送料無料!!【CD】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 江~姫たちの戦国~/TVサントラ(11.2.16発売)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

できれば応援クリックよろしくお願いします♪(^^)ダブルハート







最終更新日  2011年02月22日 19時08分11秒
コメント(16) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.