9074325 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

新潟の令和元年8月… New! 三人文殊さん

おめでとう>『なつ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「イソップ… New! BROOKさん

修理に出していたカ… New! いしけい5915さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コメント新着

三連星@ 第20週後半 New! 今週は週タイトル「なつよ、笑って母にな…
くみ1@ 8/17 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
Hiroki Nara@ Re:台風10号の進路予想&新潟・上越40.3℃(今年初の40℃超え)(08/14) New! おはようございます。 今日は晴れです。 …
2011年05月22日
XML

第19回の視聴率は、前回の18.1%より下がって、17.3%でした。下向き矢印

 

今回は「初の縁談」でしたが、主役は初ではなくて、茶々という感じでしたね(^^)

ここ数回、茶々が秀吉の側室になるまでの気持ちの揺れを丁寧に描いています。

前回、『茶々~姫たちの戦国~』という題の方がいいのではないかというコメントいただきました。

確かに、ここのところ、そういう感じになっていますね(^^;)

初は、京極高次(斎藤工)に一目惚れしましたが、どうやら高次の方も初に一目惚れだったらしいです。

できすぎのような気もしますが・・・(^^;)

でも、高次の姉で秀吉の側室の龍子は、三姉妹には使い道があるのではないかと言いました。

初は、私達はサルのまつりごとの道具だと嘆きました。

捕らわれの身だから仕方がないと、茶々。

でも、今更悩むのは遅いのでは?

江の嫁入りの時に、それは身に染みたと思ったのですが(汗)

 

気の毒に思った茶々が、初の思いを遂げさせてほしいと、秀吉に頼みました。

秀吉は、そうすると初のためにやってきたことが無駄になるので、何か見返りはあるのかと聞きました。

秀吉「縁談をまとめる代わりに、わしに何かくださるのか?」

それは側室の件かと茶々は聞き、返事は初の縁談が決まったらと、濁しました。

 

お陰で、秀吉の仲介の元、高次は初に求婚しました。

高次「初殿を私の妻にお迎えしとうございます」

ちょっといろいろありましたが、誤解が解けて・・・

初めて会った時から好きだったと、高次は再度プロポーズ♪

初「私の好きな物は菓子でございます。

 それでもよろしいのでしょうか?」

高次「ならば、私も菓子を好きになるよう努めまする」

 

縁談が決まりました♪

江はすんなり姉の縁談が決まったので、姉様が影で動いたのではないかと不安になりました。

茶々は、そういうことはないと言いましたが・・・

動いていたんですね(^^;)

 

1587年、初が嫁入りのため、旅立ちました。

この時、茶々18歳、初17歳、江14歳です。

初は、菓子の嫌いな高次のために菓子をやめると言いました♪

お互いに思いやっていていいですね♪ダブルハート

でも、いつまで続くやら(^^;) 

三姉妹で、泣きながらお別れしました。

愛する人の元に嫁げて良かったですね♪

本当は、どうか分かりませんが(^^;)

 

その夜、茶々は、月見をしていた秀吉の元を訪れました。

秀吉の「何をくださるのか」との問いに、「私の身を」と答えました。

でも、側室にはなりたくないので、どうかご容赦をと言いました。

 

秀吉「なるほど・・・ならば、近う」

近づく秀吉。

目を瞑って、必死に耐える茶々。

秀吉「戯言にござる。

 お茶々様を力づくで手に入れようとは思いませぬ」

茶々「では、私から望むことがあるとでも?」

秀吉「ないでしょうなあ。

 ただ、それがしは、今宵、こうして来てくださっただけで幸せにございます」

この紳士的な態度に、茶々はまた秀吉に対して好感を抱いたようでした♪

そして、月が餅に見えた話を聞いて、笑顔に♪月

秀吉「笑うと、更にお美しいのお」

褒められて、気分をよくした茶々でした♪(^^)

 

でも、その数日後。

庭先で、秀吉が紅葉の花見をしながら、団子を食べていたので、茶々と江が挨拶をしようと近寄りました。

でも、秀吉は、新参の側室のトヨという若い女性とイチャイチャしてました(^^;)

トヨは、秀吉に口づけして、キスマークがつきました。

そこへ茶々が来て、驚く秀吉。

茶々「随分と若い側室でございますね」

秀吉「いやいや、お茶々様と同じ巳年の生まれにござりますれば・・・」

茶々は秀吉の頬を殴り、逃げて行きました。

驚いて、姉の後を追う江。

茶々は泣いていました。

江「なぜ、泣いておるのですか?」

茶々「分からぬ。私にも分からぬ」

 

これは嫉妬でしょう♪(^^;) 

茶々は、遂に、秀吉のことが好きになったみたいですね(^^;)

やはり引いてみるのがいい作戦だったのでしょう(笑)

 

次回は、「茶々の恋」

そろそろ側室OKするでしょうか?

何度も暗い表情で茶々を気にしていた正妻、おねの気持ちも気になります。。。

 

【第19回粗筋】 (Yahooテレビより)

天正15年晩夏。初(水川あさみ)の京極高次(斎藤工)への恋心は募るばかり。だが、信長のめいである三姉妹は、秀吉(岸谷五朗)にとって政略結婚最大の駒。望む相手との結婚など無理だと龍子(鈴木砂羽)に諭される。初は、茶々(宮沢りえ)に高次との結婚の許しを秀吉にしてほしいと懇願するが、江(上野樹里)は大反対。しかし茶々は、ふびんな初を高次に嫁がせるため、その見返りとして自らの身をささげると秀吉に申し出る。

 

【視聴率推移】 (関東地区)

第1回]21.7%  [第2回]22.1%  [第3回]22.6%  [第4回]21.5%

第5回]22.0%  [第6回]19.6%  [第7回]18.5%  [第8回]20.9%

第9回]20.0%  [第10回]16.9%  [第11回]15.7%  [第12回]17.1%

第13回]16.6%  [第14回]19.2%  [第15回]18.0%  [第16回]15.9%

第17回]20.7%  [第18回]18.1%  [第19回]17.3%

 

公式HP・「名門or迷門?初の夫、京極高次」

 

【アメーバ ニュース】『篤姫』脚本家・替え玉だった(2011.5.18)

 


【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編


【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


 

トラックバック、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします

コメント欄にリンク記入してくださるのも大歓迎です♪(^^)

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51742140

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   人気ブログランキングへ

できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)ダブルハート 







最終更新日  2011年05月23日 13時12分42秒
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.