9148942 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

なつぞら、シンプル… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

三度目の喪主ー疲れ… New! 三人文殊さん

母の味>『なつぞら… New! ひじゅにさん

コメント新着

2012年03月18日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

第11回の視聴率は、前回の14.7%より下がり、13.2%でした。

このドラマの最低視聴率です(汗)

裏の『世界の果てまでイッテQ!春の珍獣祭りSP』(17.6%)に食われてしまったかもしれません(汗)

次回は、璋子様の死や、清盛と時子との結婚、義朝と由良姫の結婚など内容盛り沢山(下記アフィリのガイドブックより)のようなので、V字回復期待しています♪ (ネタバレなので、リバース表示しています)

 

今回、久々に時子が登場しました♪

そして、絶世の美女で、後に、後白河上皇(雅仁親王)の后になる時子の妹・滋子(しげこ)も登場しました♪

まだまだ子供で、絶世の美女とは分かりませんでした(^^;)

って言うか、滋子は1142年生まれなので、崇徳帝が躰仁に譲位した永治元年(1141年)には、まだ生まれてません(汗)

その後、永治2年(1142年)正月の平家の様子が出ましたが、この時から明子が亡くなるまで、何年経ったのでしょう?(^^;)

時子は、1147年に清盛の息子を生みましたが、その時でも滋子は5歳です(^^;)

 

明子さん、優しくていい人ですね♪

その優しさが仇になって、道で倒れた人を助けようとして疫病をうつされてしまいました。

清盛は愛妻の看病どころか、近づく事も許されず・・・

治す薬がないとの事なので、僧侶達を沢山呼んで祈祷させましたが、よくならず、陰陽師を呼べと盛国に言いましたが・・・ 

亡くなってしまいました。

不安な子供達の世話を時子がしたりして、協力。

何気に清盛と近づきましたね。

今回は、久々に再会した時子と、以前会った事をすっかり忘れていた清盛でしたが、次回は急接近でしょうか?

次回は、時子の弟・時忠役で、森田剛さんも登場するそうです。

 

崇徳帝、バカですね(^^;)

あんな得子の策略に簡単に騙されるなんて(汗)

得子は鳥羽院の傍女なんだから、鳥羽院が失脚するような策を崇徳帝に提案するはずないのに(^^;)

でも、史実も、本当に騙されてしまったようなので、仕方ないですね(^^;)

折角、保延6年(1140年)、崇徳帝に、待望の皇子・重仁(しげひと)親王が生まれたのに、翌年、以前、養子にしてしまった得子と鳥羽院の皇子、躰仁(なりひと)に譲位してしまいました。

崇徳帝は、重仁に譲位したかったのですが、重仁は、聖子の子ではありませんでした。

そのため、重仁に譲位すると、聖子の父の関白・忠通が気を悪くするだろうと得子が言い、聖子の養子になった躰仁に譲位して、崇徳帝は上皇になって実権を握ればいいと言いました。

そこまで関白に気を遣うことないのに(汗)

でも、譲位の儀式での宣命は、皇太弟(こうたいてい)に位を譲ると読み上げられたので、崇徳帝は愕然としました。

崇徳帝「弟でなく、子として躰仁に譲位したのじゃ!

 弟に譲ったのでは、上皇として政ができぬ」

 

まんまと得子の計略に嵌まってしまったのでした(汗)

こうして、折角、皇子が生まれたのに、躰仁に譲位してしまい、躰仁は近衛帝となり、出家して法王となった鳥羽院が引き続き、政を行いました。

 

盛国は明子の尽力で結婚しました。

漁師の出身だということを気にしていましたが、明子が気遣って、うまく説得してくれました。

待賢門院璋子様は、得子の策略で、呪詛したと言いがかりをつけられてしまい・・・

堀河局らとともに仏門に入りました。

堀河局は得子の策略だと悔しがりましたが、璋子様は悔しがるどころか救ってくれたと喜んで出家しました(汗)

義清の出家にも責任を感じていたようです(^^;)

本当に、いい人というか、相変わらず、常人離れしていて、好きです♪(^^)

出家してしまった璋子様、今までの暮らしと変わってしまいますが、どうでしょうか?

心配です。(もう過去の人ですが)(^^;)

 

【第11回粗筋】 (Yahooより)

得子(松雪泰子)の策略に陥れられた崇徳帝(井浦新)は、得子の子・近衛帝に、みかどの座を譲ってしまう。一方、清盛(松山ケンイチ)は最愛の妻・明子(加藤あい)と子どもたちと共に、幸せな日々を送っていたが、明子が物乞いを助けたことで流行り病にかかり、死の床についてしまう。祈とう師たちを呼び、なんとか明子を助けようとする清盛だったが...。そして、駆けつけた忠盛(中井貴一)の目に映ったものとは...。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7% [第11回]13.2%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】 平清盛 NHK大河ドラマ・ストーリー(前編)

 

トラックバック、楽天にはかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54254188

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2012年03月20日 10時18分14秒
コメント(24) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.