9142692 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

スター☆トゥインクル… New! レベル999さん

鈴鹿 バルーンだよ… New! らぶりーたわ子さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

クッキーちゃん4ヶ… New! neko天使さん

コメント新着

くみ1@ 9/15 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
neko天使@ Re:ネタバレ【なつぞら】第25週(9/16~9/21)粗筋&感想&視聴率(09/14) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
三連星@ 私小説アニメと義援金 New! 話が拡散するので、テレビ局の人を出さな…
2013年01月17日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

『相棒Eleven』第12話「オフレコ」

第12話の視聴率は、元日SPの17.4%より上がって、19.4%でした。

これは、初回の19.9%に次ぐ高視聴率です♪(^^)

今月始まった新ドラマのどれの初回視聴率より、上です♪

さすが貫禄ですね♪(^^)

 

今回は、元日SPよりすっきりしていて、面白かったです♪(^^)

イタミン、生真面目ですね(^^)

出だしは、カイトと悦子がセッテイングした合コン。

カイトを捜査一課に引っ張ってもらうために"貸し"を作ろうという悦子の作戦でしたが・・・

男性の方は、米沢、伊丹、芹沢、角田課長。

女性側は、悦子のCA仲間2人と友人と、山根みちる(ともさかりえ)。

合コンも面白かったですが、まさか、これがイタミンの情報漏えい疑惑になってしまうとは(汗)

イタミン、合コンに乗り気でなかったのに、彼だけみちるといい雰囲気に♪

調子に乗って、聞かれるまま、自分が今、どんな捜査をしているのか、ちょっと話してしまいました。

ところが、その翌日、「デイリー東和」という夕刊紙に岸倉治美議員(滝沢涼子)の秘書の田所千枝子が不審死した事件の捜査情報が載ってしまいました。

それはまだマスコミが知るはずはない極秘情報。

誰かが情報漏えいしたのではないかと、皆が騒然に。

伊丹は「俺か?」と不安になり、特命係の部屋に来て、カイトにみちるは何者なのか聞きました。

悦子の友人の友人との事で、悦子も知らないと。

右京さんが、薫の奥さんが勤めていた新聞社の人に聞いたら、実は、みちるは東和日報の記者でした。

イタミンは、益々、不安になり、特命の2人に頼んで、一緒に、この事件の真相を調べました。

イタミンの特命体験みたいで、面白かったです♪(^^)

これも映画「X DAY」の宣伝の1つかもしれませんね(^^;)

2/27(水)の放送には、映画「X DAY」主演の田中圭さんが登場するそうです。

映画の中と同じ役柄で、サイバー犯罪対策課の刑事として登場するそうです。

映画「相棒シリーズ X DAY」は、3/23(土)からです。

 

脱線してしまいました(汗)

出だしは、とても面白かったです♪

 

事件は、ある料亭で、岸倉議員秘書の千枝子が青酸カリを飲んで死亡。

現場の部屋には彼女の名前のついたパソコンがあり、ここで岸倉議員の会合がある予定だったため、その準備で訪れていたとの事。

でも、そのパソコンにはファイルが一つもなくて消されていました。

そして、化粧ポーチの上には小さな金色の星がありました。

最初、殺したのではないかと疑われた彼氏の話だと、彼女は打算で付き合い始めたのに、本気で好きになってしまった人がいるよう。

もしかしたら、仕事で来ていたのではなく、男との密会だったのではないか。

PCの短文登録に、葉村比呂臣とか登録してあり、電話の通話記録もあり、彼ではないかと・・・

結局、彼女がこの料亭で会った相手は、外務大臣の葉村比呂臣(ひろおみ)でした。

不適切な関係以上に、彼女が自殺した日時が問題でした。

それを偽装するために、マスコミを使って、情報操作したのでした。

岸倉議員と葉村大臣は、離党して新党を作るつもりだったようです。

 

右京さんと伊丹達、みちるを花の里に呼び出して、芝居したりして・・・

右京さんはよく芝居をしますが、イタミンもおなかが痛いふりをしたりして、すっかり特命係に染まってました(^^)

みちるはイタミンがトイレに行った隙に、手帳を見たりして・・・

そして、店を出た後、カイトが彼女をつけました。

彼女は、岸倉議員の車に乗り、伊丹から得た情報を伝え、それで、彼女が岸倉議員と繋がっている事が確認できました。

 

後日、彼女を伊丹が待ち伏せ、右京とカイトの所へ連れて行きました。

カイトは、みちるに葉村大臣の写真を見せました。

その胸に国際難民支援の記念リボンがついています。

それは限られた外務省関係者だけに配られた物。

金色の星が3つついています。

田所さんが自殺した部屋からもこの金色の星が1つ見つかりました。

そして、カイトはもう1枚、葉村の写真を見せました。

享「こっちはあの日の朝、外務省に入る時の葉村大臣。

こっちは夕方の記者会見の葉村大臣。

朝には3つついていた星が夕方には1つ取れて、2つになっている」

右京「調べたところ、あの部屋で見つかった記念リボンの星だと判明しています。

 葉村大臣があの部屋を訪れたという動かしがたい証拠じゃありませんか?」

みちる「何かの間違いです、だって、あの日は・・・」

右京「ええ、そうなんですよ。あの日、あなた方が情報操作までして田村千枝子さんと葉村大臣の関係を隠ぺいしようとしたのは、その不適切な関係以上に彼女が亡くなった日時が問題だったんですよ」

伊丹「あの日は例のエルドビアの反政府指導者の入国問題が勃発して、大臣以下、外務省の職員、省内に詰めて対応に追われていた日ですね。国際問題が起きかねない、そんな日に外務省を抜け出して外務大臣が女に会っていたとは誰も思いませんよね」

享「これが本当ならこれこそ・・・記事にすべきじゃないんですか? 新聞記者として」

右京「国の有事に職務を放り出した事は政治家としての資質が問われる問題でこそあれ、我々が蒸し返すべき問題ではないかもしれません。

ですが、金色の星が見つかったのは、彼女のポーチの上です。

ポーチからは、微量の毒物が検出されています。

口が開いていた事からみて、彼女が中から毒の瓶を出した事は明らかです」

 

<カットバック>

田所が毒を湯のみに入れ、葉村が来て、それを飲まずに帰ろうとし、彼女が「行かないで」とすがりつく。

葉村は、今日はそれどころではないと、彼女を叩き、去る。

 

右京「目の前で自殺をほのめかす人間がいる。

そして、それを止める事ができたはずなのに、無視して去った。もし、それが事実だとすれば、政治家としての資質以前にもはや、葉村比呂臣の人間としての資質の問題としか言いようがありませんね」

右京「真実を捻じ曲げてまで守るべき信念など持つに値しない・・・そうは思いませんか」

みちるは帰りました。

でも、ちゃんと伊丹にこう言ってくれました。

みちる「心配しなくていいです。

 伊丹さんから聞いて、デイリー東和に書かせたわけじゃありませんから」

 

伊丹さん、良かったですね(^^)

それにしても、どうせ助ける気がないのなら、大臣、わざわざ駆けつけなくても良かったのではないでしょうか? 

放っておけば、勝手に死んでくれて、責められる事も少なかったかも?(^^;)

 

右京さんはその一件をまとめて、報告書を大河内監察官に持って行きました。

大河内「情報操作なんて、警察も舐められたもんだ」

右京「その報告書ですが、監察官のご自由に」

そして、大河内さんは右京の期待通り、マスコミにリークしたようです。

東和日報以外の新聞は皆、その件を伝えました。

甲斐次長が、大河内さんを呼び、「面白い」と特命の件を笑い、君はどう思うか聞きました。

大河内「私見を申し上げれば、特命係はもろ刃の剣です」

甲斐次長「君はどっちかね? 僕の役に立つか、僕の害となるか・・・」

大河内「それは勿論・・・」

答えは聞かずに、僕の知らない特命の事を話すように甲斐次長は命じました♪

 

今回は、事件その物より、合コンや、伊丹の特命体験と、大河内さんや甲斐次長の反応などが面白かったです♪

カイトは、特命係が居心地よくなって来たみたいですね(^^)

特命にいる限り、捜査一課に移動にはないみたいな事を、伊丹に言われてしまいましたが、悔しくなかったそうです。

自由に捜査できて、結構、性に合っているのかも?(^^)

 

次回は、陣川(原田龍二)君の再登場♪

このキャラ、好きなので、楽しみです♪(^^)

 

【第12話あらすじ】 (公式HPより)

米沢(六角精児)、伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)、そして角田(山西惇)は、享(成宮寛貴)の計らいで、悦子(真飛聖)のCA仲間ら友人たちと合コンをすることに。とはいうものの、享を捜査一課に引っ張ってもらうために"貸し"を作ろうという悦子の作戦なのだが...。
 合コンなのにまったく話がかみ合わない雰囲気の中、一番合コンに乗り気でなかった伊丹とみちる(ともさかりえ)がいい雰囲気に。2人は合コン終了後、店をかえてもう一杯飲みに行くことに...。

 翌日、デイリー東和という夕刊紙に岸倉治美議員(滝沢涼子)の秘書が不審死した事件の捜査情報がスッパ抜かれた。捜査一課が前日につかんだばかりの情報でマスコミが知るはずもない。刑事部が騒然となる中、青ざめた伊丹は右京(水谷豊)と享がいる特命係へ。享にみちるは何者だったか問い詰めるが、悦子の知り合いの知り合いで何者なのかはわからないという。
 伊丹は右京に前夜、みちるという女性に捜査情報を口にしたかもしれないと吐露する。だが具体的にどこまでなにを話したか記憶にないという。自分が捜査情報を漏らしたはずはないのだが、その証明をして欲しいと依頼しに来たのだった。

 合コンから端を発した"情報漏えい事件"は、やがて国家を揺るがす一大事件へと発展し...!?

ゲスト: ともさかりえ

脚本:戸田山雅司
監督:近藤一彦

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%  [第2話]17.3%  [第3話]16.5% [第4話]15.0%

[第5話]15.4%  [第6話]16.4%  [第7話]15.7% [第8話]14.0%

第9話]17.2%  [第10話]17.8% [第11話](元日SP)17.4%

[第12話]19.4%

全話レビューあります。第1~7話は、第8話から飛んで下さい。

 

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56564226

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2013年01月20日 20時47分23秒
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.