9149639 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

消費税反対運動が起… New! 三人文殊さん

目玉焼き>『なつぞ… New! ひじゅにさん

消化器内科の予約と… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

コメント新着

ぱに〜に@ Re:夏ドラマ視聴率一覧&感想(11)(2019年7~9月)(09/18) New! こんばんは~ 気温差が8℃あるとだいぶ体…
くみ1@ 9/18 New! こんにちは! いつもありがとうございます…
夢穂@ Re:ネタバレ【なつぞら】第25週(9/16~9/21)粗筋&感想&視聴率(09/14) New! 今朝のアニメ作画で、まずそうな 玉子焼き…
2013年08月01日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

大変、遅れてしまって、すみません。

第30回の視聴率は、前回の14.5%より下がって、12.6%でした。

裏に、サッカー・東アジア杯「日本×韓国」(17.8%)があったので、これに食われてしまったかもしれません(汗)

ちなみに、日本が韓国に「2-1」で競り勝って、優勝しました♪

 

『八重の桜』は、明治2年2月、会津戦争の敗戦から6ヶ月後になり、新島襄(オダギリジョー)から始まりました。

続けて1ヶ月違う日付が出てきましたが、きっと新暦と旧暦なのでしょうね?

明治2年2月(1869年3月)、アメリカ、マサチューセッツ州のアーモスト大学の礼拝堂で、新島襄(オダギリジョー)は祈っていました。

そこへ、シーリー先生が入ってきて、襄に何を祈っているのか聞きました。

襄「日本では革命が起こり、明治という新しい時代が始まりました」

シーリー「メイジ?」

襄「人民の声を聞いて政治を行えば、国が明るく収まるという意味です」

シーリー「それは素晴らしい国家の理想だ」

襄「しかし、同じ国の人間が相争った傷は深く、痛みはたやすく消えない。報復のためにまた戦が起こりはしないかと・・・

互いに恨みを捨て、神の愛と正義のもと、新しい国作りがなされますように・・・

死者と遺された者のため・・・そして、悲しみ、憎しみ、恨む心を癒したまえ」

 

「明治」という年号は、そういう意味だったんですね。

そして、日本の外から見たら、戊辰戦争は革命だったんですね。

確かに、これまで何百年も続いた武士の時代が終わったので、画期的な革命だったかもしれません。

ただ、尚之助さんが好きなのに、冒頭、八重の次の夫を見せられ、ちょっと切なくなりました(汗)

 

その頃、八重達は、米沢藩の城下にいました。

米沢藩士、内藤新一郎の申し出を受け、屋敷の離れに住まわせてもらい、八重とみねが反物の行商をして生計を立てていました。

尚之助さんは、猪苗代の謹慎所から東京に移されていました。

 

語り「山川大蔵らの助命嘆願によって、新政府は容保親子の死一等を減じたが、代わりに首謀者の首を差し出すよう迫った。そして、この日、家老の萱野権兵衛に刑が執行される事になった」

 

明治2年5月18日。

東京、飯野藩邸。大蔵と梶原の待つ部屋に萱野が来ました。

大蔵「此度は・・・戦の責めを一身に背負っていただき、真に申し訳ございやせん!」

梶原「城中にて戦の指揮を取ったのは私でごぜえます。真は私が腹を切るべきところを・・・」

萱野「馬鹿者! 皆で死んでなじょする!

 一死をもってご主君をお守りするのは武士の誉れだ。

 この役目、にしゃらには譲れぬわ。ハハハ・・・」

大蔵「萱野様、大殿より親書をお預かりして参りやした」

萱野「大殿から?」

萱野、渡された手紙を読む。

 

<容保の手紙>

「権兵衛、一目だけでも会いたかったが今の身の上では、それも許されぬ。

 そなたの忠義、終生、忘れぬ」

萱野、読み終わり、泣く。

 

大蔵、照姫からの手紙(歌)も渡すが、萱野、涙が溢れて読ず、代わりに大蔵が読む。

<照姫の歌>

「夢うつつ 思ひも分ず 惜しむぞよ

まことある名は 世に残れども」

 

萱野「まことある名は世に残れども・・・

 ありがたい! これほどのご厚情を受げでわしは幸せ者よ。

 ただ一つ、無念なのはな、会津が逆賊の汚名をはらす日を見届けずに死ぬ事だ。

 戦で奪われた物は戦で取り返すのが、武士の習い。頼むぞ。

 そうでねえと、そうでねえと・・・死んだ者達の無念がはれぬ!」

大蔵「その儀、確かに」と、大蔵と梶原、ひれ伏す。

「では、さらばだ」と、萱野、出て行く。

  

萱野さん、「皆で死んでなじょする」と思いやりがあって、優しかったです♪

早々と2人で自害してしまった家老達より、重い、意味のある死でした。

ただ「戦で奪われた物は戦で取り返すのが武士の習い」との事ですが、武士の時代はもう終わりますね。

彼らには思いもよらなかったでしょうけれど。

 

この数日前、箱館、五稜郭に拠点を構えた旧幕府軍と列藩同盟との戦いで、土方歳三が撃たれて戦死しました。

旧幕府軍は、萱野の処刑と同じ日に降伏しました。

鳥羽・伏見の戦いから、およそ1年半に渡った戊辰戦争が遂に終結しました。

頼母もここにいて、榎本武揚と話しました。

頼母「松平容保公の代わりに首を討だれんのは、それがしの役目でござった。

 萱野権兵衛殿一人に・・・責めを負わせてしまった」

榎本「敗軍の我らはこれから泥水をすすって生きる事になろう。

 さあ、敵陣に下るか」と出て行く。

頼母(独言)「わしは・・・生きる。

(千恵の辞世の句を出して握りしめ)千恵、わしは生ぎっつおう!

 わしらのわしらの会津を踏み潰してった奴らが、どんな世の中、作んのか、この目で見届けてやる!」

 

生き残った頼母も切ないでしょう。

殿を生かすために死んだ萱野と、泥水をすすっても、これからの会津のために生きて行く道を選んだ頼母。

両者が対比され、どちらも素晴らしい選択だったと思います(^^)

 

八重は、反物の行商をしていて、同郷の千代(中村優子)と知り合いました。

千代を庇護する宗右衛門(及川いぞう)に会津を侮辱され、八重は怒りに我を忘れて、殺しそうになってしまいました(汗)

千代が「やめてくなんしょ!」と間に入って命乞い。

千代「この人に何かあったら、長次郎は生きていけない」

 

あんな嫌な男にすがらないと生きていけないのは、辛いですね(汗)

私は情けない女だと、千代は八重に言いましたが、仕方ないでしょう(涙)

八重「何も情けなくねえ。今は生きぬく事が戦だ。

  生きていればいつかきっと会津に帰れる。

  それを支えに生きていくべ」

 

土地を失い、負けた藩の者が、生き抜くのは男も女も大変ですね。

ユキ(剛力彩芽)達は、今回、登場しませんでしたが、どう生きているでしょうか?

 

お家再興が叶い、会津藩士達は、下北半島最北端の陸奥のやせた土地へ移される事になりました。

大蔵は、その地に「斗南」という名前をつけました。

怒る藩士達に、大蔵は説明しました。

「新しい藩名を『斗南』とする。『北斗以南皆帝州』からとった。

最北端の地も帝の領地。我らは朝敵ではなく、帝の民であるとの意だ。

『斗』は斗うという字だ。斗い続けていつか故郷の土地と会津の名を奪い返す。

まず国の力をつける。そのためには交易だ。会津にはなかった海が斗南にはある。

辺境の地に強国を作る。反撃ののろしを揚げるのはその時だ。

どの地も全て戦場と思え!」

 

口がうまいですね♪

うまく皆を納得させる事ができました。

梶原は、此度の家名再興を受けて、大蔵が我が藩の筆頭の大参事に就任すると皆に言いました。

正に、適任だと思います♪

梶原は、戦の首謀者は真は自分だったと、自戒の念で全ての役職を退き、大蔵にこれからの事を託しました。

 

大蔵は、八重達の所にお家再興を知らせに来ました。

佐久は喜び、「こづゆ」を作り、皆で食べました。

「こづゆ」とは、おめでたい時に食べる会津の郷土料理のようです。

見た目、まべぶ汁に似てますね♪

 

帰り際、見送りに出た八重に、大蔵は言いました。

大蔵「斗南に来ねえか?

 ここより厳しい暮らしになるかもしんねえが、新しい国を作るために八重さんの力を借りてえ」

 

この言葉と、断られらた時の落ち込みようを見ると、まるでプロポーズみたいでした(^^;)

 

八重「私は怖えのです」

この前、会津を侮辱した人を殺しそうになってしまった。今でも三郎やお父様や皆の無念を晴らしたい。でも、恨みを支えにしていては、前には進めない。

八重「さっきのこづゆがあんまりおいしくて、皆でいただけるのが嬉しくて、もうしばらくこうして生きていってはなんねえだべか?」

大蔵は頷き、八重の肩に手をやりました。

八重「勝手な事を言って、すまねえなし」

大蔵「いやあ、俺の方こそ」

 

尚之助さんと大蔵さんには気の毒ですが、八重がいないと、山本家皆の生活が困るので、断って良かったです。

今、八重は一家の大黒柱。

うらは生地を染めているだけで(染めた生地を売っているのかな?)、佐久は縫い物をしていて、八重とみねの反物の行商で生活しています。

みねは、とても頑張っていましたが、八重がいなくなったら、皆、困るでしょう(汗)

 

大蔵「川崎殿に何か伝えっがし?

 川崎殿は仰せでした。

 開城の日、己の勝手な思いで八重さんから誇りを奪ってしまった。

 それを返すために、斗南の地に八重さんの故郷をもう1度作りたい。

 その思いを胸に斗南に行くんだと」

八重(涙ぐみ)「尚之助様に伝えてくなんしょ。『待ってます』と」

大蔵「はい」と、お辞儀して去りました。

 

尚之助さん、極寒の地に、八重の故郷を作るために行くなんて、愛ですね♪(^^)

 

明治3年3月、会津藩士達は次々と新天地・斗南を目指しました。

3月というと、新暦で4月頃でしょうか?

寒そうでしたが、冬は終わったのでしょうね。

 

今回は、敗戦後の処理と、苦しい会津の人々の生活、箱館の戦も終わり、戊申戦争の終結でした。

次回は、「離縁のわけ」

尚之助から八重に「離縁状」が届くようです(汗)

でも、きっと尚之助さんの事だから、八重のためでしょうね(涙)

覚馬とうらの方も・・・(汗)

どちらの離縁も気になります。

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1回]21.4% [第2回]18.8% [第3回]18.1% [第4回]18.2% [第5回]18.1%

[第6回]15.3% [第7回]17.5% [第8回]15.6% [第9回]15.1% [第10回]12.6%

[第11回]14.3% [第12回]13.9% [第13回]14.3% [第14回]11.7% [第15回]14.2%

[第16回]13.8% [第17回]13.7% [第18回]15.7% [第19回]15.0% [第20回]13.7%

[第21回]14.1% [第22回]13.3% [第23回]15.0% [第24回]14.8% [第25回]12.9%

[第26回]14.0% [第27回]12.9% [第28回]16.1% [第29回]14.5% [第30回]12.6%

 

  

TBは、『別館』へお願いします

<TB URL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57906728

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  できたら応援クリック、お願いします♪







最終更新日  2013年08月02日 00時00分51秒
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.