9016629 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

冷凍・冷蔵でウレタ… New! 三人文殊さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

なつぞら、、ぼーと… New! らぶりーたわ子さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「チャイル… New! BROOKさん

コメント新着

くみ1@ Re:ネタバレ【なつぞら】第17週(7/22~7/27)粗筋と感想&視聴率(07/20) New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
三連星@ Re:やすらぎの刻と選挙速報から(07/16) New! N党はその後、議席を獲得しました。低投…
neko天使@ Re:ネタバレ【なつぞら】第17週(7/22~7/27)粗筋と感想&視聴率(07/20) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
ショコラ425@ Re:7/10(07/10) New! くみ1さんへ コメント、ありがとうござい…
2011年12月20日
XML
カテゴリ:’11秋ドラマ

「終幕~時を超えて...52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」

『南極大陸』最終回の視聴率は、前回の16.7%より大幅に上がって、22.0%でした。上向き矢印

初回の22.2%に続いて、2度目の20%超えで、有終の美を飾りました♪(^^)

裏に、「FIFAクラブワールドカップ決勝戦・サントス×バルセロナ」(18.2%)があったのに、影響なかったみたいで凄いですね♪

それにしても、視聴率推移、起伏が激しかったです(汗)

最高視聴率は、初回の22.2%。

最低は第5話「仲間の死」の13.2%。

平均視聴率は、18.0%でした。

平均は、時間を加味した加重平均なので、最初と最後の時間延長が長かった日に高視聴率だったのがラッキーだったと思います。

秋クールの連続ドラマでは、『家政婦のミタ』に続く2位でした。

 

リキ、まだ温かくてもう少しだったのに、残念でした(涙)

第三次南極観測隊、またいろいろ苦労して、ようやく南極に着く事ができました。

倉持が経験者で詳しいので、最初に、南極大陸に降りて、犬達の確認に行きました。

リキがそんな状況とは知らず、最初に、鎖に繋がれたまま死んでいた犬達を掘って確認しました。

8頭の犬達、鎖に繋がったまま、首だけ酷い傷跡があって、首輪を引きちぎろうと頑張ったみたいで、気の毒でした。

この犬達を探し回るシーンが長かったのですが、見ていて、そんなに長く感じませんでした。

リキは最後に昭和基地の近くに戻っていました。

ようやくリキを見つけたのに、亡くなっていて・・・

それも手袋を片方、脱いで確認したら、まだ温かくて・・・

倉持「まだ、あったけ~じゃねえかよ!

 ごめんな、リキ」と、泣きました。

私もウルウルでした。

箱に入れて、日本の国旗に包んで、海の中に埋葬しました。

 

皆、やはりダメだったと絶望した時に、タロ・ジロが見つかりました。

倉持は喜んで、「タロ・ジロ!」と呼んだのですが・・・

彼らは倉持を忘れていて、寄ってきませんでした。

当然ですよね。

置き去りにされて、1年も経ってしまったんですから。

寿命から考えると、犬の1年は小型犬で4歳~4歳半、大型犬で7歳、人間に換算すると年を取るそうです(詳しくは「犬の年齢の数え方と寿命」参照)。

人間だと7年間置き去りにされた位の時間の重みがあると思います。

 

倉持「ごめんな。置いてったりして。

 もう一度、会いたかったんだよ」

倉持は、手袋をまた片方外して、2頭に差し出し、臭いをかがせました。

倉持「俺だ。俺だよ」 

手袋の臭いを嗅いで、ようやく、タロ・ジロは、倉持を思い出し、寄って来てくれました。

良かった。良かった♪

 

タロ・ジロがすぐに寄って来なかったのは、リアルで良かったです♪

覚えていたとしても、置いてきぼりにされたから恨んでいて、わざと知らないふりしたかも?(^^;)

とにかく、生きていて良かったです♪(^^)

皆もとても喜びました♪

日本では、新聞、号外が出ました♪

日本中がタロ・ジロの生還を喜びました♪

今度は、宗谷の帰還も皆が歓迎してくれました。

あっという間に、倉持も帰ってきました(^^;)

2度めですからね(^^;)

美雪も迎えにきました。

倉持「ただいま」と、美雪に言っただけでした。

でも、きっと2人の未来は明るいでしょう♪(^^)

 

遥香ちゃんは、リキの死を知って、悲しみ、泣きました。

もう少しだったのに、本当に残念でした。

 

そして、最後に、第一次越冬隊だった皆のその後が描かれました。

皆、それぞれの道で頑張っていて、良かったです♪

明るい終わり方でした♪(^^)

 

全体を振り返ると、中盤、中弛みだったような気がしますが、最初と最後は良かったです♪

特に、後半は犬達が主役のようで、彼らの名演技に救われたような気がします。

それが視聴率の回復にも繋がったのではないかと思います。

あと、中弛みして視聴率が13%台に落ちこんでいた時に、第6話、日本シリーズの最終戦「ソフトバンク×中日」(18.9%)があって、タナボタで19.1%取れたのも大きかったような気がします。

運がいいのも実力のうちかもしれません(^^)

平均が18%台を取れて良かったです♪

 

尚、来年1月15日から、この枠は、山崎豊子原作のドラマ『運命の人』です。

本木雅弘さん、松たか子さん、真木よう子さん、大森南朋さんなどが出演します。

山崎豊子さんの小説は、堅そうで苦手なので、私は見ないかもしれません(汗)

 

【最終話粗筋】(公式HPより)

昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志(木村拓哉)は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「宗谷」の修理が完成した頃、氷室(堺雅人や星野(香川照之)の働きかけにより、再び「南極大陸」へ行けることとなった。そして倉持は、美雪(綾瀬はるか)に「待っててほしい」 と自分の気持ちを告げた。
昭和33年11月12日、犬たちが生きているという"奇跡"を信じる想いを乗せた南極観測船「宗谷」は、南極へと出発した。

南極へ向け荒波を切り裂いて進む「宗谷」は改良されても激しい揺れに苛まれる。暴風圏をなんとか抜け、南極圏に入ることはできたが、本当の闘いはここから始まった。大陸までは180キロ。前回の反省を踏まえ、「宗谷」での上陸を目指しながらも、空輸で越冬隊と必要物資を運搬する作戦をたてる。そして、白崎は天候が回復し、安全な距離になったら一足先に昭和基地に偵察に行く役目を倉持に任命するのだが...。

その頃、リキは強いブリザードの中、倒れながらも "ある場所" へ必死に進んでいた。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]22.2%  [第2話]19.0%  [第3話]16.9%  [第4話]15.8%

第5話]13.2%  [第6話]19.1%  [第7話]13.4%  [第8話]15.0%

第9話]16.7%  [最終話]22.0%  [平均視聴率]18.0%

 

公式HP(プレゼント クイズ)(12/22(木)17時締切)

公式HP(「ニュース」)(DVD-BOX・サウンドトラック プレゼント応募)(12/26(月)24時 締切)

 


【送料無料】南極大陸 DVD-BOX(初回特典付)

 

 

TB、楽天では受けられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53529301

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ

できれば、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)雪







最終更新日  2011年12月21日 10時17分54秒
コメント(13) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.