9298043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

僧侶は普段は何をし… New! 三人文殊さん

劇場鑑賞「エンド・… New! BROOKさん

新しい冷蔵庫が午前1… New! いしけい5915さん

大吉が亡くなってか… New! らぶりーたわ子さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

コメント新着

夢穂@ Re:【紅白】出場歌手決定♪ 出場歌手一覧(2019年)(11/15) New! ひばりさんのAI、今週のうたコン 歌姫特…
くみ1@ 11/15 New! おはようございます。 いつもありがとうご…
megumi@ Re:【紅白】出場歌手決定♪ 出場歌手一覧(2019年)(11/15) New! 一昨年の安室奈美恵さん、昨年の米津玄師…
Hiroki Nara@ Re:【紅白】出場歌手決定♪ 出場歌手一覧(2019年)(11/15) New! おはようございます。 光景sight #18 Kin…
2013年10月20日
XML
カテゴリ:’13ドラマ

「襄と行く会津」

第42回の視聴率は、前回より上がって、14.8%でした♪

うらさん、元気そうで、良かったです♪

みねとの再会、感動的でした♪(^^)

ただ、今回は、回想シーンが多かったです(^^;)

板垣退助(加藤雅也)が演説会で襲撃されました。

「板垣死すとも自由は死せず」と、私は学校で習ったので、てっきり襲われて死んだのかと思ってました(汗)

でも、死なず、82歳まで長生きしたようです(^^;)

襄は、板垣を見舞って、日本初の私立大学設立への協力を頼み、この時、会津の事を聞きました。

それで襄は会津に行ってみたくなり、伝道旅行で八重と共に、会津へ出掛けることにしました。

八重は、新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)も連れていきました。

うら(長谷川京子)に会えるかもしれないと思ったから。

15年も経ち、会津はすっかり変わってしまって、お城は取り壊され、山本家のあった所も長屋に変わっていました。

でも、何か名残りがないかと、いろいろ捜すうちに、角場の的を見つけました。 

八重「襄、ここに角場があったんです。鉄砲の稽古をする所だ」

八重、とても嬉しそうでした♪

一番、思い出深い所が残っていて良かったですね♪

それでいろいろ昔の事を思い出し、尚之助(長谷川博己)さんや子供時代の八重(鈴木梨央)、弟の三郎(工藤阿須加)、お父っ様(松重豊)など懐かしい顔ぶれが登場♪

鈴木梨央ちゃん、懐かしかったです♪

この出演以降、「Woman」とかいろいろ引っ張りだこですね♪(^^)

 

お吉と徳造に再会しました♪

2人は結婚したそうです♪

2人から、うらの行方を聞き、会いに行きました。

 

諏方神社で、うらに会う事ができました。

うらは、みねが結婚したと聞いて、喜んでくれました♪

みねは一緒に住もうと誘いましたが、うらは断りました。

うら、一緒に住めば楽な暮らしができるのに、今迄通り、一人で生きていく道を選びました。

娘の重荷になりたくないのでしょうか??

会津での一人暮らし、大変そうですが、お吉と徳造が力になってあげているようなので、心強いですね♪

2人がいい人で良かったです♪(^^)

 

うらさんと八重が再会したという記録はありませんので、これはフィクションでしょう。

でも、その後、うらがどうなったか気になっていたので、ドラマで、うらさんのその後が描かれて良かったです♪(^^)

 

八重は、「余計な事をしたべか?」と、襄に聞きました。

「また悲しい思いをさせてしまった」

でも、襄は否定しました。

微笑んでいたから良かったと。きっと肩の荷が下りたに違いないと。

きっと、うらさん、みねの事が気になっていたでしょうから、みねが幸福な結婚ができたと知って、ほっとした事でしょう♪

娘の幸せは、自分の幸せ以上に大事でしょうから。

うらさんが昔と変わっていなくて良かったです♪

襄達は、皆に肩の荷を下ろしてもらうために、会津に教会を作ると八重に言いました。

みね達夫婦は、今治に帰りました。

 

健次郎(勝地涼)は物理学者として、有名になり、日本人として初の物理学教授となりました。

妹の捨松(水原希子)が10年ぶりに米国留学から帰ってきました。

家に戻っても、全部英語で話して、出迎えた母や妹達はびっくり。

艶「捨松、おまえ、日本語を忘れたのかし?」

捨松は、勿論忘れていないと、英語で答えました(^^;)

頭の中が英語で考えるようになっているのでしょうね(^^;)

日本語を理解しているので、きっとすぐに話せるようになると思いますが♪

捨松の帰国、八重達のと対照的で楽しかったです♪(^^)

 

次回は、「鹿鳴館の華」。

鹿鳴館の華」と言えば、捨松ですね♪

捨松と大山巌の元敵同士の大恋愛の話も出てくるでしょう♪ダブルハート

楽しみです♪(^^) 

 

【第42回あらすじ】 (Yahooテレビより)

1882(明治15)年、板垣退助(加藤雅也)が演説会で襲撃された事件は、自由は死せずの言葉とともに全国に広まり、政党政治確立の機運が高まる。襄(オダギリジョー)は板垣を見舞い、日本初の私立大学設立への協力を頼む。また襄は、新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立って八重(綾瀬はるか)と共に、会津への伝道旅行に出掛けることになった。みねを連れていくことにしたのは、八重の中に、生き別れたうら(長谷川京子)に再会できるかもしれないという淡い期待があったからだ。そしてついに踏みしめる15年ぶりの故郷の土。山本家が立っていた場所は長屋に変わっていたが、かすかに角場の遺構を見つけて思い出に浸る八重とみね。するとそこへ下働きだったお吉(山野海)が現れ、うらの消息について重い口を開く。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

[第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%   [第4回]18.2%

[第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%   [第8回]15.6%

[第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3%  [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2%  [第16回]13.8%

[第17回]13.7%  [第18回]15.7%  [第19回]15.0%  [第20回]13.7%

第21回]14.1%  [第22回]13.3%  [第23回]15.0%  [第24回]14.8%

第25回]12.9%  [第26回]14.0%  [第27回]12.9%   [第28回]16.1%

第29回]14.5%  [第30回]12.6%  [第31回]15.4% [第32回]13.9%

第33回]15.9%  [第34回]13.4% [第35回]14.2%  [第36回]15.4%

[第37回]15.0%  [第38回]11.9%  [第39回]13.3% [第40回]12.4%

第41回]12.4%  [第42回]14.8%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 


【送料無料】八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX【Blu-ray】(発売:2013.10.23)

 

楽天はTBをかけられないので、TBはミラーブログ『別館』へお願いします

<TB URL>

 http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/58423759

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  人気ブログランキングへ 

できたら応援クリック、お願いします♪(^^)







最終更新日  2013年10月27日 15時59分23秒
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.