9492651 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

スカーレット どろ… New! らぶりーたわ子さん

今日の猫たち New! neko天使さん

穴窯を作ろう>『ス… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「キャッツ」 New! BROOKさん

コメント新着

Hiroki Nara@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! おはようございます。 光景sight #20 Ki…
neko天使@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
ぱに〜に@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! こんばんは~ 新型肺炎、結構猛威を振るっ…
三連星@ 視聴率など New! ようやく今年の視聴率をお伝えできます。…
megumi@ Re:冬ドラマ視聴率一覧と感想(2)(2020年1~3月期)(01/23) New! 【ケイジとケンジ】放送第2回目は9.7%に…
2011年10月17日
XML
カテゴリ:’11秋ドラマ

初回視聴率は、22.2%(関東地区)でした♪きらきら

勿論、この秋、始まった連続ドラマの中で、今の所、最高視聴率です♪

瞬間最高視聴率は、午後10時37分の時点で、25.5%でした。

これは、欠陥が発見され南極行きが危ぶまれた観測船の必死の改造・修繕工事が連日行われ、2度目の防水試験に成功し、感極まるシーンでした♪

尚、初回は、一部地域で、早くも再放送するそうです。

2011年10月23日(日)午後2時~4時

そして、第2話も10分拡大スペシャルです♪

次回も楽しみです♪(^^)

ローソンとタイアップした新商品「ホワイトチョコラスクの山」が10月16日発売されました。

私も食べてみたいものです。(以上、公式HPより)

 

初回、2時間5分SP、見る前は、ちょっと長すぎのような気がしました。

でも、実際見たら、内容は充実していて、映画のようで、良かったです♪

今回は、南極観測隊が出発するまでの様々な苦労を描きました。

これは、実話を元にしたドラマです。

原案は、北村泰一さん(第一次三次南極越冬隊隊員)の「南極越冬隊タロジロの真実」です。

昔、高倉 健さんが主演で「南極物語」という映画がありました。

このドラマは、「南極大陸」というタイトルです。

 

船が出港する時、皆が見送るシーンは涙が溢れそうでした。

いろいろな苦難を乗り越えて、やっと出航できるという感じで・・・

寄付してくれた子供達も沢山見送りに来てくれました♪

でも、やはり高岡美雪(綾瀬はるか)の見送りは特別でした♪(^^)

義理の妹ですが、恋人みたいでした♪(^^)

さまざまな困難を乗り越えて、出航できて良かったねと思う反面、

生きて帰ってこれるかどうか分からない旅立ちで・・・

今回は出航前だったので、エピソード0という感じでした。

これからが目的地・南極で、違う意味での苦難の連続だと思います。

日本国民、子供達の夢を背負って、頑張って欲しいものです。

昭和の良き時代、敗戦国から必死にのし上がってきた昔の日本国民のパワーを感じたドラマでした♪(^^)

芸術祭参加作品らしく重厚なドラマ作りでした。

でも、「マルモのおきて」で受けた、動物と子供の要素はしっかり入れてました(^^;)

芦田愛菜ちゃんも出てましたし・・・(^^;)

有名なタロ、ジロなど樺太犬も沢山♪

タロ・ジロが出発前から可哀想な犬だったとは知りませんでした。

飼い主が借金を貸せなくて夜逃げをし、3匹の犬を置き去りにしました。

サブローは死んでしまいましたが、タロ・ジロは生きていました。

でも、この犬達は売られてしまい、それを知って、倉持岳志(木村拓哉)は、買った人から買いました。

でも、人間を信じていないのか、その犬に倉持はかまれてしまいましたが・・・

どうにか犬の信頼を得ることができました♪(^^)

このかまれたシーン、当然、スタントでしょうね。

でも、痛そうでした(^^;)

また、南極でこの犬達、置き去りにされるのかと思うと、ちょっと可哀想でした。

勿論、したくてするわけではないのですが・・・

 

話は最初に戻りますが、「敗戦国」というレッテルを貼られた昭和30年、南極は唯一、日本が世界と並べる所だと思い、白崎(柴田恭兵)と倉持らは、夢をかけました。

でも、「国際地球観測年特別委員会」に参加した倉持と白崎は、「負け犬の日本に何ができるんだ」と世界各国から罵倒されました。

そして、日本に割り当てられた観測場所は、"INACCESSILE(インアクセサブル)・接近不可能" な場所でした。

倉持「先生、これって、世界は日本は来なくていいって、そういうことですか?」

2人は、がっかりしました。

 

でも、2人は諦めませんでした。

それ以外にもお金が集まらなかったり、

倉持は、昔、山で遭難して仲間を死なせてしまった時のリーダーだったので、参加するなと言われてしまったり、

戦艦・宗谷を観測船に改造したのですが、欠陥が発見され、南極行きが中止になりそうになったり・・・

次々と試練が訪れました。

でも、倉持は、諦めませんでした。

夢を実現するために、自分が参加できなくてもいいからと頑張る姿は、心を打たれました。

 

企業からの寄付金は集まりませんでしたが、子供達が自分のお小遣いを少しずつ募金してくれました。

その最初の募金は、晴夫君の5円でした。

それが全国の学校に広まり、大きな募金活動となって、政府を動かし、国家事業として認められました。

 

倉持は、隊員に選ばれませんでしたが、樺太犬の犬を集めたり、世話したりしているうちに、倉持の熱意と重要さを認められて、隊員に選ばれました。

倉持は喜びました♪

でも、義妹の高岡美雪(綾瀬はるか)は、少し心配そうでした。

それも、ただ行くだけではなく、倉持達一部の人は1年間、南極で暮らすことになりました。

生きて帰って来れるかどうかも難しいです。

綾瀬さん、今回は小学校の教師で、おとなしそうな役柄でした。

でも、芯は強そうです♪

後述の人物表の通り、それ以外にも豪華キャストでした。

倉持の亡くなった妻は、仲間由紀恵さんでしたが、写真だけでした(^^;)

キムタクドラマはいつも豪華キャストですね♪

だから、いつも初回の視聴率はいいです。

次回、真価を問われると思います。

私は真面目すぎるドラマになるのではないかと、少し危惧していたのですが、それほどではなく、犬と子供で、結構、柔らかくなっていたと思います。

重厚な良質なドラマだと思いました。

次回も期待しています♪(^^)

 

【第1話粗筋】 (Yahooテレビより)

昭和30年、地質学研究者の倉持(木村拓哉)は、恩師の白崎(柴田恭兵)と共に南極の共同観測を話し合う国際会議に出席する。しかし、敗戦国日本の南極観測への参加に、各国は難色を示す。屈辱感を味わい帰国した2人は、今こそ日本の底力を世界に示し、敗戦で元気がない国民に希望を届けようと、観測実現に向け動きだす。大蔵省に門前払いされた倉持は、先輩の新聞記者・内海(緒形直人)の力を借りて計画を公表。観測隊に夢を抱いた子どもたちによる募金活動が始まり、国もようやく重い腰を上げる。

 

【原案】 北村泰一(第一次三次南極越冬隊隊員)「南極越冬隊タロジロの真実」

【脚本】 いずみ吉紘

【主題歌】 中島みゆき 「荒野より」

 

【主要登場人物】

倉持岳志・・・木村拓哉(SMAP)

高岡美雪・・・綾瀬はるか

氷室晴彦・・・堺雅人

犬塚夏男・・・山本裕典

横峰新吉・・・吉沢悠

船木幾蔵・・・岡田義徳

谷健之助・・・志賀廣太郎

嵐山肇・・・川村陽介

山里万平・・・ドロンズ石本

白崎優・・・柴田恭兵

鮫島直人・・・寺島進

内海典章・・・緒形直人

星野英太郎・・・香川照之

古館綾子・・・木村多江

古館遥・・・芦田愛菜

古館亮・・・井上瑞稀(ジャニーズJr.)

古館智大・・・山本學

倉持の妻・・・仲間由紀恵

倉持の父・・・渡瀬恒彦

 

公式HP(プレゼントクイズ)(10/23(日)夜9時締切)

 

<過去記事>

『南極大陸』主題歌、中島みゆきさん(2011.9.4)

 


1/350 TBSドラマ 南極大陸 南極観測船 宗谷“第一次南極観測隊” ハセガワ H TBS


【送料無料】南極物語(DVD、高倉 健:主演)

 

 

トラックバック、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

こちらからは、ミラーと両方、TBかけさせていただきます。 よろしくお願いします♪

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53017597

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2011年10月24日 17時48分49秒
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.