9077667 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

矢野顕子さんのライ… New! らぶりーたわ子さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

ハチの巣の駆除 New! 三人文殊さん

仔猫のやんちゃに癒… neko天使さん

コメント新着

くみ1@ 8/19 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
tweety@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(6)(2019年7~9月)(08/06) New! やっとサイン見ました。。引っ張るなあっ…
三連星@ ドラマ2作・3本 New! (菜々の剣) 谷村美月さんの病、町田啓太…
2012年11月09日
XML
カテゴリ:朝ドラ

「純と愛」の新たなキャストが追加発表されました。

余 貴美子・・・上原サト(大正区のホテル「里や」の女将)

石倉三郎・・・金城志道(琉球舞踊の家元)

映美くらら・・・天草蘭(「里や」の客室係)

田中要次・・・藍田忍(「里や」の板前)

朝倉あき・・・宮里羽純(「里や」の従業員)

 

殆ど、「里や」のホテルの人ばかりですね。

純、今の「オオサキプラザホテル」をやめて、こちらのホテルに移るのでしょうか?

この「里や」がドラマに登場するのは、12月の最終週位から、来年2月位までだそうです。

後半は、「里や」というホテルで、大正区の皆さんと交流しながら、「魔法の国」を作り上げていき、下町人情溢れるドラマを作っていきたいそうです。(山本チーフ・プロデューサー談。詳しくはこちらです)

今のドラマからは、下町人情溢れるドラマなんて、とても想像できないです(汗)

 

先週の週間最高視聴率は、関東は前週の18.0%より下がって、17.5%(11/2(金))でした。

これは、週間最高視聴率としては、最低視聴率です(^^;)

関西は、前週の16.3%より上がって、18.2%(10/30(火))でした。

関西ではずっと視聴率が落ち続けていましたが、初めて上がり、それも2%近く上がったので、驚きました。

10/30(火))は、正が政略結婚する予定だと聞きました。そして、愛ママが愛を病院へ連れて行くよう純に命令しました。

この内容で上がったなんて、驚きです(^^;)

北海道は、続落で、13.8%でした。勿論、最低視聴率です(汗)

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

 

今週は、兄・正の政略結婚の騒動でした。

結局、マリヤが結婚式に来て、新郎の正と一緒に逃げました(^^;)

このドタバタ、最初から結果が見えていたような(^^;)

そして、今日、父、善行が純が後ろで糸を引いていたのではないかと怒りましたが、武田鉄矢さん、珍しく、何度か、セリフを噛んだので驚きました(汗)

なぜ撮り直さなかったのでしょうか?

そんなに時間的に押してたのでしょうか?

それとも、皆、もういい加減になってしまったのかな?(^^;)

 

今週の最初に戻ります。

正の結婚式、母から純も出席するよう電話がありましたが、純は出ないと言いました。

借金を返すお金を借りるための政略結婚だから(汗)

でも、誠が来て、愛からの伝言だと言い、結婚式に出るよう言いました。

そして、那覇の住所を記した謎のメールが愛から届き、そこに愛がいると思って、純は慌てて那覇に飛びました。

でも、その住所にいたのは、マリヤでした。

マリヤはおなかが大きく、まだ正の子どもを身ごもったままだと知った純は、正の結婚式を潰そうと提案。

でも、マリヤは怒って純を追い帰しました。

それにしても、「赤ちゃん、無事なんだ」とかではなく、「堕ろしてないんだ」という言葉が何度も出てきて、ちょっと気になりました(^^;)

マリヤは純を追い返したものの、結婚式に邪魔に来て、正を略奪。

2人で船で逃げました。

後で、船の上から正が純に電話をかけてきて、父に謝っておいてほしいと言い、マリヤは純のお蔭だと、お礼を言いました。

2人は好き同士だから、嬉しいでしょうけれど・・・

結婚式がそういう形で潰れて落ち込む父を見て、「ざまあミソラソ」と純が喜ぶのは、下品な気がしました。

相手の新婦とその家族はどんなに傷つき、恥ずかしい思いをした事か。

それなのに、父の借金の事しか考えない純は、やはり人への思いやりに欠けるではないでしょうか?

せめて、向こうの家族に積極的に謝るとかしてほしかったです。

 

これでホテルも潰れるかもしれませんね。

お金も困るし、田舎だから、どんな噂が立つか・・・

少なくとも、もうこのホテルで結婚式をやる人はいないでしょう(汗)

 

愛は、純の実家のホテルに泊まっていたそうで、純が家族に紹介しました。

でも、しっかり人の顔を見ないし、無職で、高校中退と聞いて、善行は純との交際を反対。

確かに、高校中退は苦しいかも?(^^;)

愛が善行がマリヤに会いに行った事を知っていたので、スパイのような真似をと善行は愛を批判。

その上、愛は薬を落としてしまい、精神科に通っているのかと余計に幻滅。

 

どうして薬を持っていたのでしょうね?

以前、病院へ行った時、あんなに悪態をついたので、薬なんて貰わずに帰ったと思ってました。

もし、純があの時、貰ったとしても、愛がわざわざ宮古島まで持って行ったとは(^^;)

 

とにかく、薬の言い訳で、本性が見える事を説明。

信じなかったので、家族皆の本性を言う事になってしまいました。

 

善行は、皆に愛されたいと思っているようです。

特に、妻の晴海に愛されたいと♪

弟の剛は、飴を舐めてる子供のようにお母さんに甘えています(^^;)

そして、晴海は野獣で、善行との結婚は間違いだったかもしれないと思っているよう。

純も善行も驚く母の本心でした(^^;)

勿論、晴海は否定。

ショックと怒りで我を忘れた善行は、純たちを追い出しました。

 

晴海が善行を愛していなかったとは驚きました。

結婚式で新婦や新郎を略奪するのは、よくある事なので、驚きませんでしたが、

「名前の通り、正しい事をして」とマリヤが正に言ったのはちょっと・・・

結婚式を投げ出して逃げるのが正しい事でしょうか?

いっその事、終わってから逃げた方がまだマシでは?(^^;)

始まる前の方が余程いいですが。

新婦が本当に気の毒でした。

 

今時、長男の結婚で、お金を借りるという発想も古典的ですね。

今週、見た目、ショッキングな展開を優先して、古典的な事が多かったような気がします。

人物の気持ちはよく分からないままで・・・ 

マリヤが善行と会って、その後、純と会って追い返したくせに、どうして心変わりしたのか分からなかったし、正も優柔不断で、本当にマリヤを愛しているのかどうかもよく分かりませんでした。

船に乗って逃げて、新しい人生の船出だと言いましたが、どこで暮らすやら?

 

この後に、純と愛のプロポーズがくるかもしれませんが、どう繋いで、そういうムードに盛り上げるのか、心配です(^^;)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月)) 19.8%             16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))   13.8%(?)

 

先週のドラマ視聴率ランキング(Yahooテレビ)

 

公式HP・善行の四字熟語講座(茫然自失・品性下劣・無知蒙昧など)

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第7週の見どころ紹介)

 

公式HP・追加キャスト発表

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

 

【過去と今週の日別あらすじ】

第5週(25~30回)(10/29(月)~11/3(土))

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

 

 
【洋画】卒業 ダスティン・ホフマン パンフレット【中古】

 

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56077476

 

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪







最終更新日  2012年11月11日 00時11分00秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.