9145946 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

体重チェック 七ち… New! neko天使さん

監察医 朝顔 第1… New! レベル999さん

クリムトと、今夏の… New! 夢穂さん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

三度目の喪主ープラ… New! 三人文殊さん

コメント新着

夢穂@ Re:ネタバレ【なつぞら】第25週(9/16~9/21)粗筋&感想&視聴率(09/14) New! 信哉、出てくるんですね。当初は もっと本…
くみ1@ 9/16 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
三連星@ 視聴率など New! 2~8日の視聴率です。 ドラマは4本です…
2013年04月21日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

第16回の視聴率は、前回の14.2%より少し下がって、13.8%でした。

久々の大河レビューです(汗)

やっと黒木メイサさん(中野竹子役)、登場♪(^^)

薙刀の勝負、八重、彼女に負けてしまいました。

八重「あの人には負けたくねえ」

中野竹子(黒木メイサ)は、薙刀の名手で、八重のライバルですか♪

照姫様の薙刀の師匠に彼女も薙刀を教わっていたそうです。

この人、江戸育ちで、美しくて、強いですが、可哀想な運命なんですよね(汗)

八重が鉄砲だって撃てるとユキから聞いて、批判しました。

竹子「鉄砲? 強くとも鉄砲はただの道具。

 武士の魂がこもる剣や薙刀とは違います」

  

その考えは、もはや時代遅れだと思うのですが、八重は言い返せませんでした(^^;)

 

前回の最後、会津が大火になり、うらの娘、みねが行方不明で、皆で火事の中、探し回りました。

みねは、家の中に隠れていて、無事でした。

良かったですね♪

逆に、捜しに行ったうらが焼け死んでしまうのではと心配しましたが・・・

尚之助が捜しに行って、その遠ざかる背中を見て、八重は心配になって追いかけ、どうにか無事でした(^^) 

八重が大八車に轢かれそうになり、、尚之助が助けてくれました♪(^^)

尚之助、頼りになりますね(^^)

うらがみねに厳しかったのは、万が一、覚馬に何かあった時、この子が跡継ぎになると思って、厳しく育てていたのでした。

この火事で、山本家の家族の絆が一層、強まったみたいで、良かったです♪

最近、こちらの会津編はいつも好きなのですが、京の話が辛くて、苦手です(^^;)

やはり負けた側からの視点で描くというのは、辛くてどうも・・・(^^;)

 

京では、相変わらず、慶喜、卑怯ですね(汗)

慶喜、第2次長州征伐への出陣を取りやめ、勝を長州との和議に行かせたのに、その間に朝廷に働きかけて、休戦の勅命を引き出しました。

そこには「喪に服するため、長州に侵略地からの撤兵を命ずる」などとあり、勝が和議交渉の条件に出した諸侯会議の文言はありませんでした。

勝に和平交渉を進めさせたのは、単なる時間稼ぎだったと分かり、勝も春獄もがっかり。

春獄は呆れて、「御宗家とはこれまで。福井へ帰りまする」と(汗)

さっさと帰れていいですね(^^;)

容保も帰りたかったのですが・・・(汗)

 

慶喜は、ようやく将軍職を継ぎ、第15代将軍になる事にしました。

容保は、京都守護職を辞めたいと、慶喜に言いました。

将軍宣旨が下るまで都を守ってほしいと言われ、その日までやる事にしました。

将軍宣旨が下る日が近づき、容保は帝に呼ばれました。

 

帝「我らは思い荷を背負うた者同士。

 その苦しさを真に分かち合えたのは、そなた一人であった」

帝「会津から教わった。 武士の誠は、義の重きにつくことにあると。

 ・・・長い間、誠を尽くしてくれて、ありがとう」

 

その言葉に容保は涙を零しました。

この帝の信頼のために、今まで守護職、辞めないで頑張っていたような感じでしたね(^^;)

苦労が報われたようで、容保は感激しましたが・・・

慶喜が第15代将軍になってから、僅か20日後、孝明天皇は、天然痘で崩御してしまいました。

(あまりに急だったので、暗殺説もあります)

慶応2年(1866年)12月25日、享年35歳でした。

 

これでまた状況が変わってしまいそうですね(^^;)

このドラマは、史実通りなのでしょうから仕方ないのですが、どう考えても割に合わない守護職のお役目、藩士達が皆、辞めて欲しいと思っているのに、頑なに続けてきて、ここ数回、イライラして、京の方の話、見るのが辛かったです(汗)

会津編は、八重が結婚したりして、明るくて良かったのですが・・・

最近は、容保を見ると、「なぜ辞めないの?」とイライラ・・・(汗)

ようやく守護職辞められるかと思いましたが、また予告編では、慶喜に無理強いされてましたね(汗)

春獄みたいに、さっさと逃げてしまえばいいのに(^^;)

史実なので仕方ないのですが、イライラする京は、ほどほどにして、黒木メイサさんを次回も見たいです♪(^^)

 

【第16回あらすじ】 (Yahoo TVより)

大火のさなか、行方が分からなくなっていたみね(豊嶋花)を三郎(工藤阿須加)が見つけ出す。みねを捜しに火元の近くまで行っていたうら(長谷川京子)も、尚之助(長谷川博己)が連れ戻し、八重(綾瀬はるか)らは安心する。やがて八重は、うらがみねに厳しく接していた真意を知る。覚馬(西島秀俊)にもしもの事があった時に、みねが山本家を継げる人物になるよう育てるためだった。一方、都では、慶喜(小泉孝太郎)が第2次長州征伐への出陣を取りやめ、容保(綾野剛)率いる会津軍は無念の思いをかみしめていた。勝(生瀬勝久)と春嶽(村上弘明)は慶喜に、長州との和議を整える条件として、諸侯会議の開催を迫る。覚馬らは勝から、幕府の繁栄と日本国の存亡、どちらが重いか考えろと言われ、がくぜんとする。都では、会津の願いがかない、容保(綾野剛)の京都守護職が解かれようとしていた。だが、その直後、喜びを打ち砕く悲報がもたらされる。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%  [第8回]15.6%

第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3% [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2% [第16回]13.8%

 

公式HP・あらすじ

 


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]


【送料無料】 八重の桜 NHK大河ドラマ歴史ハンドブック / NHK出版 【ムック】

 

 

楽天はトラックバックをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57221038

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ

できたら応援クリック、お願いします♪(^^)







最終更新日  2013年04月26日 20時01分31秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.