9227854 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

スター☆トゥインクル… New! レベル999さん

今日はのんびり、バ… New! らぶりーたわ子さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

来年の鳴尾浜にワク… New! YOSHIYU機さん

おもてなしの日本へ… New! 夢穂さん

コメント新着

夢穂@ Re:【スカーレット】第4週ネタバレ(10/21~10/26)&視聴率(10/19) New! 新人の若い役者は青春時代が違和感なく 中…
三連星@ 素早い展開 New! 喜美子が女中として苦闘する日々を描くの…
neko天使@ Re:【スカーレット】第4週ネタバレ(10/21~10/26)&視聴率(10/19) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
2013年01月28日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

「妖霊星」

第4回の視聴率は、第3回の18.1%より少し上がって、18.2%でした。

少しでも上がって良かったです♪(^^)

頼母(西田敏行)が、容保(綾野剛)に兵制改革が急務と働きかけてくれたお蔭で、覚馬(西島秀俊)の禁足が解かれました♪

頼母さん、いい人ですね♪

結局、どの位、禁足だったのでしょう?

ドラマではすぐ解かれたように見えました(^^)

覚馬は砲術指南役と蘭学所教授に復職しました。

それだけでなく、軍事取調役と大砲頭取に抜擢されることになりました。

外で盗み聞きしていた八重(綾瀬はるか)も喜びました。

却って、大出世で良かったですね♪(^^)

 

それを伝えに来てくれた林(風間杜夫)は、覚馬へ縁談も持ってきました。

以後は、軽々しく喧嘩沙汰など起こさぬよう、身を固めよとの事。

相手は、勘定方の樋口の娘で、西を向いてろと言われれば、1年でも西を向いているような娘との事。

八重とは大違いですね(^^;)

尚之助(長谷川博己)の蘭学所教授方就任の件もお許しが出ました。

林は、八重の射撃の腕も見てみたいと言い、その腕前を見て驚きました。

林「見事なもんだ。おなごでも鍛錬次第であれほどの腕となっか」

洋式銃は火縄銃に比べて威力がある上に取り回しがよく、武術の心得が浅い者でも戦力となる。

八重の射撃の腕がそれを実証していました。

問題は高額な銃を買い揃えためるための資金だ。

それを聞いて、覚馬は林に尚之助を紹介しました。

尚之助は、新式銃の実用化に向け、試行錯誤している最中との事。

尚之助「領内の鉄砲鍛冶の手を借り、なんとか安上がりに作る手立てもあるかと存じます」

林は、兵制改革への助っ人として心強く思いました。

 

前回は偉い方々、頭の固い人ばかりでしたが、今回はうって変わって、皆、兵制改革に前向きになってくれて良かったです。

 

覚馬は、日を改め、頼母にお礼を言いに行きました。

頼母は、イギリス・フランスが中国を攻めて、日本も危ないと危機感を持っているようです。

頼母「戦となれば、ご公儀の藩屏たる我らが先陣を切るごどどなろう。

 万一の場合に備えねばならん。

 覚馬、洋式調練の指南、よろしぐ頼むぞ」

 

そして、古川春英を紹介しました。

春英は会津を出藩し、大阪の適塾で医術を学びました。

彼の帰藩を覚馬も喜びました。

頼母が2人に言いました。

頼母「もはや古き良き物を守るだけではたちゆかねえ。

 変えるべきは変えてゆかねえと。なっ」

覚馬・春英「はい!」

 

それからまもなく、うら(長谷川京子)が嫁いできました。

うらは、おとなしく、よく働き、よくできた嫁でした。

でも、八重にとっては、異国から来た船のように見えたようです(^^;)

 

安政5年(1858年)4月、井伊直弼が大老に就任しました。

6月19日、孝明天皇の勅許を得ずに、幕府は日米修好通商条約を締結。

6月25日、徳川慶福が将軍の後継者に決定したと発表されました。

井伊直弼のやり方に不服を持った御三家が揃って、押しかけ登城。

逆に謹慎処分となり、将軍の後継者指名をめぐり対立していた一橋派が政治の表舞台から消えていきました。

 

空には、不吉な妖霊星が長い尾を引いて流れていきました。

八重「あれ、見なんしょ。妖霊星だし」

縁側で八重が夜空を指し、覚馬と尚之助が一緒に見上げました。

鎌倉幕府が滅びた時も見えたそうです。

それだけでサブタイトルになるとは(汗)

 

安政5年7月、コロリが流行し、斉彬が急逝しました。

そして、9月、井伊直弼による攘夷派への弾圧が始まりました。

安政の大獄の幕が切って落とされました。

安政6年(1859年)5月、寅次郎が捕まったと、勝から覚馬に書状が届きました。

 

後半は、将軍の後継者争いで一橋派と紀州派の対立を中心とした歴史の説明が多かったです。

覚馬も八重もあまり絡まず、ちょっと退屈でした(^^;)

八重が主役のドラマなので、そろそろ、もう少し、八重の事も入れて欲しいです。

できれば、時尾(貫地谷しほり)との友情のシーンをもう少し増やしてほしいです(^^)

大人になった時に、子供の頃の積み重ねは大事だと思うのですが。

魚取りのシーンは良かったです♪(^^)

 

次回は、「松陰の遺言」

寅次郎、あまり登場しないうちに、処刑されてしまうようで残念です。

次回は、うらが身ごもる?

でも、無事に生まれるかどうか・・・

攘夷の嵐が心配です。。。

 

【第4回あらすじ】 (Yahoo TVより)

兵制改革は藩の急務であると考える頼母(西田敏行)が、容保(綾野剛)に働きかけたことにより、覚馬(西島秀俊)の禁足が解かれる。さらに、西洋砲術と蘭学所といったこれまでの役目への復職を許されたばかりでなく、軍事取調役と大砲頭取に抜てきされることになり、八重(綾瀬はるか)はわがことのように喜ぶ。山本家にその知らせをもたらした大砲奉行・林(風間杜夫)は、八重の見事な射撃の腕を見て驚き、新式銃への工夫に余念がない尚之助(長谷川博己)に会って、兵制改革への助っ人として心強く思う。また、尚之助は蘭学所教授方への就任が認められる。一方、覚馬には縁談が持ち込まれ、間もなくうら(長谷川京子)をめとる。幕政では、将軍の後継者指名をめぐり一橋派と紀州派が対立の様相を呈する中、大老になった紀州派の井伊直弼(榎木孝明)が、水戸藩主・徳川斉昭(伊吹吾郎)ら一橋派に無断で日米修好通商条約を締結。激怒した斉昭らは井伊の元へ押し掛けるが、逆に謹慎処分となる。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

 

公式HP・次回粗筋

 


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]


【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 「八重の桜」1 [ 坂本龍一・中島ノブユキ(音楽/音楽) ]

 

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56646842

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2013年01月30日 23時43分43秒
コメント(18) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.