10145855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

雑談>ONE PIECE New! ひじゅにさん

はなちゃんが亡くな… New! いしけい5915さん

平気でうそをつく人… New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

さわやかな秋の朝を… New! らぶりーたわ子さん

コメント新着

くみ1@ 10/1 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2013年01月28日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

「余命3か月の会社を救うため集まった7人の会社員の物語!」

『メイドインジャパン』第1話、面白かったです♪(^^)

第1話の視聴率は、9.7%(関東地区)でした。

これは、NHK「土曜ドラマスペシャル」枠で、3回に渡って放送される経済ドラマです。

脚本は、『おトメさん』と同じ井上由美子さんです。

全然、違ってびっくりです(^^)

大手家電メーカー・タクミ電機の会長(岸部一徳)から、営業部長の矢作(唐沢寿明)と、財務課長の柿沼(吉岡秀隆)、技師長の西山(國村隼)が不燃ごみ置き場のような倉庫に呼び出されました。

大企業のタクミ電機は、3ヶ月後にメインバンクから手を引かれてしまい、このままだと負債を払えなくて、3ヶ月後に倒産してしまう。

負債総額は2兆円を超えるだろう。

余命3ヶ月で、倒産寸前のタクミ電機を、社長(及川光博)に内緒で倒産を回避するよう、再建戦略室を作る。その室長に矢作を指名するとの事。

社長は会長の息子だそうですが、社長に内緒というのがすごいですね(^^;)

時期をみて、いずれ社長をクビにするとのこと(^^;)

可愛い息子だが、経営者の器ではなかったとの事。

勿論、会社の皆にも内緒です。

矢作は断ろうとしましたが・・・

会長「会社が潰れてもいいのか!

 タクミが倒産すれば社員20万人が路頭に迷う。

 家族が泣く。日本が沈む。

 奇跡を起こせ!」

 

再建チームに選ばれる人間は失敗した時に、首を切りやすい人間、つまり捨て駒ですよと、柿沼は矢作に電話してきました。

以前、いた会社で倒産を経験し、再建チームにいた人は大変だった。

大企業の倒産は大変だ。沈む船からは早く逃げた方がいいと、柿沼は言いましたが・・・

矢作は、逆にその話を聞いて、この特命を受ける決意ができたようです。

ある日、突然、会社が倒産していたというよりいいと・・・

 

矢作達は、見かけ上、子会社に移動。

表向きは、タクミロジスティックスという物流系の会社。

秘密裏に再建戦略室の業務をします。

そこに、7人集めてきました。

有能ですが、社内で孤立している人達の集まりです(^^;)

仲間に恵まれた人は、情で動くのでこの任務には向いていない(^^;)

矢作「嫌われ者の7人が力を合わせて会社を救うんだよ」

 

柿沼が、メンバーに状況を説明しました。

メインバンクが資金提供をやめると言ってきた。

3ヶ月後に返済期限を迎える借入金は5000億円。

これを返済しなければ融資は続行できないとのこと。

他の金融機関にも1兆2000億円の債務がある。

柿沼「返済は、到底、難しく、3ヶ月の間に銀行の意思を覆すか、新たなスポンサーを見つけなければ債務不履行に陥ります。

 そうなれば、もう打つ手はありません。倒産です」

矢作「タクミ電機は余命3ヶ月です。

 それを救うのが我々の任務です」

 

彼らがまず、初めにしたのは・・・

タクミは、リチウムイオン電池市場で勝負をかけていたのに、中国企業「ライシェ」がタクミ独自の技術を使った製品を売り出し、ヤマト自動車との契約が奪われてしまいそう。

タクミと性能の変わらない電池を半額で提示したとのこと。

早速、矢作は柿沼たちと中国に渡り、ライシェ社長に技術の対価として5000億円を要求しました。

でも彼は笑い、自分達の独自の技術だと言い、工場を見るよう言いました。

案内された工場で現れたのは、かつて矢作の同僚だった技術者の迫田(高橋克実)でした。

かつて、迫田さんはリチウム電池開発に一生懸命だったのに、効率化を重視した矢作に開発を中止され、リストラされてしまいました。

それで中国企業に渡って、今までの開発の続きをして、リチウム電池実現化しました。

これは、迫田さんを責めるのは酷のような気がしますが・・・(汗)

 

タクミにいた頃、開発した技術を中国企業で使ってはいけないとの事ですが、もしその技術を開発したのが迫田さんだったら、どうなんでしょうね?

自分だけではなく、チーム皆で開発した他の人の技術も含まれているのかもしれませんが・・・

この辺は、『PRICELESS』にちょっと似てましたが、あのような甘いドラマとは違って、こちらは深刻なリアルな話です。

 

個人的には、技術は、会社の物か、個人の物か、興味があります。

特許を持っているのが、会社か個人かという事になるのかな?

今回は特許の話は出てきませんでしたが、中国だけでなく、リストラされた技術者が他の国へ行って優遇される事はよくある事ではないかと思います。

 

平行して新しい融資先を捜すよう動いたメンバーもいました。

リストラを任された人もいました。

 

夫は、シャープがモデルではないかと言いましたが、どうでしょうね??

パナソニックではないかという人もいるようですが・・・?

とにかく、今、大変な日本の家電メーカーは多いでしょう。

たった3ヶ月で、どう会社を立て直すのか、楽しみです(^^)

尚、第1話の再放送は、2月2日午後4時から、NHK総合で放送します。

 

【脚本】 井上由美子

 

【主要キャスト】

矢作篤志(48)(唐沢寿明)タクミ電機の営業部長。再建戦略室リーダー。

迫田貴弘(48)(高橋克実)かつての矢作の同僚。

8年前の経営危機により赤字部門の開発責任者として矢作にリストラされた後、
中国最大の電機メーカー・ライシェの技術トップとなる。

<再建戦略室メンバー>

柿沼雄二(40)(吉岡秀隆)タクミ電機財務課長。生命保険会社出身。

西山慶吾(53)(國村隼)タクミ電機技師長。メイン工場の工場長。

小畑かなえ(31)(マイコ)タクミ電機法務部主任。弁護士資格を持つ。

五十嵐泰(45)(斎藤歩)タクミ電機経営企画室所属。

工藤文也(38)(中村靖日)タクミ電機秘書室係長。

宇崎英作(58)(平田満)タクミ電機総務部部長付。

<その他>

矢作美保子(45)(大塚寧々)矢作の妻。料理教室講師。

矢作真紀(18)(刈谷友衣子)矢作の娘。高校三年生。大学受験を控えている。

柿沼博美(34)(酒井美紀)柿沼の妻。心臓に持病を持つ。妊娠8ヶ月。

西山美雪(50)(キムラ緑子)西山の妻。看護師。

根来翔一(25)(金井勇太)東亜新聞経済部記者。

譲原桂一郎(42)(及川光博)タクミ電機2代目社長。

譲原三郎(72)(岸部一徳)タクミ電機会長。創業者。

 

公式HP

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56645828

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2013年01月28日 20時11分30秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.