9012736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

浄土真宗ではお布施… New! 三人文殊さん

なつぞら、貫地谷し… New! らぶりーたわ子さん

WOWOWオリジナ… New! レベル999さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

コメント新着

くみ1@ 7/20 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
神風スズキ@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! ゆきこさん、偽メールに注意! **********…
Hiroki Nara@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! おはようございます。 今日は曇りのち雨…
neko天使@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
ぱに〜に@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(3)(2019年7~9月)(07/16) New! こんばんは~ 新しいドラマが始まってます…
2012年05月22日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

「前夜の決断」

第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。

最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。

視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念です。

裏の「ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会」(13.1%)に食われてしまったかもしれません。

 

今回は、保元の乱の直前でした。

決戦当日までどちらにつくか、迷っていた人も多かったんですね。

清盛の弟の頼盛(西島隆弘)の代わりに、上皇方へついた忠正(豊原功補)、お気の毒で素敵だったです♪(^^)

今回の内容は、冒頭の説明と語りの説明の通りだったと思います。

 

<冒頭の説明>

「鳥羽法皇の死、それは国を二分する戦いの始まりでした。

次の最高権力者になるべく鳥羽法皇の子の後白河天皇と崇徳上皇、兄と弟が争います。

帝方か上皇方か、貴族、そして、武士も2つに分かれていくのです。

勝敗の行方は、朝廷の番犬と言われた武士の力にかかっていました。

どちらについて戦うのか、平氏、源氏一門の絆が揺さぶられます。

武士が世を動かす戦い。

清盛の棟梁としての力が試されようとしていました」

そして、冒頭の語りでは、

「これは時の帝、後白河帝と上皇、崇徳院というご兄弟の戦であり、信西入道と悪左府、頼長様という当代きっての2人の切れ者の戦でもあった」

 

政の実権を失った頼長が、崇徳上皇の元を訪れ、一緒に戦おうと誘いました。

そして、信西が操る後白河帝方と有力な武士の奪い合いになりました。

自分達が戦うわけではないので、強い武士を沢山集めた方が勝つわけです。

 

清盛は、すぐにはどちらにつくか決めませんでした。

清盛「こうして待たせて、戦の後の恩賞を吊り上げるのじゃ」と。

それに対して、頼盛は不安になりました。

 

清盛「ただ勝つだけでは駄目なのだ。

 上って父上(忠盛)はあと一息という所まで上りながら、公卿になれなかった。

 公卿になれぬでは政に関われぬ。

 政に関わらねば、世を変える事はできぬのだ」

 

忠正は、おとなしく従いました。

なぜ従うのか、家定が聞きました。

忠正「兄上(忠盛)が生きておったら、あやつと同じ事をしたのではないかと思うてな」

 

でも、このドラマでは大事な史実を隠しています。

忠盛の同僚の藤原忠隆の妻・栄子は崇徳上皇の乳母であり、忠隆の子・隆教は忠盛の娘を妻に迎えています。

忠盛の妻・宗子(池禅尼)は崇徳上皇の子・重仁親王の乳母でした。Wikiより)

それらの事から平氏は崇徳上皇との繋がりが強く、崇徳上皇につく方が、忠義があります。

でも、池禅尼は情勢をみて、後白河帝方に味方するよう清盛に勧めたそうです。

それら諸事情から、清盛は信西の推す後白河帝方についたんですよね。

この辺の事情、「坂の上のサインボード」さんがご自身のブログで詳しく解説してくれています。

よろしかったら参考にして下さい。

史実では、恩賞を吊り上げるなんて、せこい理由で遅くしたのではないと思います(^^;)

諸事情を鑑みての立派な遅延と、つく側の選択だったでしょう。

このドラマでは、そういう重さはなく、後白河帝に会って言われた言葉で帝方につくと決めました。

 

後白河帝「忠盛の遺した志など叶わぬぞ。

 どれだけ答えを引き伸ばしにし、どれだけ恩賞を吊り上げ、どちらについたところで、行き着く先は同じじゃ。

 たとえ、勝っても、そちの思い通りになどならぬ。

 朝廷の番犬として、こき使われたまま、志半ばで死んでいくのじゃ。

 忠盛と同じようにな。

 分かったか、清盛。

 分かったら、つまらぬ策など巡らしておらず、

(賽を投げつけ)賽でも振ってサッサと決めよ」

清盛、その賽を握り締めて考えました・・・

清盛「平氏は・・・必ず勝ってみせます。

 この戦にも、あなた様との勝負にも」

後白河帝、笑顔。

これで、清盛は後白河帝方につくと決めました。

 

7月9日(戦の前日)、当世無双の豪傑、源八郎為朝が上皇方へつきました。

それを知り、平氏から後白河帝方が負けるのではないかと動揺が生まれました。

頼盛も上皇方につこうと決意。腹心の家臣を集めました。

母の池禅尼はそれを知り、頼盛をいさめました。でも・・・

 

元々、兄上は平氏の血を受け継いでおらぬ方。 

兄・家盛が亡くなり、平氏を絶やしてはならぬ、自分が生き残る事が大事だと、池禅尼に言いました。

 

でも、池禅尼は不安に思い、忠正に相談したようです。

忠正は、もしそれで上皇方が勝っても、頼盛は棟梁を裏切ったと謗りを受けると説得。

平氏の血を絶やさぬため、戦い当日、自らが上皇方につきました。

7月10日の出陣直前、忠正が上皇方についたと知って、清盛は驚きました。

 

清盛「『生きるも死ぬももろとも』それが平氏の絆じゃ。

 絆を断って、何を守ろうというのじゃ!」

頼盛が忠正の伝言を伝えました。

「清盛、わしとおまえの間には、絆など、はなっからないわ!」

 

というわけで、絆の強かった平氏も二分されました。

このドラマでは、息子思いの池禅尼のために、彼女を好きな忠正が犠牲になったようで、ちょっと気の毒でした(^^;)

 

源氏も、義朝は後白河帝方につき、父・為義は上皇方につき決裂。

親子で戦う事の是非を問う鎌田通清に、為義は仕方ないと答えました。

義朝の乳兄弟である鎌田正清は、通清と共に為義方にいましたが、当日、義朝の元へ行きました。

こちらも父と子で敵同士です。

 

次回は、遂に、「保元の乱」ですね。

盛り上がる事を期待します♪(^^)

 

【第20回粗筋】 (Yahooテレビより)

ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。清盛(松山ケンイチ)・義朝(玉木宏)ら平氏源氏の武士は果たしてどちらにつくのか?前夜の決断が彼らに託される。平氏方源氏方ともども身内の中でも意見が分かれ始め、親兄弟同士が争い合う様相を見せる。果たして決戦の行方は・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]17.3%  [第2回]17.8%  [第3回]17.2%  [第4回]17.5%

第5回]16.0%  [第6回]13.3%  [第7回]14.4%  [第8回]15.0%

第9回]13.4%  [第10回]14.7%  [第11回]13.2%   [第12回]12.6%

第13回]11.3%  [第14回]13.7%  [第15回]12.7%  [第16回]11.3%

第17回]13.9%  [第18回]13.5%  [第19回]14.7%  [第20回]11.8%

 

公式HP・次回粗筋

 

 

TB、楽天にはかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54774749

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ 

応援クリックよろしくお願いします♪(^^)ダブルハート 







最終更新日  2012年05月26日 11時20分39秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.