9670264 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

プレミアムドラマ『… New! レベル999さん

昨日眠る前に、志村… New! らぶりーたわ子さん

テレビを見て思う事 いしけい5915さん

青空バックの桜。マ… neko天使さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

コメント新着

三連星@ 5日制になって New! 従来のように週6日制でも、描かれる内容…
くみ1@ 4/5 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2013年04月01日
XML
カテゴリ:朝ドラ

初回、面白くて、掴みはOKでした♪(^^)

ヒロイン、アキ役の能年玲奈(のうねん れな)さんですが、今回は母・春子役のキョンキョン(小泉今日子さん)が主役みたいでした(^^)

キョンキョンの方が有名で存在感もあるし、この方が良かったでしょう♪

語りの宮本信子さん、アキの祖母で、海女さんですが、今回は語りで声は沢山出てきたものの、お姿は最後に少しだけでした♪

でも、存在感があって、この宮本信子さんと小泉今日子さんが最初のうちは引っ張っていってくれるのかもしれませんね。

「八重の桜」もヒロインの八重の影が薄いですが、面白いので、そういう展開も十分ありだと思います♪

主要登場人物の一覧やドラマ紹介は、既に載せたので、こちらを参照して下さい。

脚本は、私の好きなクドカン(宮藤官九郎さん)です♪(^^)

クドカンらしく明るく、テンポもよくて、位置的な紹介や乗り換えも鉄拳のアニメーションで可愛くて、分かり易かったです♪

 

舞台は、岩手県北三陸市(架空の町)。

北三陸市で検索したら、久慈市の観光物産協会のホームページが出てきました♪

まめぶも載っています。

久慈市は、メインロケ地だそうです。

ここがモデルなのかもしれませんね。

語り「東京から行くには、新幹線とバスを利用するのが一般的です。

 北三陸鉄道を使う場合、仙台で石巻線に乗り換え、石巻で気仙沼線に乗り換え、気仙沼で大船渡線に乗り換え、盛で南三陸リアス線に乗り換え、釜石で山田線に乗り換え、宮古で北三陸リアス線、通称、北鉄に乗り換えて・・・

 要するに、すごく面倒臭い。

 だからこそ、わざわざ来た人に地元の人は決まってこう言います」

「遠いところ、わざわざ・・・」

 

いやはや、すごい乗り換えですね(汗)

私は新幹線の方がいいです(汗)

 

まず、1984年(昭和59年)、岩手県北三陸市の駅のホーム。

語り「1984年、北三陸鉄道が開通したその日、娘は町を出て行きました」

18歳の天野春子(有村架純)が、北三陸鉄道リアス線開通式の最中に電車に乗り込みました。

さすがに、この時は、キョンキョンがセーラー服を着てはいなくて、若い人でした(^^;)

そして、24年後の2008年夏、春子(小泉今日子)(42歳)は娘のアキ(能年玲奈)(16歳)を連れて帰ってきました。

なぜ帰ってきたかというと、大向大吉(杉本哲太)(44歳)が母が危篤というメールを76通も出したから(汗)

「お母さんが倒れた!(‘j’)/」

「今、救急車を呼んだYO!(‘j’)/」

「意識がないYO!(‘j’)/」

「やばい!!(‘jj’)/」

「最悪の事態だYO!(‘jjj’)/」

「今来れば間に合うかも!」

「手遅れかもしれない!(‘jjj’)/」

「喪服は持っているか」 とか・・・

 

最後の方は、ウザいと思ったらしく、携帯をクッションの下に置いてましたが(^^;)

このメールのお陰で、24年ぶりに帰省したのでした。

でも、母、夏の危篤は真っ赤な嘘。

北三陸駅の駅長である大吉が出迎えて、送ってくれましたが、着いた先は病院ではなく、観光協会。

そして、漁協。

行く先々で会った人達は、皆、夏が危篤という事に驚いて・・・

大吉は、苦し紛れに、「危篤ってほどの危篤ではねえ。軽い危篤だ」と(笑)

「軽い危篤」とはどんな危篤でしょう?(笑)

それにしても、方言、分かりませんが、かなり本当っぽい方言でしたね。

よく分からなくて、共通語の字幕を出しました。

これ、画期的ですね。

普通は分かる程度に共通語に似せた嘘の方言を使わせる事が多いのに。

春子は田舎を捨てた人だから方言を喋りませんが、夏(宮本信子)さんは方言を喋るのでしょうか?

語りは共通語でしたが、夏としてのセリフは、アキにウニを投げて

「ウニ、食うか? ほれ」と言っただけでした。

次回はもっと沢山、セリフがある事でしょう。

アキの祖母の夏さんは、現役の海女さんなのでした。

アキ「カッケええ」

まだこれが自分の祖母だとは分かってないでしょうけれど、分かったら、嬉しいでしょうね♪

これが祖母との初対面でした。

 

それにしても、海女はカッコいいですが、部屋に服を脱ぎ散らかしてあるのは、ちょっと女性としてはどうかと(汗)

それ以前の問題として、鍋を火にかけたまま、出かけるなんて危ないです(汗)

きっとそういう男性的なワイルドな女性なのでしょうね?(^^;)

この状況を見て、推理する春子さんが楽しかったです♪

母危篤はメールの時点から怪しいと思っていたとの事。

春子「問題は、鍋、火にかけたまま、どこに行ったかよね」と火を消す。

春子「お昼ご飯の支度しようと思ってて、鍋でお湯沸かして、味噌汁作ろうと思ったけど、丁度、ワカメ切らしてて・・・」

春子、台所から部屋に戻って来て、脱ぎ散らかした洋服を見る。

春子「『しょうがない。これは取りに行ってくるか』って事だね。これは」

大吉「どうだべ?」

春子「海だね」

アキ「海?」

春子「アキ、海、見に行ってきな」

アキ「道、分かんないし・・・」と言いながらも一人で海の方に降りて行きました。

そして、海に潜っている人を発見。

語り「はい。やっと出ました。これが私、天野夏でございます」

<天野夏 64歳>とテロップが出る。

重要人物はこのように名前と年齢のテロップが出て、分かり易いですね♪

夏「ウニ、食うか? ほれ」と、橋の上から見ていたアキにウニを投げる。

語り「春子の母、アキにとっては祖母にあたる夏さんは、現役の海女さんなのでした」

アキ「カッケええ」

終わり。

 

アニメーショの説明とか、方言の字幕とか、名前と年齢のテロップとか、これ、分かり易かったですね。

それにテンポもいいし、面白いし、最高でした♪(^^)

前作は、宮古島と言っても景色だけで、全然、沖縄っぽくありませんでしたが、これは地方色どっぷりですね♪

それでいて、春子は垢抜けたところもあり、とても好感が持てます♪

アキはまだセリフが少なくて、どんな子か分かりませんでしたが、とりあえず、海女に興味を持ったようでした♪

春子は24年帰らなかったということは、家を捨てて出て行ったのでしょうから、夏ともぶつかるでしょうね(汗)

今後の展開に期待します♪(^^)

 

 

「あまちゃん」公式HP・登場人物一覧

「あまちゃん」紹介・人物表&第1週・日別粗筋(4/1~4/6)(ネタバレ)(2012.3.31)

 

 


NHKドラマ・ガイド【1000円以上送料無料】あまちゃん 連続テレビ小説 Part1/宮藤官九郎/NHK出版


NHK連続ドラマ小説「あまちゃん」が放送決定!岩手県久慈市はメインロケ地になっております。地元の象徴である北限の海女をモチーフにしています。 プリント南部せんべい『海女ちゃん』2枚入り×10袋(計20枚)チルドチョコ入り【ギフト箱付】

 

楽天はトラックバックをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57085454

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2013年04月03日 08時52分08秒
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.